唯「こんにちはー」

澪「こんにちはー」

ガラッ

紬「こんにちは、唯ちゃん。澪ちゃん。」

唯「うーん」

紬「?」

唯「ムギちゃん、『ごはんにす?おふろにする?それとも私?』って言うのが似合いそう」

紬「うふふ//そうかしら?」

唯「うん!!ムギちゃんって新妻って感じ!!」

唯「では、では・・・」

ガラッ

唯「ただいまー」

紬「おかえりなさい、あなた。ご飯にしますか?お風呂にしますか?それとも私にしますか?」

律「・・・ムギにする!!」

唯「おわっ!?りっちゃん!?」

律「ふふふ、丁度、今来たところだ」

唯「ムギちゃんは、私の新妻だから律ちゃん・・・ごめんね」

律「ずるい!!」

唯「早い物勝ちだよ!!この世は弱肉強食なのさ・・・」

律「私は、澪貰っちゃうよ?」

澪「り、りつ、ごめんなさい」

律「え!?」

澪「わ、わたしは・・・ゆ、唯の彼女だから・・・///」

律(どこまで冗談か分からなくて突っ込みを入れにくい・・・)


律「なんだよー、そういうことかよー」

紬「いいですねー、お泊まり会」

澪「うん、よくするんだ」

唯「みんなも来る?」

律「え、良いの?」

唯「みんな友達だから大歓迎だよ!!」

紬「ほ、本当!?」アセアセ

唯「うん、お泊まり会って言っても、うちは何もないけど」

紬「楽しみだわー♪」

律「それはそうと、ギターはどう?」

唯「澪ちゃんに教えて貰ったから、コードは覚えたよ?」

律「Fも?」

唯「F?うん?」

律「ちょっと、弾いてみて!!弾いてみて!!」


ジャラーン

律「おぉぉぉぉ・・・すげぇ。たどたどしいけど、コード進行まで覚えてる・・・」

唯「澪ちゃんって凄い教えるの上手だから、澪ちゃんのお陰だよ!!」

澪「そんなことないよ。唯って昔から器用だから、飲み込みも早いし・・・」

紬「どんなレッスンをしたの?」

唯「澪ちゃんが後ろからコードの押さえ方とか細かく教えてくれて・・・」

紬「凄い良いわ!!」


唯「りっちゃん。りっちゃん。」

律「?」

唯「ギター持って?」

律「うん?」

唯「ここを、こういう風に押さえて・・・そうそう、中指は、そんなに力を込めなくても押さえれるから、薬指に支点を・・・」ギュ

律「ん?・・・こう?」

唯「こんな風に、澪ちゃんが教えてくれたの、分かりやすいでしょ?」

律「お!確かに、これだと分かりやすいな」


紬「お泊まり会楽しみだわー♪」

唯「じゃぁ、今週末にでも、お泊まり会しよう!!」

律「おーっ!!」

紬「今週末ね!?分かったわ!!」




[帰り道]

律「お、和ちゃん!!」

和「律も、帰るところ?」

律「うん、一緒に帰ろ」

和「うん」


律「それでさー、今度、お泊まり会することになったんだよ」

和「へー、良かったじゃない。軽音部の人達と仲良くなれたみたいで」

律「そこでだよ和さん」

和「?」

律「話の流れで、和しゃんもお泊まり会参加が決定しました。」

和「ぶっ」

和「な、何を勝手なこと言ってるのよ!」

律「唯が澪の自慢するから、和という幼なじみを見せつけてやろうと思って」

和「人を物みたいに言わないでくれるかしら?」

律「冗談だよ。ごめんごめん。軽音部のみんなは、いい友達だから、和ちゃんを紹介したかったんだよー」

和「はぁ・・・ありがとう」

律「ははははは」

和「でも、初対面のわたしが、そのお泊まり会に参加するのは凄い勇気が必要だって分かってる?」

律「わたしは、全然問題ないから大丈夫」

和「だから、胸小さいのよ・・・」

律「ぐ、和が的確にさりげなく反撃してきた・・・」




[お泊まり会]

紬「おじゃまします」

憂「いらっしゃいませ!」

澪「ムギ、こんにちは」

紬「澪ちゃん、唯ちゃん、こんにちは」

澪「あ、この子は、唯の妹の憂ちゃん」

憂「いつも姉がお世話になってます」

紬「そうなの!?唯ちゃんに、そっくりだったので、ごめんなさい」

唯「あ、ムギちゃん。いらっしゃーい」

紬「え、えと、こちらは・・・?」

澪「本物の唯だよ」


律「こんにちはー!!」

澪「こんにちは」

律「えーと、これが私の言ってた和ちゃん」

和「はじめまして、今日はよろしくお願いします。」

憂「いらっしゃいませ。はじめまして、律さん。和さん。唯の妹の憂です。いつも姉がお世話になってます」

律「え、えと、こちらこそ、お世話になっております」

紬 唯「・・・」ジーー

律「あ、そこ何をしてるんだ!!」

唯「ムギちゃん私に構わず逃げて!!」

紬「嫌よ!!唯ちゃんを置いて逃げるなんてできないわ!!」

唯「ムギちゃん・・・」

紬「唯ちゃん・・・」

唯「二人ともいらっしゃーい」

律「今日は、よろしくー」

唯「うん、取りあえず、あがってあがってー」

和「律、今の寸劇は何?」


唯「えーと、今日はすき焼きにするけど、みんな嫌いな物とかある?」

律「私は」

唯「あったとしても、我慢して食べるように。以上!!」

律「なんで聞いた!!」

紬「私が手伝えそうなことあるかしら?」

唯「皆は、お客さんだからゆっくりしていただいて大丈夫だよ」

律「いや、それは悪いよ。私も手伝えることがあったら何でも言ってよ」

和「ないわ」

律「え」

和「律は、出来ることがないので、その分、私に手伝わせてください」

唯「和ちゃん?とか言ったかね」

和「え、えぇ・・・」

唯「はぁー・・・」

和「あ、あの・・・」

唯「私も同じことを考えていたよ」ス…

和「ありがとう」ギュ

律「そこ握手をするな!!少し酷すぎやしませんか!!」



4