唯「ういぃ~~~っ!!!」バタバタバタ!

憂「キャッ! ど、どうしたのお姉ちゃんっ」

唯「うわ~んうわああ~ん…ういぃ~~~!」

憂「よしよし…はは~ん、さてはまた律先輩に苛められたんだね?」

唯「ぞうなの~~! り、りっちゃんったら酷いんだよぉ~。私のケーキを……」


ぽわ~ん

ぽわ~ん

ぽわわ~~~ん


梓「いつも先輩方にはお世話になっているので、今日は私がお菓子を持ってきました」

唯「うわぁい! おいしそうな苺ケーキ!」

梓「ふふふ、頑張って作りました。みなさん食べてください」

唯律澪紬「「いっただきまーす!」」パクッ

律「モグモグ…うひょーうめぇ~~っ!」ムシャムシャ

唯(う~ん…イチゴを最初に食べようかなぁ……。それとも最後まで取っておくべきか)

唯(悩んじゃう……)


律「ゲップ……ふー、うまかったぜ……ん?」ジー

唯「よしっ! イチゴを口に含んだままケーキを食べよう!」

律「なんでぇ唯! いらねぇなら俺が食ってやる!」パクッ

唯「……え」

律「ムシャムシャ」

唯「り…りっちゃん……?」

律「おーうめぇ~」

唯「   ヒドイッ!!   」

唯「りっちゃんなんてことするの!? それは私のケーキなんだよっ!?」

律「ああん? お前がさっさと食べないからだろう」

唯「りっちゃんの食いしん坊! オニッ! このデコ助!」

律「なぁにぃ~…唯のくせに生意気な!」ゴチンッ

唯「いたひ……」

律「いいか唯、よく聞け! お前の物は俺の物、俺の物は俺の物だーーっ!!」



憂「……ということがあったのね」

唯「ウンウン、そうなんだよ。酷いよねりっちゃん」

唯「ういぃ~悔しいよぉ~私もあずにゃんのケーキ食べたかったよぉ~~」

憂「お姉ちゃん、可哀想に。大事な物を盗られちゃったんだね」

唯「ういぃ~なんとかしてよぉ」

唯「う~ん…あ、そうだっ」ゴソゴソ

唯「なになにっ!?」


憂「じゃ~~ん! おち○ぽ生えクスリ~~」タラリラッタラ~♪


唯「なにそれ?」

憂「まあまあ、とにかく飲んでみてよ」ヒョイ

唯「パクッ……ゴクン」

唯「あ、飲んじゃった」ビクンッ!

唯「っ!! な、なにこれ…お股が熱くなって……!」

唯「んっ…だ、ダメッ……感じちゃうよぉ~~~!!」ビョイーン

唯「はぁはぁ……あ、あれ? なんか、妙な違和感が……」

憂「うふふ、お姉ちゃん下着を脱いでみて」

唯「う、うん……」ヌギヌギ

ピローン

唯「ああっ!? お股におちんちんが生えてるよ!」

憂「すごいでしょ? これで律先輩の大事な物を奪っちゃおうよ」

唯「だ、大事な物ってもしかして……」

憂「うんっ。律先輩の……処女よ!!」




――翌日

律「ったく、唯のやつこんなところに呼び出しやがって」

律「いったい、体育倉庫に何の用があるってんだ」


――ガラガラ

律「おーい、唯ー。いないのかー」

――バタン

唯「うふふ…来たね、りっちゃん」

律「ゆ、唯! なんのマネだ!」

唯「りっちゃん…昨日はよくも私のケーキを横取りしてくれたね……」

律「へんっ、なんだよ。そのお返しでもしようってのか?」

唯「りっちゃん…甘い物の恨みは恐ろしいんだよ……」ヌギヌギ

律「なっ……!? パ、パンツなんか脱いでどうするつもりだ!」

唯「うふふ…コレを見ても強気でいられるかなぁ?」ビッキーン!

律「お、おちんぽぉ!? ど、どうしてそんなモノが……」

唯「りっちゃんは私の大事なモノを奪ったんだよ」

唯「だから私もりっちゃんの大事なモノ…りっちゃの苺を奪ってやる!」ガバッ―


律「よ、よせぇーっ! や、やめろーッ! 変なモノくっつけるなぁーっ!」ジタバタ

唯「ふふふ、所詮りっちゃんも女の子だね。狼となった今の私に敵うと思う?」

律「く、くそぉーっ! は、放せッ! ぶっとばすぞぉ~~!!」

唯「わぁ…りっちゃんのおまんこ、顔に似合わず可愛いね」

唯「見て、私のおちんちん。りっちゃんの中に入りたがってウズウズしてる」

唯「いくよ、りっちゃん! いっただきまーす!!」


律「……ひくっ…た、助けて…澪……」

唯「――え?」


律「怖いよ…怖いよ……澪ぉ……助けて澪ぉ……」

唯「なっ……ちょっとやめてよりっちゃん。澪ちゃんなんかいないよ?」

律「澪ぉ……澪ぉ~……」

唯「やめてってば! りっちゃんは私に抱かれるんだよ!? 他の人のことなんか考えないで!」

律「うわ~~~ん! うわわ~~~ん! 澪ぉーーーっ!!」

唯「や…やめてよ……」シナシナシナ~


唯「――結局おちんちんも萎えちゃって、りっちゃんの大事な物奪えなかった……」

唯「何よ、りっちゃんのバーカ! そんなに澪ちゃんがいいなら澪ちゃんのケーキ盗ればよかったじゃん!」プンスカ

梓「唯センパーイ!」

唯「あっ、あずにゃんだ!」

梓「はぁはぁ…探しましたよ唯先輩」

唯「どうしたのあずにゃん?」

梓「えへへ、昨日唯先輩にケーキ食べて貰えなかったから……また作ってきました」ジャーン

唯「苺ケーキだ! うわぁーい!!」

梓「ゆ、唯先輩のためだけに作ってきたんですよ///」

唯「嬉しいよぉあずにゃ~ん…だーいすきっ!!」ダキッ

梓「ちょ…や、やめてくださいっ! こ、こんなところで……ん?」グリッ

梓「何か固い物があたって……」グイグイ

唯「ハッ……! こ、これはあずにゃん、ち、違うんだよ……」アセアセ

梓「ゆ、唯先輩……」ブルブル

梓「唯先輩のえっち!!!」バチーン!

唯「いたひ……」

梓「プンだ! もう唯先輩なんて知りません!」スタスタ

唯「うわ~~ん、こんなのってないよーーー!!」

憂「ハァ…やれやれ。心配になって見に来たらやっぱり」

唯「うわぁ~~んあんあん!! ういぃ~~!!」

憂「やっぱりお姉ちゃんはおちんぽ生えてもお姉ちゃんだなぁ……」




ちゃんちゃん♪





2