澪「えーと、白菜は切ってから洗うんだっけ?」

唯「剥がして一枚ずつ洗うので良いんじゃないかな?」

澪「分かった」

紬「お肉は切った方が良いかしら?」

唯「えーと、憂どうだったっけ?」

憂「そのままで大丈夫だと思いますよ」

紬「はーい♪」

和「糸こんにゃくと、お豆腐はどうするの?」

唯「糸こんにゃくは下ゆでして、豆腐は軽く焼き豆腐にして、後半に入れようと思ってるんだけど・・・どうだろう?」

和「へー、それだと、お肉も柔らかいまま食べれそうね・・・勉強になるわ」

唯「ふふふ、憂が考えたのだよ」

澪「憂ちゃんが、私達の料理の先生なんだ」

憂「えへへ//」

澪「なんだか、レストランの厨房みたいだ」

唯「は!?確かに!!シェフを呼び給え!!」

律「何でしょうか!?」

和「絶対に、あんたは違うわ」

律「冗談はさておき、私も手伝うかな?」

唯「シェフ!!お箸とお皿の準備お願いします!」

律「シェフなのに!?」

唯「りっちゃんって、全然料理できないの?」

和「本当は、律も包丁くらいなら使えるんだけど・・・」

紬「そうなの!?」

律「ムギまで!?」

和「片付が苦手だから・・・」

唯「あははwwりっちゃんらしいね!」

和「昔、律が焼きそばを作った時の話なんだけど・・・焼きそばが完成したときは凄かったわ」

唯「焼きそばが飛び散っていたとか?」

和「いいえ、焼きそばは、きちんと完成していて、とても美味しかったわ」

唯「おー!!シェフ流石です!!」

律「ふふふ、私も料理くらいできるのさ!!」

和「市販の麺を焼くだけの焼きそばを、料理のカテゴリに入れるのはどうかと思うわ」

和「それで、食べ終わった食器を片付ける為に台所へ行ってみると・・・

唯「うんうん」

和「・・・なぜか、台所に大量の色鉛筆やホッチキス、それだけならあまり驚かないのだけど、のこぎりや、大量の釘が散乱してたの」

唯「なんで!?」

律「私に聞くな!!」

律「まぁ、色々と私独自のアレンジをしようと試行錯誤した結果だったのさ・・・」

唯「シェフにもなると凄いね・・・」

紬「小さい頃のりっちゃんは可愛い子だったのね!」

律「小さい頃って?」

和「それが、約1年前の話よ・・・」

唯「ムギちゃんのフォローを返せ!!」




律「では、いただきまーす!!」

「いただきまーす!!」

紬「美味しいわぁー!!」

唯「みんなで作ったからね!!」

澪「うん、みんなと一緒だと、なんでも美味しくなる」

律「まぁ、私は何もしてないからミンナじゃないけどな」

澪「あ、ごめんなさい・・・」

律「?なにが?」

和「澪、律は気づいてすら居ないから、その気遣いは不必要よ」


律「ふぁー・・・お腹いっぱいだぁー」

紬「私もー」

憂「お姉ちゃん。はい」

唯「締めの、おうどんさんが到着しました!!」

律「ふふふ、まだまだ行けるぞ・・・」

紬「じ、実は私も・・・」

澪「・・・」


律「流石に限界です!!」

和「そうね、とても美味しかったわ」

紬「本当に美味しかったわ、ごちそうさま!」

律「美味しかったから、食べ過ぎちゃった」

紬「うん、私も久しぶりに食べ過ぎちゃった」

和「私も、食べ過ぎちゃったかも」

澪「・・・あ、あの」

律「どうしたの?」

澪「まだ・・・」

唯「さて、ここで秘密兵器の投入です。デザートの憂特性ジェラートの登場です」

律「なにぃ!!?」

紬「え!?」

