――その夜・平沢家

憂 「お姉ちゃーん! ご飯できたよ!」

唯 「はいはーい! 今日のご飯はなんですかな~」

憂 「お姉ちゃんの好きなエビフライだよ!」

唯 「やったー! 私大好きだよー!」

憂 「うふふ。じゃあ食べよっか」

唯 「うん、いっただきまーす!」

憂 「いただきます」


唯 「おいひい! おいひいよ~」

憂 「良かったー。……そういえば今日、和ちゃんに会ったよ!」

唯 「あ、私も会ったよ~」

憂 「お姉ちゃんも会ったんだ。今日の和ちゃん、コンタクトにしてて格好良かったね!」

唯 「うんうん、眼鏡かけてない和ちゃんも可愛いよ~」

憂 「そういえば、けっこうお洒落してたけど今日はなにか用事があったのかな?」

唯 「休日なのに、生徒会行くって言ってたよぉ! 生徒会長は、大変だねぇ」

憂 「……生徒会?」

唯 「和ちゃんがそう言ってたんだよ! 今朝駅前であったときに――」


唯 「――ということがあったんだよ! 変な和ちゃんだったよ~」

憂 (……うわあ)

憂 (お姉ちゃんに悪気は無かったんだろうけど、和ちゃんも相当ショックだっただろうな)

憂 (だから今日あんな元気無かったんだ……)


唯 「うい~? 聞いてる~?」

憂 「お姉ちゃん!」 バンッ

唯 「ひっ!」ビクッ

唯 「ど、どうしたの憂? いきなりテーブル叩かないでよぅ……」

憂 「今日ね、私が和ちゃんに会ったときすごく元気なかったんだ」

憂 「お姉ちゃんが和ちゃんに会ったあとのことだと思うんだけど」

憂 「どうしてかわかる?」

唯 「う、うい~。 ご飯冷めちゃうよ?」

憂 「お姉ちゃん、私は真面目な話をしてるの」

唯 (なんか今日の憂怖いよ~)

憂 「和ちゃん、多分今日すごく楽しみにしてたんだと思う」

憂 「だから服装とかにも気合入ってたんだよ」

憂 「お姉ちゃんも今日は軽音部のみんなとの約束だったと思うけど」

憂 「もう少し言い方とかあったんじゃないかな?」

唯 「……うん」

唯 (そういえば、別れ際の和ちゃん、すごく悲しそうだったな)

唯 (今日は軽音部のみんなと遊ぶつもりだったし)

唯 (和ちゃんと遊ぶときは特別だから)

唯 (二人っきりでまた遊ぼうって誘うつもりだったんだけど……)

唯 「わ、わだしが馬鹿なせいで、の、和ぢゃんのこと傷づけちゃっだかなぁ」 ヒックヒック

憂 「お、お姉ちゃんは馬鹿じゃないよ」

唯 「で、でも、憂に、怒られる、まで和ぢゃんが傷ついだごど、気づがなかった、し」 ヒックヒック

憂 「ちゃんと気づけたから大丈夫だよ。月曜日、学校でちゃんと和ちゃんに謝ろう?」

唯 「……うん」スン

憂 「ほら、ご飯冷めちゃうから食べよ?」

唯 「憂もごめんね……」

憂 「別に大丈夫だよ。ほら、鼻水出てるよ」

唯 「うう……」ズズ

唯 (月曜日、絶対直接会って和ちゃんに謝ろう……)




――月曜日・教室

律 「おい~っす」

澪 「おはよう」

紬 「おはよう、りっちゃん」

律 「唯と……和はまだ来てないか」

澪 「この間のこと、私たちからも和に謝らなくちゃな」

紬 「そうね。唯ちゃんの天然に気圧されてなにも言えなかったけど、すごく悪いことしちゃったわ」

律 「そうだな。そしたら、まず唯に話を……っと噂をすれば来たぞ」


唯 「……」 トボトボ

澪 「唯、おはよう」

唯 「あ、うん……」

律 (あからさまに元気ないな。こりゃ私から言う前になんかあったか?)

紬 「唯ちゃん、元気ないけどどうかしたの?」

唯 「……うん。実はこの間のことで憂に怒られて、私もそれでやっと和ちゃんに悪いことしたって気づいたんだ」

澪 (さすが憂ちゃん)

唯 「それで、今日和ちゃんにあったら絶対謝ろうって決めてたんだけど……」



※ ※ ※ ※

――今朝・通学路

唯 (今日絶対に和ちゃんに謝るんだ!) フンス!

唯 (あ、前を歩いてるのは……和ちゃん)

唯 (あ、謝るって決めたのに、なかなか勇気でないよ~)

唯 (……ええい! 覚悟を決めろ、平沢唯!)


唯 「の、和ちゃん!」 タタタッ

和 「……」 クルッ

唯 (すっごい無表情……。絶対怒ってるよ~)

唯 (でも、私が悪いんだから謝らなくちゃ!)

和 「……」

唯 「和ちゃん、この間は本当にごめんなさい!」

唯 「私馬鹿だから、和ちゃんが傷つくこと平気で言っちゃって」

唯 「本当に、ごめんなさい!」

和 「……」

唯 「……」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

唯 「!?」

※ ※ ※ ※



唯 「――ってことがあって……」

律 「それはきついなぁ(朝から生徒会あったのか?)」

澪 「和、そうとう怒ってるな(ちょっと言葉の意味がわからないけど)」

紬 「私たちも、許してもらえるかしら……」


ガララッ!

和 「……」

唯 律 澪 紬 「!!」


信代 「和、おはよう」

和 「おはよう」

律 「みんなとは普通に挨拶してるな……」

澪 「ああ……」

紬 「でも、席は唯ちゃんの前よね……」

和 「……」 ストン

姫子 「和、おはよう」

和 「おはよう、姫子」

律 「よし、行くか」

澪 「あ、ああ」


紬 「和ちゃん」

和 「……」

澪 「おはよう和。……この間のことなんだけど」

律 「わざとじゃないんだけどさ、本当に和に悪いことしちまったと思ってる」

澪 律 紬 「本当にごめんなさい!」


和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」 ガタッ

澪 律 紬 「!?」


和 「……」 スタスタ

姫子 (和と軽音部、喧嘩でもしたのかな)

姫子 (でもこれからHRなのに、和本当にどっか行っちゃったよ)



4