• うーん面白くない -- (名無しさん) 2011-07-20 20:08:51
  • いや、すごく引き込まれたし傑作のひとつだと思うよ -- (名無しさん) 2011-07-20 22:00:20
  • 別々の大学に行くって設定の時点でアウト -- (名無しさん) 2011-07-20 22:24:16
  • なんか……すごかった -- (名無しさん) 2011-07-21 00:29:56
  • ま、まあまあかな・・・? -- (通りすがり) 2011-07-21 00:41:02
  • 普通にひきこまれたな -- (名無しさん) 2011-07-21 03:12:09
  • あー、これか。はやくまとめに載らないかなと思ってたや -- (名無しさん) 2011-07-23 00:52:34
  • 幸せをありがとう ってどういう意味なの?
    怪物と接触しない生活が幸せなんだって事を分からせてくれてありがとうって事? -- (名無しさん) 2011-07-24 14:46:34
  • こええよ -- (名無しさん) 2011-07-30 22:32:35
  • 今なら律の新しい友人達に大学の新キャラを使えそうかもな
    面白かった。引き込まれたよ -- (名無しさん) 2011-08-23 05:20:43
  • 怖かった。ていうか話が重い。 -- (辛苦@..) 2012-07-21 03:31:56
  • なかなかいい話だった -- (名無しさん) 2012-07-21 12:02:27
  • 一見、荒唐無稽なようで、日常の中に存在する虚実のあわいを感じさせてくれた。面白い。 -- (名無しさん) 2012-07-22 01:28:09
  • エピローグでの唯の死因は何だったのか? -- (名無しさん) 2012-12-16 15:57:26
  • これは秀逸。 -- (名無しさん) 2012-12-21 04:17:02
  • 怖い。しかし、哀しい… -- (名無しさん) 2013-01-15 02:02:52
  • 久々に背筋が凍ったわwww…… -- (名無しさん) 2013-02-15 10:44:36
  • こんな話を書けるようになりたい -- (名無しさん) 2013-03-06 21:04:19
  • ニーチェ云々他、ちょっと蛇足が過ぎるかな。普通にサスペンス系の話としては読めた。 -- (名無しさん) 2013-03-06 23:02:30
  • 唯と憂がお互いを演じているうちに、
    どちらが自分なのか分からなくなるっていうのは
    精神崩壊的な描写としてすごく面白いけど
    幽霊みたいな存在は必要なの?
    ホラーが書きたいのか狂気が書きたいのか分からない -- (名無しさん) 2014-11-02 20:33:47
  • 難しい -- (名無しさん) 2016-01-10 23:37:54