憂「苺味とグレープフルーツ、チョコレート味があります。みなさんお好きなのをどうぞ!!」

和「わたし、もう、お腹いっぱいで食べれないかも・・・」

律「うぉぉぉぉ!!ぜ、全部の味が・・・」

和「すみません。本当は、この子、限界なのでデザートを与えないで下さい」

唯「そっかぁ、じゃぁ、お風呂からあがった後にしよっか!!」

澪「それがいいと思う」

唯「じゃぁ、みんなで、お風呂に入ろうか?」

律「よし、みんなで入るか!!」

澪「流石にみんなだと狭いでしょ?」

唯「え?」

律「え?」

澪「え?」

紬(お風呂のこと忘れて食べ過ぎちゃったかも・・・どうしよう)


唯「うーん、どうしよっか?」

律「じゃぁ、二人ずつ入ろう」

唯「じゃぁ、それで!!」

律「では、クジで一緒に入る人分けをしよう!!」

唯「おー!!」

紬「あ、あの・・・(お腹出ちゃってるかも・・・どうしよう)」

唯「ふぃー、ムギちゃんとお風呂だぁ!!」すぽぽぽぽーん

紬「凄い、いいぬぎっぷりね///」

唯「食べ過ぎて、お腹がぽんぽこになっちゃった」ポンポン

紬「(あんまり気にしなくても大丈夫そうで良かったわ・・・)」

唯「・・・」ジー

紬「?」

唯「澪ちゃんの髪も綺麗だけど、ムギちゃんの髪も綺麗だなぁって思って」

紬「そうかしら?」

唯「ようし、張り切ってムギちゃんの髪の毛洗うぞ-!!」

紬「唯ちゃん、洗ってくれるの?」

唯「うん!!じゃぁ、先に入って待ってるから」


唯「ふぅー」

ガチャ

紬「おじゃまします///」

唯「いらっしゃいませー!!ムギちゃんは何処から洗う派?」

紬「んー、あまり気にしないわ?」

唯「では、髪の毛から洗わせて頂きますね!!」

紬「お願いします!」


唯「ごしごしー♪おかげんどうですかー?かゆいところとかありませんかー?」

紬「とても、気持ちいいわ///唯ちゃん凄い上手///」

唯「ふふふー、ムギちゃんの髪凄い綺麗だなぁー」

紬「唯ちゃんの髪も素敵よ?」

唯「そぉかなぁ?」

紬「・・・」ジー

唯「?」

紬「私も、唯ちゃんの髪洗いたいです!!」

唯「じゃぁ、洗いっこしよ!!」

紬「えへへ///」アワアワ

唯「ふふふー♪」アワアワ


ガチャッ

律「たのもー!!」

紬「キャ!?」ビクッ

唯「ふお!?」ビクッ

律「え?君たち向かい合って何してるの?・・・え?」

唯「誰?」


律「なんだー・・・髪の毛を洗いっこしてたとわ・・・」

唯「もぉー見たら分かるでしょー?」

律「いや、普通、髪の毛を同時に洗いあったりしないだろ!!」

唯「それよりも、誰が着たかと思ってびっくりしちゃったー」

紬「りっちゃんの髪下ろしたところ初めて見たわ!!」

律「へ?そうだっけ?」

唯「それに、クジだとリっちゃんは、和ちゃんとだったよね?」

律「和ちゃんとは、入ったことあるからつまらないじゃん」

唯「そっかー・・・りっちゃんの髪洗ってあげようか?」

律「いや、いいよ・・・」

紬「遠慮しなくて大丈夫よ?」

律「だ、大丈夫です」

唯「はっはっはー」アワアワ

紬「うふふふ♪」アワアワ

律「・・・なんだろう、以外と気持ち良くて反応に困る」

唯「かゆいところはありませんかー?」

紬「ありませんかー?」

律「肩がこってるかな?」

唯「それは別料金になります!!」

紬「えーーーー!?」

律「なぜ、ムギが反応する!?」ビクッ