律「よし!そろそろ行くぞ」

澪「え?」

律「この番組は私たちが梓のライブに乱入して終わりになってるんだ」

澪「ええー!」

唯「さわ子社長のはからいなんだよー」

澪「あっ梓にそんなこと」

律「甘いな澪、後輩とはいえのし上がるためには踏み台にしなきゃならないときがあるんだぜ」

唯「そうだよ澪ちゃん!」

ADカンペ(はやく突撃して)

澪(ど、どうしよう…!)


律「いくぞ!」

澪「ちょっ待って!」

唯「貴様らの曲はHTMに対する冒涜だあ!」ドゴッ

梓「きゃあ!」

澪(ごめん梓!)

律「楽器をよこせ!」ガンガン

「スティックでキーボード叩かないでえ!」


澪(こうなりゃ仕方ない!)

梓「いやあ!なにするの!」

澪「ふわふわ強姦!」パコパコ

唯「ふわふわファック!」

澪「ふわふわ強姦」パコパコ

唯「ふわふわファック!」


D「カイザーさんのファックしっかり撮っとけよー」

澪「ホラ貴様のよがり顔尊敬する先輩にも見てもらえ」

梓「澪先輩たすけてえ!」




唯「地獄の撲殺魔人と恐れられたりっちゃんもとうとう結婚かあ」

澪「どうした唯?ひょっとして寂しいのか?」

唯「そんなことないよ!りっちゃんが幸せになるんだもん、とってもうれしいよ。
  …でも、やっぱりちょっと寂しいかな」

梓「本当に寂しいのは澪先輩の方じゃないですか?」

澪「ば…、なに言ってんだ梓」

唯「ははは!澪ちゃんが一番りっちゃんと仲良かったもんねえ」


あれ(オンエアファック)からさらに数年後、HTMは日本のポピュラーなミュージックシーンでは
決して認められることはなかったが、独自の悪魔的なサウンドに磨きをかけ世界中のメタルジャンキーどもを
虜にするほどの存在になっていた。
一方公開ファックにより多大な精神的ダメージを被った梓もなんとか復活し、今や日本の代表的なポップソングの
担い手として大いに活躍していた。


澪(あのおてんば律が結婚かあ…昔の姿からは(ある意味今の姿からも)想像できないや)

律「おーい!連れてきたぞぉ」

唯「りっちゃん!えーと、その人が」

俺「律さんとお付き合いさせて頂いてる俺です。よろしくお願いします!」

律「なに緊張してるんだよ」

俺「いやあ、タハハ」

唯「真面目そうな人だねー。りっちゃんとは大違いだ!」

律「それじゃ私が普段からテキトーみたいじゃないか。あ、こいつが唯ね」

唯「どうもー」

澪「オマエは普段からテキトーだろうが」

律「このナマイキなのが澪だ」

澪「もっとマシな紹介できないのかよ!」

俺「唯さんに澪さんですね。律さんからいつも話に聞いてましたよ。ははは」

澪「ロクな話じゃなさそうだな…」

梓「まあまあ…ところで私の紹介はまだですか?」

律「わかってるって。この子が後輩の梓だ」

俺「梓さんですね!お初にお目にかかります!CD全部持ってますよ。まさか本人に会えるなんて…いやー感動だなあ」

梓「面と向かって言われるとなんだか照れますね…」


律「忙しい中わざわざ来てくれてありがとな」

梓「あ、今は全国ツアーが終わって休暇中なんですよ。全然大丈夫ですから」

澪(かくいう私たちも世界ツアーが終わって休暇中だ)

唯「それにしても、俺さんかっこいいなあ…りっちゃんがうらやましいよ」

澪「たしかに、律にはもったいない男だな」

律「オマエら、嫉妬は見苦しいぞー」

俺「はは、まいったなこりゃ」



結婚式当日

『新郎新婦の入場です』

唯「わあ!りっちゃんきれい!!」

梓「律先輩…」

憂「ここのメシうめー、こら真剣うめえ」ガツガツ

澪(律…幸せそうだな…)

憂「姉ちゃん、澪ちゃん、それ食べないんならちょーだいよ」ガツガツ


唯「澪ちゃん、後で友人代表の挨拶あるんだけど大丈夫?」

澪(律…ホントに結婚しちゃうんだな…)ウルウル

梓「澪先輩…?」

澪(律……律……りつぅ…)

唯「だめだこりゃ」

梓「ど、どうしましょうか…」

唯「私がなんとか正気に戻してみるよ。ほら澪ちゃん、ちょっとこっち来て」



トイレ

澪「……あれ、唯?」

唯「あーやっと気づいたよ。スピーチの内容覚えてる?」

澪「え、スピーチ!?どどどどうしよう!なにも思い出せない!!」

唯「落ち着いて澪ちゃん」

澪「でも…でも…私……!」

唯(こりゃー相当テンパッてるなあ)

