律「さて、和ちゃんと一緒に軽音部に入るか」

和「律、勝手に決めないでくれるかしら?」

律「えー良いじゃーん。和ちゃん居ないと心細いよ」

和「だって、私、楽器なんて出来ないわよ」

律「大丈夫だよ。私が二人分頑張るからー」

和「律が、私の分も頑張ってくれるの?」

律「うん、任せなさい!!」

和「じゃぁ、私が軽音部に入ってもすることはないみたいだから、私は別の部活にするわね」

律「あ!?」




唯「澪ちゃんは、ベース弾けるんだから軽音部に入らなきゃ!!」

澪「で、でも・・・私一人じゃ心細いし・・・」

唯「大丈夫!!澪ちゃんは可愛いから、すぐ人気者になるから!!」

澪「う、うん・・・」

唯「私は、どのクラブに入ろうかなぁー」

澪「ゆ、唯も軽音部に入るんじゃないのか!?」

唯「えー、私は楽器持ってないしなぁー・・・」

澪「唯が軽音部に入らないなら、私も入らない!!」

唯「えぇ!?でも、澪ちゃん、ベースあんなに練習してるし好きでしょ!?」

澪「そんなの関係ないもん!!」

唯「むー、じゃぁ、私も軽音部に入る!」

澪「ほ、本当!?」

唯「澪ちゃんの為なら、火の中、山の中だよ!」

澪「唯ありがとう!!」

唯「よしよし!!」




律「あのー、軽音部の見学をしたいんですけどー」

さわ子「軽音部は、廃部寸前なのよー」

唯「えーーーー!?」

律「誰?」

「先生ー」

さわ子「ごめんね呼んでるから。まぁ、そんな感じになっちゃってるけど、がんばって!」

律「あ、はい」

唯「あ、ごめんね。私たちも軽音部に入ろうと思って・・・」

律「お二人さんも軽音部に入るの?」

唯「うん!お一人さんも?」

律「ちょ、その呼び方はやめて欲しい」

「ぷっ・・・くすくす・・・」

律「何やつ!!」

紬「ごめんなさい・・・お二人の、やりとりが面白くて」

唯「そこのお一人さんも、軽音部の見学?」

紬「あの・・・私は合唱部の見学にきたんですけど」

唯「んー、一緒に軽音部やろうよ!!」

律「そんな、強引な・・・」

唯「私も何も楽器弾けないけど入ろうと思うんだー」

律「え、そうなの!?・・・でも、その勇気は、尊敬に値するな!!」

紬「・・・なんだか楽しそうですね。私でよければ入部させてください」

唯「大歓迎だよ!!初心者一人だと、心細かったんだよー!!」

律「策士だなぁ・・・」

紬「あ、私、キーボードでも大丈夫なら出来ますよ?」

唯「え!?」

律「それは、そうと、ずっと、その後ろに居るのはマネキンみたいな物?」

澪「あ、あの・・・」

唯「この子は澪ちゃん。恥ずかしがり屋なだけで、凄い良い子なんだよー?よろしくね!!」

律「よろしく!!」

紬「よろしくお願いします!!」

澪「・・・!?」ビクッ

唯「ほら、澪ちゃんも挨拶しないと?」

澪「あ、あの・・・その」ビクビク

唯「よろしく?」

澪「よ、よろしく」

唯「おねがい?」

澪「おねがい」

唯「しましゅ・・・イタッ」

(あ、噛んだ!?)

澪「しましゅ!!」

唯「イチチ・・・ね?可愛いでしょ?」

律「確かに可愛いな・・・」

紬「可愛いですね」




唯「どうにか、部の存続が決まったネー」

律「そうだなー」

紬「よかったですね!」

澪「・・・」

唯「あ、ムギちゃん、お茶、どうもありがとー!!」

紬「うちに置いておいても余らせてもったいないだけだから、みんなに食べてもらったほうがいいの」

唯「ありがとうございます」

律「うん、ムギありがとう」

澪「・・・ぁ、ありがとうござぃます」


唯「それにしても、私、どうしよー」

律「ん、何が?」

唯「何の楽器をすればいいのかなぁって思って・・・」

律「あ!?・・・いや、忘れてなかったよ?」

澪「ゆ、唯はギターやってほしい!!」

唯「ギター?」

澪「あぅ・・・えと・・・ごめん、私の気持ち押しつけて・・・」

唯「んーん、そうじゃなくて、私、軽音のこと詳しくないから教えて欲しくて」

澪「律さんが、ドラムで」

律「律でいいよ?もしくは、唯みたいにりっちゃん」

澪「あ、あ・・・リっちゃ・・・律///」

律「う・・・///」ドキ

唯「うんうん、それで?」

澪「紬さんが、キーボードだから」

紬「私も、ムギで良いわよ?」

澪「ムギ///」

紬「澪ちゃん!!」

澪「!?ム・・・ムギ///」

紬「澪ちゃん!!」

澪「ムギ///」

紬「うふふふ♪」

唯「で、澪ちゃんがベースと・・・」

澪「そう、だから、唯はギターを弾いてくれれば、バランスがとれると思うんだ・・・」

律「確かに、澪の言うとおりだな」

澪「それだけじゃなくて、私の夢なんだ・・・唯がギター弾いて、私がベース弾くのが・・・
  それに、唯は絶対、ギター似合うと思う」

唯「そっかー、澪ちゃんは、色々考えてるんだ。やっぱり私と違って偉いなー」

澪「違っ・・・私は、凄くなんかないよ。軽音部だって、唯が居なければ・・・」

唯「私、嫌いだなー澪ちゃんの、そういうところー」

澪「え・・・唯」

唯「自分のこと否定してるときの澪ちゃんって、泣きそうな顔してるから嫌い」

澪「・・・」

唯「だって、澪ちゃんが悲しそうだと、私も辛いもん。やっぱり、私は笑ってる顔の澪ちゃんが好きだよ!」

澪「うん、私、気をつけるね唯!!」

紬「羨ましいわー///」ウットリ

律「ほほえましいな」


唯「澪ちゃんのこと嫌いって言って、ごめんね!」

澪「んーん、今のは、私が悪かったから気にしないで」

唯「そっかーギターかぁ・・・いくらくらいするんだろ」

澪「安いのは1万円もしないのとかあるけど、3万円くらいのは買わないと・・・」

唯「そうかぁ・・・んー、お母さんに相談してみないとなぁ・・・」

律「じゃぁ、親睦会兼ねて、週末にでもギターとかミンナで見に行こうぜー」

紬「良い提案ね!」

唯「本当!!行く行く!!」

澪「私も!」



2