――そして卒業式が終わった


梓 「みなさん、卒業おめでとうございます!」

唯 「びええーん!!」

律 「こらこら唯、泣きすぎだって」

澪 「そういう律だって……ひっく、泣い、でるじゃ、ないか」

紬 「み、みおぢゃんも……うわああーん!」

さわ子 「もう、軽音部は最後まで手をかけるんだから……」 ウルウル



生徒会役員A 「和先輩、卒業おめでとうございます!」

生徒会役員B 「私、先輩みたいな立派な人になります!」

和 「みんなありがとう、私もあなたたちとやってこれて本当に良かったわ」

和 「……それじゃあ、そろそろ行くから」

和 「……ふぅ」


憂 「和ちゃん!卒業おめでとうございます!」

和 「あら、憂。ありがとう」

憂 「そういえばさっき、曽我部さんという方が……」

和 「あら、会長が……。なにかしら」

憂 「私が和ちゃんと仲が良いってことを言ったら、これを渡してほしいって」

和 「手紙……?」

『生徒会室で待ってます』

憂 「それじゃあ私、行くね! あ、それと……」

憂 「和ちゃんが卒業しちゃうのは寂しいけど、私最後に和ちゃんの為になにかできて嬉しかった」

和 「憂ったら……手紙ぐらいで大袈裟ね。でも、ありがとう」

憂 「それじゃあ私はこのあと用事があるから」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

憂 「じゃあね!」 タッタッタ



和 (それにしても会長が……なにかしら)

和 (なにかサプライズでもやってくれるのかしらね)

和 (それとも澪のFCの会合とか……ふふっ)

和 (澪……。軽音部のみんなと、結局仲直りできなかったな)

和 「……」

和 (もうこの学び舎ともお別れか)

和 (この階段をのぼったら生徒会室……か)

和 (この階段をのぼったら――)


唯 「……和ちゃん」

和 「!!」


唯 「和ちゃん、卒業おめでとう」

和 「……」

唯 「私たち幼稚園から一緒だったけど、大学は別々だね」

和 「……」

唯 「私、ずっと和ちゃんに迷惑ばっかかけてきたけど……」

唯 「本当に最後の最後まで、迷惑かけちゃったね」

唯 「……ご、ごめんなさい」 ヒックヒック

和 「……」

唯 「私が悪いのはわかってるんだけど」

唯 「ずっと一緒だったのに、このまま別れるのなんて嫌だから……」

唯 「和ちゃんのこと、大好きだから……」

和 (……唯)

和 (唯がこうやって、あの日から何度も何度も謝ってくれてるのに)

和 (どうして私は素直になれないのかしら)

和 (どうして私の口は……)

和 「そ、そうなんだ、じゃ、じゃあ私生徒会行くね」ウルウル

和 (……こんな言葉を言うのかしら)


唯 「……和ちゃん、あの日からそれしか言ってくれなくなっちゃったね」

唯 「いつも、本当は生徒会なんてないのに……」

和 「……」

和 (いつもごめんなさいね。でも今日は、本当に呼び出されてるのよ)

唯 「今日だって、生徒会いっても曽我部先輩はいないよ」

和 (……どういうこと?)

唯 「ごめんね、曽我部先輩の名前まで出して、こんなことして……」

唯 「生徒会室で待ってるのは、むぎちゃん、りっちゃん、澪ちゃん、あずにゃん」

唯 「私たち軽音部だよ」

唯 「憂が……私たちと和ちゃんが仲直りできるように、って考えてくれたんだ」

唯 「正直、曽我部先輩の名前まで出して嘘ついちゃって……」

唯 「また和ちゃんを嫌な気持ちにさせちゃったかもしれないけど」

唯 「みんな、やっぱり和ちゃんに心から謝って、仲直りしたいんだ」

和 「……」

和 (軽音部のみんな……。それに憂ったら……)

和 (あの子本当に……)




※ ※ ※ ※

和 「こんなこと、相談できるの憂ぐらいしかいなくて……」

憂 「ううん! 全然構わないよ! むしろ本当に真っ先に相談してくれて嬉しいの」

和 「本当は軽音部のみんなと仲直りしたいんだけど、何故か素直になれないの」

和 「何故か軽音部のメンバーと話すと」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

和 「しか言えなくなっちゃうの……」

憂 「……和ちゃんも、仲直りしたいんだよね?」

和 「もちろんよ! 私からも唯たちに謝りたいわ。みんな謝ってくれてるのに、ずっと、こんな態度とったままで……」

憂 「それなら大丈夫だよ!」

和 「……どうして?」

憂 「だって、軽音部のみなさんも、お姉ちゃんも和ちゃんと仲直りしたがってるから」

憂 「そうしたら、仲直りできないはずがないよね?」 ニコッ

和 「……そうね。でも、また唯たちが話しかけてきても、きっと……」

憂 「例の特異体質で、きっかけを逃しちゃうかもって?」

和 「(特異体質!?) ……それなのよ」

憂 「……うーん」


憂 「……うん! 大丈夫、私に任せて!」

和 「大丈夫なの?」

憂 「私がなんとか、軽音部のみなさんと和ちゃんを仲直りに導いてみせるよ」

和 「……そこまで気負わなくていいのよ」

憂 「ううん! だって……」

憂 「私の大好きなお姉ちゃんたちと」

憂 「同じくらい大好きな和ちゃんが、このまま離れちゃうなんて嫌だから……」 ポロッ

和 「憂……。ありがとう」

※ ※ ※ ※




和 (まさかこんな計画を立てていたとはね)

和 (憂も、唯も、律も、澪も、むぎも、中野さんも……)

和 (みんなこんなに私のことを思ってくれてる)

和 (あの日のことは本当に辛かったけれど)

和 (それでも、ここまで私のことを思ってくれてる人たちはいるだろうか)

和 (唯……)

唯 「和ちゃん」

和 「……」

和 (……やっぱり他の言葉が出ないわ)

唯 「和ちゃん、あのね」


唯 「もし私たちと仲直りしてもらえるなら」

唯 「私たち生徒会室で待ってるから」

唯 「そしたらそこで和ちゃんに心から謝るからぁ……」 ヒックヒック

唯 「いっぱい、いっぱい謝るからぁ……」 ヒックヒック

唯 「で、でも、私たちのこともし許せないなら」 グスッ

唯 「このまま帰っても構わないから……」

唯 「でも、私和ちゃんのこと大好きだから……」

唯 「うええーーーーん!」

和 (……唯)


和 (こんなにも、唯は私のことを好きでいてくれている)

和 (軽音部のみんなもそう)

和 (彼女らはこんなに素直な気持ちを出してくれているのに)

和 (私だけ意地を張ってばっかし……)

和 (……格好悪い女ね)

和 (――でも)


唯 「和ちゃん……。本当に和ちゃんの、好きにしていいから」

唯 「もし私たちとまた仲良くしてもらえるなら、生徒会に……」


和 (あの日以来、そう、今ですら)

和 (どうしても、あれ以外の言葉は出てこないけど)

和 (でも、やっと心から言える)

和 (最後に私が選ぶのは――)








和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」ニコッ






いちご<……おわり