おしゃれなバー

澪「おーっす。待たせたか?」

梓「いえ、私もいまきたとこですから…」

澪「き、昨日は大変だったな…」

梓「…せんぱあい!私がんばったのに…ぐす…」

澪「泣くなよ梓…次頑張ればいいんだ(ひどいことしちゃったなあ)」

梓「アイツはHTMとかいうゲテモノバンドの
  ボーカルのカイザーっていうヤツらしいんです!」

澪「わ、私も知ってるよ(誰よりも…)」

梓「私と先輩のライブをめちゃめちゃにするなんて…絶対許さない」

澪(これは一生カミングアウトできんね)


バーテン「ご注文は?」

梓「コーラ」

澪「豚とコウモリの血のカクテルを」

バーテン「えっ」

梓「えっ」


澪「まっまちがえた!カシスとオレンジのカクテル下さい!」

バーテン「はは、面白い方ですね」

梓(私を元気づけようとして…先輩)キュン

澪「今日は私のオゴリだ。パーっとやろう」

梓「はい!」


梓「先輩は最近どうですかー」

澪「えーと、アコースティックな感じの曲をストリートライブで演ってるよ。はは…」

梓「今度私も一緒にやらせてもらっていいですか?私先輩と一緒に歌うの大好きなんです!」

澪「梓…」

梓「律先輩や唯先輩も東京でがんばってるんですよね。みんなと会いたいなあ…」

澪「こっ今度みんなで集まろうよ!(まさか一緒にデスメタル演ってるなんていえない)」

梓「楽しみに待ってますね」



律「今日は地方局の音楽番組でゲスト出演だ!深夜番組だからって気抜くんじゃねえぞー」

唯「おー!」

澪(初めてのテレビ出演がこんなカッコだなんて、いやだなあ…)

律「俺たちの名前を日本中にとどろかせるんだ!」

唯「地方局だよりっちゃん」

澪(おとなしくしとこう)



司会「今日のゲスト一組目は、今インディースシーンで最も注目されているHTMの皆さんです!」

律(いくぞ澪、唯!)

澪(ホッホントにやるのかよあれ!)

律「H!」

唯「T」

澪「え、M…(なんで私がM字開脚なんだ…)」プルプル

司会「ははは、さっそくライブのパフォーマンスを披露してもらいましたねー」

ワーワー カイザーサーン!

澪(いつものファンの人たちも来てるし…)


司会「では自己紹介お願いします」

澪「貴様オレに指図する気か」

司会「ええ、っと、2ndシングルがヒットして、年内にアルバムもリリースする予定なんですよね」

澪「ハッハッハ。年内に貴様を殺す予定も入れておこう」

律(さすが澪。インタビューでもメタルモンスターだぜ!)

司会「ドラムのデコさんは赤いスティックにこだわりがあるとか」

澪「いままで叩き殺してきたクソどもの血の色である」

司会「ギターのカミュイさんのファイヤーパフォーマンスは圧巻ですねー」

澪「このスタジオも骨組み残さず灰にしてやろうか」

司会(なんでコイツしかしゃべらないんだ…)


司会「で、ではここで二組目のゲストに登場してもらいましょう」

澪(ん…あれは梓のバンド!)

司会「ラブラブスイーツのみなさんです!」

梓(まさかこいつらと一緒に出演だなんて…)

律「おい、梓じゃ(ry」

澪「わーわーわー!!」

律「ど、どうした…?」

澪(私たちがデスメタルやってるってことは秘密なんだよ!)

唯(つまり私たちが私たちってバレちゃダメなんだねー)

澪(…とりあえず唯は一切しゃべらないでくれ)

司会「本日は独自の音楽性を持つ二組に来てもらいました。
    ラブラブスイーツの皆さんはHTMをご存知でしたか?」

梓「一応名前ぐらいは…」

澪(梓…ごめんねごめんね)

司会「HTMさんはラブラブスイーツを知ってました?」

澪「知るわけねえだろこんなくされバンド!」ペッ

梓「うわあ!」

律(さすが澪!後輩相手でも容赦しねえぜ)


梓「澪先輩がいなかったら私はこの世界に入ってませんでした。
  先輩もきっとすぐに世に出てくると思います」

澪(もう世に出てるよ…梓の思ってもない形で…)

司会「HTMは尊敬するミュージシャンはいますか?」

澪「フッ もう殺してしまったわ」

AD「はいOKでーす!少し休憩してラブラブスイーツから歌のスタンバイお願いします!」



トイレ

澪(うう…今の私は最低だ…尊敬される人間なんかじゃない)

梓「あっ…」

澪(梓!)

梓「……」

澪「ツ、ツバ吐いたりして悪かったな」

梓「別に…」

澪(梓…いつになく緊張してるみたいだな)

梓(こ、こいつらに会ったせいで調子狂っちゃったわ)

澪「フハハ、そんな震える手でギターを弾けるのか小娘」

梓「おっ大きなお世話よ!」

澪「ではせいぜい無様な姿を貴様の尊敬する先輩に晒すがよい」

梓(あっ…先輩もオンエア見るかもしれないんだ……)

澪「ここで歌ってみろよ」

梓「えっ」

澪「一度歌っておけば緊張が取れるだろ」

梓「なんでアンタに指図されなきゃ…」

澪「大好きハニー☆」

梓(わっわたしの歌!?どうして…?)

澪「いちごみたーいにー♪」

梓「かっ勝手に人の歌うたうなー!」

澪「万物に精通する我にとってポップソングほど容易いものはないわ」

梓「くっ!純粋なのずっと見てて♪(ry」


澪「はぁはぁ…は、吐き気のもよおすような曲だ…どの地獄の責め苦よりも苦痛であったわ。
   だが貴様の技量だけは認めておいてやろう」

梓(なんだかこの人澪先輩に雰囲気が似てるような…)

「梓ー!そろそろ本番はじまるぞー!」

梓「あっ、今いくー!」

梓「…ふん、この前のライブのこと許したわけじゃないからね!」

澪(梓、頑張れよ!)



律「遅いぞ澪」

澪「ゴ、ゴメン」

唯「もうあずにゃんのライブ始まってるよ」

澪「あ…」

梓「教えてハニー☆未来は何色?日に日に胸がキュンキュンっていうの♪」

澪(よかったあ…楽しく歌えてるみたいだ)



4