――昼休み・教室

唯 「みんな~、お昼食べようよ」

律 「おうっ! 勉強で費やしたエネルギーを補給しなきゃな!」

澪 「睡眠で費やしたエネルギー、の間違いじゃないのか」

律 「もうっ! 澪ちゃんったらいけず~」

澪 「まったく……」

紬 「あらあら、うふふ」

和 「相変わらずね、二人とも」

律 「あ、そういえば和」

和 「なに?」

律 「生徒会の子が、昼休みに緊急の会議が入ったから来てくれ、って言ってたよ」

澪 「それ、いつの話だ?」

律 「う~んと、和が朝学校来る前だから……」

澪 「そーゆー大事なことは、もっと早く伝えろっ!」 ホ゜カッ

律 「あいたっ! ごめんごめん、そういういことだからさ」

和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

唯 「いってらっしゃ~い! 和ちゃん、頑張ってね!」


唯 「ねえ、りっちゃん!」 モフモフ

律 「なんだ、唯」 モグモグ

澪 「二人とも、口の中の物を見せるな……」

唯 「この間、りっちゃんと見つけた」 モフモフ、ゴクン

唯 「今度軽音部のみんなで行きたいね、って言ってたホビーショップ行こうよ!」

律 「ああ、あそこね。じゃあ、明日休みだし行くか」

唯 「じゃあ、あずにゃんにメールしておくね!」

律 「みんな、明日は空いてるっしょ?」

澪 「ああ、大丈夫だ」

紬 「うん! どんなどこかしら、楽しみだわ~」




和 (やっと会議終わった……。今もどれば、教室でみんなとご飯食べれるわね)

ガラガラ

和 (唯たちは……。うん、まだご飯食べてるわ。間に合って良かった)

ワイワイガヤガヤ

和 (それにしても、随分盛り上がってるわね。なんの話してるのかしら)

唯 「あ、和ちゃんおかえり~!」

和 「ただいま、思ったより早く終わったわ」

澪 「お疲れ様、和」

律 「ほらほら、座りんしゃい」

紬 「なんの会議だったの?」

和 「たいしたことない内容だったわ。さて、お昼ご飯食べないと」

唯 「おお! 相変わらず和ちゃんのお弁当はおいしそうですな~」

和 「そんなことないわ。それより、さっきからなんの話で盛り上がってるの?」

唯 「実はね! この間とっても素敵なお店見つけたんだ!」

和 「あら、どんなところ?」

唯 「かわいいものとか、面白いものとか、おいしいものとかなんでもあるんだよ!」

和 「へ~。抽象的でわかりにくいけど、行ってみたいわね」

唯 「それでね、明日みんなで行こうって話をしてたんだ! 和ちゃんもきっと気に入ると思うよ~」

和 「そうだといいわ。楽しみね」

和 (ふふ、唯と遊ぶなんてひさしぶりね)


律 澪 紬 (あれ……?)

律 (軽音部で行こうって話しだったけど、和も誘うのかな)

澪 (まあ和もいてくれたほうが、みんなの世話もみてくれるし助かるな)

紬 (和ちゃんとプライベートで遊ぶの、ひさしぶりだわ~)

唯 「五人で遊ぶの久しぶりだね~。すっごい楽しみだよ!」

律 (ん? 五人ってことは……やっぱり和は入ってないのか?)

澪 (まあ、軽音部だけで遊びたいときもあるしな……)

紬 (あら、残念……)


和 「あら、久しぶりどころか初めてじゃない?」

律 澪 紬 「!?」


唯 「え~、そんなことないよ~」

和 「いつも学校でも一緒だから、そんな気がしてるんじゃない?」

和 (三年でクラス一緒になってから、ほぼ毎日五人で行動してるし)

唯 「う~ん、そう言われてみればそうかもしれない!」

唯 (部活帰りの寄り道とかって、よく考えたらちゃんとした遊びじゃないかも!)

