バチバチバチバチ…


律「や、やめくれ!ムギ!死んじゃうよ!!」

紬「ウフフフフ」

「りっちゃんのおでこにスタンガン当ててみたかったのー」


スタンガンを手に持ちゆっくり近づいてくる紬。穏やかな笑顔だ。
夕日で真っ赤になった音楽準備室には紬と私しかいない。


どうして…どうしてこうなった…!


…………



唯「えい!あずにゃんにくすぐり攻撃」

梓「うにゃ!」ビクビク

 「なにするですか!」

唯「あずにゃんビクッとしたーおもしろーい!」

紬「あらー面白そう!」

唯「ムギちゃんもやってみなよ~」

梓「ちょっと!やめてください!」ピシッ

梓は伸ばしてきた紬の手を平手打ちで払う。

紬「いた!」

律「お~い、梓ぁ暴力はダメだぞ?」ニヒヒ

梓「律先輩!部長なら止めてくださいよ!」

律「部員どうしのスキンシップだろ?なんでダメなんだよ~」

紬「い、いいのよ律ちゃん?梓ちゃんも嫌がってるし…」

律「ダメダメ、ムギもこういうスキンシップを今のうちにやっとかないと!」

梓「じゃあ、律先輩がくすぐられれば良いじゃないですか!」

律「え?私か?」

唯「ほかーく!」ガシッ

律「ゆ、唯!?」

後ずさりする律を唯が後ろからホールドする。

梓「ムギ先輩やっちゃってください!」ガシッ

更に梓が足を掴む。

紬「それじゃあ遠慮なく~」サワサワ

律「ウヒャ、うひゃひゃ!やめろ~!」

 「み、澪!ボーっとしてないで助けろ!ひぃ~」

澪「自業自得」

紬「おもしろーい!りっちゃんビクビクしてる!」

唯「お腹だけじゃなくて脇も面白いよ!」ガバッ

唯が律の腕を上げて万歳のポーズにする。

紬「こうかな?えいえい!」コチョコチョ

律「ぎゃあ!あひ~!」ビクビク

激しく反応した律は、バランスを崩して倒れる。

そこにすかさず紬が馬乗りになり執拗にくすぐり続ける。

紬「えいえい!ウフフフ」

律「あひ!ひ!…ぜぇ…ぜぇ…もうやめ…息が…」ピクッピクッ

紬「あはは、ごめんなさい。」ピタッ

律は紬の下でぜぇぜぇ息をする。顔は真っ赤だ。


律「はぁ…はぁ…もう良いだろどいてくれ…」

梓「か・ら・の?」

紬「第二次コチョコチョ戦争よ!えーい!」コチョコチョ

律「うひゃひゃ!イヤー!」ビクビク

澪「お、おいおい…もうやめとけよ…」

さすがに見かねた澪が紬の肩に手を置き制止する。

紬「ふん!ふん!」コチョコチョ

律「くぁ…!あぃひ!…ぜぇ…あひひ!」ビクビク

しかし、紬は全く澪に注意を払わず、律をくすぐり続ける。

澪「ムギ?」

唯「ムギちゃんコチョコチョにハマっちゃったみたいだね!」クスクス

梓「目覚めましたね。何かに」ニヤニヤ

律「死ぬ~!」ビクビク


……



律「はぁはぁ…くっそ…」

悪態をつきながら、乱れた着衣を直す。

梓「あはは!たまにはこういうのも良いですね!」

 「ざまぁみろです!あははは!」

紬「りっちゃん色っぽい…」ポー

紬はうっとりしながら携帯で律を撮る

紬「ウフフフフ…」

澪「む、ムギ…」




数日後!

放課後の教室!

唯「ねー!りっちゃん起きて!」ユサユサ

律「うーん…」

澪「まったく…こいつ徹夜でゲームしたんだよ」

 「こりゃ、起きないぞ」

梓「起きるです!部活サボるつもりですか!」グニー

梓は意地悪そうな笑みを浮かべながら、律のほっぺたをつねる。

律「あひ~…」

梓「あはは!あひ~だって!」

律「先輩で遊ぶなよ~…あとちょっと寝たら行くからそっとしといてくれ…」

澪「しょうがないな…行こう。ムギも部室で待ってるし。」



1時間後!

