――それからというものの

律 「和、本当にごめんな?」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

律 「!?」


――和と軽音部のメンバーの

澪 「和、その……良かったら一緒にお昼食べないか?」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

澪 「!?」


――お互いの関係はぎくしゃくしたものとなり

紬 「あ、和ちゃん。シャーペン落としたわよ、はい」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

紬 「!?」


――日に日に距離ができてしまう

唯 「の、和ちゃん。次音楽室に移動だから……一緒に行かない?」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

唯 「!?」


――それは時間が解決することなく

純 「梓って、彼氏とかいたことあるの?」

梓 「か、彼氏なんて……」

純 「まあ梓に彼氏がいるなんて、そんなオカルトありえませんか!」

梓 「そ、そういう純こそどうなのよ」

純 「ふふふ、聞きたい!? そう、それは去年のこと……」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

梓 純 「!?」

梓 (いきなり会話に入ってきた……)

純 (私の話、そんなに興味ないんだ……)


――そしてとうとう

さわ子 「真鍋さん、次の音楽の準備の手伝いしてもらってもいいかしら?」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

さわ子 「タメ語!?」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

さわ子 「つか手伝ってくれないの!?」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

さわ子 「ていうか次音楽って言ってるじゃな……おーい!」



唯 「……」

律 「……」

澪 「……」

紬 「……」

梓 「……」


和 「……」


――仲直りできないまま、卒業へと近づいていった




――卒業式前夜・平沢家

憂 「お姉ちゃん、とうとう卒業だね」

唯 「うん……。みんなと離れたくないよー」 ズビビ

憂 「もう、今から泣いてたら、明日はどうするの」

唯 「でも~……」

憂 「それに、まだ和ちゃんと仲直りしてないんでしょ?」

唯 「……うん」

唯 「あの日から和ちゃん、私たち軽音部に対しては」

唯 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

唯 「しか言わなくなっちゃったし」

唯 「授業中でも本当にそのまま生徒会室行っちゃうし」

唯 「もうどうしたらいいかわかんないよう……」

憂 「お姉ちゃん……」

憂 「お姉ちゃんが困っているように、きっと和ちゃんも困ってるんだよ」

憂 「明日こそきっと、うまくいくはずだよ。ねっ?」ニコッ

唯 「うい~……。ありがとう!」 ダキッ

憂 (抱きついてくるお姉ちゃん……。あったかい)

唯 「でも、本当にどうすればいいのか……」

憂 「お姉ちゃん、私に考えがあるの」

唯 「本当に!?」

憂 「うん、明日卒業式が終わったあとにね……」 コショコショ

唯 「ふむふむ」


憂 「っていうのは、どうかな……?」

唯 「すごいっ! すごいよ憂~! 憂は天才だよ~!」

憂 「えへへっ、ありがとう/// ……うまくいくかはわからないけど」

唯 「ううん、きっとうまくいくよ! さっそく、みんなにもメールするよ!」

憂 「お姉ちゃん、頑張って!」

唯 「憂のお陰で頑張れそうだよ!」

唯 (明日和ちゃんに心から謝って……)

唯 (絶対仲直りするんだ!!)



5