和 「うふふ」

唯 「あはは」


律 澪 紬 「……」



律 (これって……唯は和のこと誘ってないつもりなんだろうな)

澪 (天然が故の過ちか……。このままだと、明日和も来ちゃうんじゃないか)

紬 (まあでも……来たらそのまま一緒に遊べばいいわ)

唯 「じゃあ明日は、10時に駅に集合ね!」

律 「りょうか~い! 唯は遅れんなよ~?」

澪 「律もな」

紬 「うふふ」

和 (明日……。とても楽しみだわ)




――翌日・駅

唯 「じゃじゃ~ん! 平沢唯、ただいま参上!」

律 「お~、唯が待ち合わせの5分前に来るとはな」

梓 「きっと雨でも降るんじゃないんですか」

唯 「ひどい! ひどいよ、あずにゃん!」

澪 「まあ、唯もちゃんと時間に間に合って偉いぞ」

唯 「えへへ、ありがと~。さ、これで全員揃ったことだし行きますか!」

紬 「お~!」


律 (和は来なかったか。まあ、あのあと唯と帰ったし、ちゃんと話もしたんだろう)

澪 (今日行くところは楽器店とかもあるから、和も退屈だっただろうし)

紬 (思いの行き違いにならなくて良かったわ~)

梓 「あれ? こっちに向かって走ってくる人……和先輩に似てません?」

律 (あれは確かに和だ……)

澪 (めっちゃ笑顔でこっちに向かってきとる)

紬 (なん……だと……)

唯 「むむ……本当だ! あれ和ちゃんだ! すごい偶然だね!」

唯 「お~い和ちゃ~ん!!」

律 澪 紬 (!!?)



和 「待たせてごめんなさい。……あれ、今日は中野さんもいるの? よろしくね」

梓 「え?あ、はい (あれ? 今日は和先輩も一緒だったのかな)」

律 「あれ? 和、眼鏡は?」

和 「ああ、ちょっと気分転換に今日はコンタクトにしてきたの。変かしら?」

紬 (めっちゃ気合はいっとるがな……)

澪 「と、とっても素敵だよ……」

和 「そう言ってもらえると嬉しいわ。ありがとう、澪!」

律 (ま、満面の笑みやぁ……)


唯 「和ちゃん、会えて嬉しいよ~! ところで今日はどうしたの!? 」

和 「えっ、どうしたって……。今日、五人で遊ぶ約束したじゃない」

唯 「えぇ~! 違うよ、和ちゃん! 今日は軽音部の五人で遊ぶ約束したんだよ! 和ちゃんは入ってないよ~?」

和 「えっ……」 ビクッ

梓 (あ、やっぱり入ってなかったんだ)

澪 (昨日の感じからして、やっぱり和も来ちゃうんじゃないかとは思ってたけど……)

紬 (唯ちゃんも言葉の選び方を知らないだけなんだろうけど、こんな言い方されるとやっぱりきついわね……)

律 (このまま合流して遊べばいいのに……)


唯 「あ!よく見たら、 けっこう前に私と買いにいった服だ!」

唯 「まだ忙しくて着る機会が無いってこの間言ってたから、 今日が初披露だね!? すごく可愛いいよぉ!」

和 「あっ……」 ブルブル

紬 (新しい服を着てきたってことは、やっぱり今日ものすごく気合が入ってたのね)

梓 (そしてそれを私たちにも気づかせて、和先輩に精神的ダメージを与える唯先輩)

律 澪 紬 梓 (天然って恐ろしい……)

唯 「今日は軽音部で遊ぶっていう気分なんだよ~」

唯 「それじゃあ、和ちゃん。私たち遊びにいってくるね!」

律 (ここまできたら、一緒に遊べばいいのに……)

澪 (唯ってもしかして、和のこと嫌いなんだろうか)

紬 (テンションあげてきたぶん、これは和ちゃん辛いわ……)

梓 (和先輩、これはどうでるか……) チラッ







和 「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

律 澪 紬 梓 (ええーーーーっ!?)



2