澪「律のやつまだ起きてこないみたいだな…携帯も出ないぞ」

 「あとちょっとって言ってたよな?」

紬「私が起こしてきますわ~」ウフフフ

澪「ああ、頼んだよ」

梓「あ、紬先輩!これあげます!」

部室を出ようとする紬に梓が何かを渡し、コソコソと話す。

紬「まぁ!使ってみるわね!」

梓「やっちゃってください!」

二人とも表情が意地悪い。



律「スー…スー…」

机に突っ伏して幸せそうに眠る少女に、
満面の笑みを浮かべながら近づくもう一人の少女。

紬「りっちゃーん?いつまで寝てるのー?」

向かいの席に座って、優しく声をかける紬。

律「スー…」

しかし、律は反応しない。

紬「もぉー!りっちゃん起きて!」グニー

梓がやったように、律のほっぺたをつねる。

律「うぅー…」

紬(やわらかーい!)パァァ

律「あとちょっと…寝さして…」

紬「もう!あとちょっとって言って1時間も寝たじゃない」クスクス

 「梓ちゃん練習したがってるよ?」

律「う~ん、ハイハイ…スー…」

紬(ふふ、また寝ちゃった。もうちょっとほっぺた触ってよ~)

プニプニ

紬(本当に柔らかくて可愛いわぁ)

律「も~、ほっぺた触るなぁ…」パシッ

律は重たい動作で紬の手を払う。

紬(あーん、もうちょっと触りたいのに…あ、そうだ携帯で写真撮ろうかな)ゴソゴソ

取り出した携帯には、2センチほどの小さな四角い箱が挟まってた。

紬(あ、そうだ。梓ちゃんからもらったこれを使おう!)

 「ねぇねぇ、りっちゃん起きて~。最終通告よ?」ニヤー

律「スヤスヤ」

紬「しょうがないなぁ。ウフフフ、私もこんなことしたくないのになぁ。」

 「ウフフフ」

紬はそーっと四角い箱から出ている線を律の額に近づける。
ボタンを押すとカチッという音とともに、火花が出る。

律「あち!」ガタっ

紬「わぁ!起きた~」パァァ

律「!?今なにやった!」

紬「ウフフ、こうやったの!」カチ

額をおさえる律の腕に、もう一度火花が走る。

律「うひぁ!何だよそれ!」

紬「ライターの着火装置よ~。梓ちゃんからもらったの!」

 「ねぇ、もっとやっていい?」グググ

起きた律の頭を強引にまた机に突っ伏させる。

律「ヒッ!やめろぉ!」


紬「えい!」カチ

律の耳に着火装置を押しつけボタンを押す。
梓が耳にはかなりきくと言っていた。

律「ぎゃああ!」ビクっ

紬「わお!効果抜群ね!」

 「えいえいえい!」カチカチカチ

律「あ!ぎゃ!ひぃ!」ビクビク

紬「あはは!耳がぴくぴくしてるよ?」

律「分かった!起きるからやめてくれ!」

紬「梓ちゃんはうなじも面白いって言ってたなぁ」

律「ばか!やめろ!」ググ

律は自分の頭を押さえつける紬の手を必死に押し返そうとする。

紬「私力持ちなの~」

律は全く押し返すことができない。

紬「りっちゃんのうなじも可愛いわぁ」

 「えい!」カチ

律「ぎゃひ!」ビク

紬「今度は首がぴくってなった!」パァァ


律「い、いい加減にしろ!」ガシ

怒った律は紬の持つ着火装置を掴むと、思いっきり床に投げつける。

カシャーン

床に叩きつけられた四角い箱は割れてしまった。

紬「あ!梓ちゃんにもらったものなのに…」

律「ご、ごめん…」

紬「ううん、良いのよ。私もやりすぎちゃった。」

 「りっちゃんて優しいねウフフ」

律「ふぅ…部室行くか。変なもの渡した梓をぶんなぐってやる」



2