6月28日。

律は生徒会に直談判に行っていた。

律「頼む!和!放送部の権力を私にわけてくれ!」

和「は、何?」

律「私は、澪のやつを助けたいんだ!」

和「話が飛躍しすぎてて、分けがわからないわ」

律「今、澪は学校に来てないだろ?」

和「そうね、でもそんなこと、生徒会の関与するとこじゃないわ」

律「澪がいないと、大会に出れないんだよ!」

和「……わかるけど、顧問の先生に言ったら?」

律「だめだ、あいつは今頃、職員室で涼んでやがる」

和「それで、私に何をしてほしいの?」

律「さっきも言っただろ」

和「1日放送部部長にさせろって?」

律「ああ!」

和「これは、両者の合意の上だからなんとも……」

律「じゃあ、放送部の部長に、直訴すりゃいいんだな」

和「え、ちょっと待っ」

和が制止すると同時、律は駆け出していた。



ぶしつ!

律「やったぞ、みんな!」

唯「なにをやったのー?」

律「放送部と手を組めたんだ!」

律「一日だけ放送器具を使う権利を受諾させ……もとい、認めてもらったぞ!」

紬(律ちゃん、昨日部活に来ないと思ったら、そんなことを……私に言えば、一日じゃなく永遠に私達のものに出来るのに……)

梓「それで、どうするんですか?」

律「え、どうするって」

梓「いや、何か目的があって、それを行動に移したんでしょう?」

律「いや、皆で励ましに行こうって放送かけたら、みんな来てくれるかなーって」

唯「おおーりっちゃん、私と発想が同じ!」

律「だろ?普通そうだよな」

梓は絶句した。

この二人の先輩の、発想に。無計画さに。大胆さに。

梓(そんなんで来る人いませんよ!)

と叫びたかったが、いかんせん唯先輩も律先輩もやる気だったため、言いづらかった。

最後の希望とばかりに、梓は紬に声をかけようと――。

紬「私、その発想に賛成だわ~」

紬はそれと同時に、口を開いていた。

紬「でもね、大げさにやったほうがいいと思うわ」

律「じゃあ、他に何かあr」

律が語を継ぐよりも早く、紬は席を立って携帯電話で電話し始めた。


prrrrrr、prrrrrrr

紬「お父様?いや、あの件では御座いませ………はい、承知しています」

紬「は?ケビン氏が?そんなことよりもこっちの方が重大……」

紬「お言葉ですがお父様、私にとって………は家族も同然。それを足蹴にするなど、言語道断です」

紬「今はケビン氏よりも、こちらが優先事項です。お父様、どうか……」

紬「え、ほ、本当ですか?あ、有難う御座います」

紬「お力添え、感謝いたします」


紬「みんな、もう大丈夫よ」

律「……何が?」

紬「澪ちゃん、必ず帰って来させ………もとい、帰って来られるわ」

紬「それじゃあ、いきましょ」

梓「行くって、どこに行くんですか?」

紬「TV局よ、収録しに行くの」

その翌日、6月30日の夜、6時から9時まで。

全国ネットで、『放課後ティータイム』の演奏が、放送された。

                     *



6月30日。全国に放課後ティータイムの演奏が流れる二時間前、軽音楽部部室。

紬「今日は、昨日の収録分プラス私達が一年のときの学祭の演奏テープが全国で放送されるからね~」

梓「先輩達が一年……ああ、あのパンチラの年ですか」

紬「そうよ~」

律「へえ、よくやるなあ」

紬「澪ちゃんのためだもの。それに」

紬「まだ一緒に、けいおん、やりたいじゃない」

紬のその言葉に、反対の意を示すものはいなかった。

誰一人として。


                             *

そして、今日。7月1日。

唯「成功するといいね……」

梓「そうですね……」

部室の窓の外からは、一週間の命を認められたセミ達が、みーんみーんと合唱会を開いている。

澪が来なくなって、もう半月。

夏の大会は7月の中旬にある。

しかし、ベースがいないため、出場を認められていなかった。

代理を、と言うことで探していたが、誰一人見つけられなかった。

梓(純ちゃんもやってくれないし、憂も無理、か)

梓(もう、澪先輩しかいないのだから)

梓(お願い、帰ってきて――)

澪をどうにかしてでも、けいおん部に復帰させなければいけない。

そのためには今日の作戦を、成功させなければいけない。



梓と唯は、セミの鳴き声に耳を澄ませながら、部室で律と紬が来るのを待っていた。

律と紬。二人が帰ってきたときは、きっと一緒に、澪も帰ってくるから。

梓「暇ですねえ」

唯「んー。どうせなら、一緒について行けばよかった」

梓「同感です」

セミの鳴き声に紛れて、ふと、声が聞こえた。

聞き覚えのある声。

軽音楽部、部長―――田井中律の声だった。



4