澪「頼む唯!代わってくれ!」

唯「いまさらプログラム変えるわけにもいかないでしょー」

澪「あうあうあうあう…」


唯「こういうときは気分転換だよ澪ちゃん!この服に着替えてみて」

澪「う、うん…」

唯「それからメイク直してあげるよ」

澪「唯…ありがとう」

唯「どう、体の芯から自信湧いてきたでしょ?」

澪「フハ、フハハハハハ!!」



『いよいよ新婦の律さんがお色直しして戻って来られます。皆さん拍手でお迎え下さい!』



澪「ファーーーーーーーーーーーーーーーーック!!!」



『誰!?』



俺「ええー、りっちゃん!?これがりっちゃんなの?」

梓「アイツ!どうしてここに!!」ガタッ

憂「うおおおおおおおおおおおお!!カイザーさんだあ!!」

参加者A「変わったドレスだなあ」

参加者B「メイク濃いなあ」


『し、失礼いたしました。今度こそ新婦の入場です!』


律「なんだか中が騒がしいな……あれ、澪?なにやってんだアイツ?」

憂「スゲエ!忙しい中わざわざ地獄から来てくださったんだあ!!」

梓(こいつメタラーだったのか)

俺「本物のりっちゃん!りっちゃんかわいいよりっちゃん」ハアハア


『ここで新郎新婦によるケーキ入刀にまいります』


澪「……」スタスタ

俺「えっ 何ですか」

澪「……」ガシ

俺「そんな、わっ上半身脱がさないで……ン…」

憂「新郎を羽交い絞めにして…うおーまさかあれは!!」

澪「これが本当のケーキ乳頭であるわ!」ツンッ


『新郎の乳頭が文字通りケーキに入刀されております』


俺「あん…やめ…らめえ……」ツンッ

梓「サイッテー…」

唯「あはは!俺くんがんばれー」

「カイザーさんかっこいい!」

「いいぞいいぞー」


『つづいてはキャンドルサービスです』


澪「ほーれほれほれ」

俺「あっつ……乳毛が…こげちゃううう…」チリチリ


『ごらんください。未来への光を乳首にも灯し、我々を導いてくれます』


ワハハハ ワハハハハ

律「おい…大丈夫か?」

俺「全然平気だよ。みんな楽しんでくれてるみたいだし、よかったねりっちゃん」

律「ふふ、そうだな」


澪(こ、こやつ…己がこのような目に遭っているというのに……)

澪(律は…律は本当によい男と巡り合ったな…)


『ここで新婦の友人代表からご挨拶です』


梓「澪先輩…そういえば澪先輩は…?」


『新婦の幼少の頃からのご友人である秋山…いえ、カイザーさんです』



澪「えー、ただいま紹介いただいた我こそが地獄の魔王、モハメド・カイザーⅡⅩ世である。
  本日、この魔王自らがこのような人間界のくだらぬ式に降臨し…」


憂「うおおおおおおおお!!カイザーさんがスピーチを始めたあ!!!」

「いいぞカイザー!」

「ありがとなー」


澪「この先2人におとずれる災いを祈っておることに感謝せよ」


俺「いやーまいったなあ」


澪「この娘はしっかり者で仲間思い。そしてこの男を間違いなく愛している。
  悪魔の怒りを買うのは当然の事」


律「……」


澪「我の拷問を受けた貴様、娘への気持ちは冷めておらぬか?」


俺「もちろんです!」


澪「娘、お前はしっかりしているように見えてとても間の抜けたヤツだな」


律(そこは褒めろよ)


澪「バンドのリーダーをつとめていながらいつもトラブルを持ち込んできたな。
  ムギを困らせ、梓を困らせ…ずっとメンバーを困らせ続けると思っていた…」


憂「さすが魔王、なんでもお見通しだぜ」

梓「アイツ…」


澪「そんなやっかい者と共に生きれるのは、我の拷問を耐えし男だけ…
  娘よ…これからはこの男を死ぬまで困らせてやれ」


俺「カイザーさん…まかせてください」


澪「結婚は人生の墓場、という言葉がある…恋人としての時は終わり、生活を共にすると
  相手の嫌なところが見え、憎しみがつのっていく」

澪「グロテスクな…まさに墓場…」

澪「……」

澪「……く」


「おっ どうしたカイザー」

「泣いてんのかー」

「がんばれカイザーさん!」

梓「もうちょっとでしょー、しっかりしなさい!」

憂「カイザーさんは魔王だ!泣くわけねー!!」


澪「墓場…という墓場を知り…つくした…この魔王が…言おう」

澪「貴様ら…貴様らなんぞ墓場にはいらぬ!」


律「澪…最高のスピーチ…ありがとう」


澪「男よ その娘を幸せにしてやってくれ…」


俺「はい!」


梓「カイザー、いいスピーチだった!」

「泣けたー」


唯「はーい、しめっぽいのはここまで!」

澪「貴様らにたむけの曲だ。一曲くれてやろう」







『ふわふわファック』!!!






おわりですまんこ