澪(やべー!こっちのこと完全にばれてる!)

澪(ここは白を切りとおすしか…)

澪「すいません、そのような名前は一切記憶に御座いません。人違いだ、でしょう」

澪(うわ、かんじゃった)

唯「うそだー。澪ちゃんでしょ」

澪「お客様、店内では他のお客様に迷惑になるので、大きな声を出すのはご遠慮いただきたいのですが」

唯「ねえ、澪ちゃん、どうしてこんなとこで働いてるのー?」

澪「ですからお客様……」

唯「ねえ、店員さん!この人秋山澪ですよね?」

店員「はあ、下の名は存じませんが、確かに彼女は秋y」

 とす(手刀の音)

澪「申し訳ありませんが、今日はこれにて閉店にさせていただきます」

唯「な、なんで?表に営業時間 9時~18時までってかいてるよ」

澪(しっかりとそういうとこはみてやがる…)

澪「もう、やめてくれないか……」

唯「!?」

澪「人のことをさ、そうやって詮索するの」

唯「せ、詮索って……」

澪「悪かった、皆に隠れてバイトしてたことは謝る」

澪「だから、帰ってくれないか」

澪「言いふらしたっていい。私が在日だって噂も流していい。好き勝手したらいい」

澪「だから――帰ってくれないか、頼む」

唯「そ、そんなことしないよっ!見損なわないでっ!」

澪「じゃあ、昨日のは何だったんだよ」

唯「昨日?」

澪「お前ら、来ただろ」

唯「そ、それは……好奇心が」

澪「っ!嘘つけ!」

唯「ホントだよぉ」

唯「澪ちゃんが考えてるような事が、目的なんかじゃないよ!」

澪「……わかった、もうそれでいい。理由なんて聞かない。どうでもいい、だから」

澪「帰ってくれ」

唯「私は帰らないよっ!」


澪「………いい加減にしないと、営業妨害で110番するぞ」

唯「それでも、いい」

唯「でも、信じて」

唯「私は、いや、私達は、そんなちっぽけなことで差別したりしない」

唯「―――絶対に、しない」

澪「………」

唯「みおちゃんのことストーキングしてたことは謝るよ、でもそれは、下卑た目的じゃない」

唯「今日だって、違う。純粋に、おどかそうと思っただけ」

唯「だから――」

澪「……もうやめてくれよ」

唯「!!」

澪「私はな、今まで在日在日ってバカにされてきたんだ」

澪「でもな、それを知らない子達は、私の友達、いや、親友になってくれた」

澪「だが、その子達ですら、私の秘密を聞くと、唯の今言った台詞と同じような言葉を言いながら、距離をとってくんだ」

澪「だから、もう、わかるんだよ」

澪「その言葉に隠された、意味がさ」

澪「ワタシニチカヅカナイデって、言ってるようにしか、聞こえないんだ」

澪「だからもう、いいから」

澪「唯も、うすうす気付いてたんだろ?」

澪「私が在日だって。異端だって」

澪「だからこういう粗探しみたいなこと、したんだろ?」

澪「別に、それを責める気にはならないけどさ」

澪「私のことは、気にしないで」

澪「四人で、夏の大会に出てくれよ」

澪「私みたいのは、邪魔だろ?」

澪「どうしても足りないってなら、ほら、唯の妹の憂ちゃんなんか、入部させたらどうだ?」

澪「あの子、結構音楽のセンスありそうだしな」


ぱしん、と音がした。

それは、澪の頬を張る音だった。

唯の平手打ちが、炸裂した。

澪は頬を押さえて、――ゆっくりと、唯の顔を見据えた。

瞳に涙をためた、唯を。

悲しそうな顔の、唯を。

澪はその時、何も言うことが出来なかった。

澪「 」

澪はその時、思った。

唯の言ったことは、本心なのではないか。

しかし、それに気付くのは、あまりにも遅かった。

唯「わかったよ、みおちゃんが普段、私達をどんな目で見ていたのか」

唯「―――最低」

唯は駆け足で店を出た。

澪の制止の声が聞こえたが、それすらも無視して。

来るときは晴れていたのに、いつの間にか、雨が降っていた。

しとしとと降る6月の雨は、唯の憂鬱に拍車をかけた。



澪は部活に来ていない。それはおろか、学校にも来ていなかった。

唯はあの日、家に帰ったと同時に自己嫌悪に陥ってしまった。

勘違いだ、と言えば良かったのに、つい手を出してしまった幼稚さに、呆れてしまった。

月曜日になったら、謝ろう――と言う唯の決意を壊すように、澪は学校に来なくなった。



ぶしつ!

律「今日も澪は、来てないか」

唯「……うん」

土曜日の出来事は、週があけた月曜に打ち明けていた。

唯は怒りの持続するほうではないので、休みが終わる頃には、怒りは心配に代わっていた。

しかし、それからというもの、せっかくのティータイムも、空気が重い。


梓「心配ですね」

紬「そうね~、そうだ、行って見ましょうよ。澪ちゃんの家」

律「ああ、昨日も行ったけどな」

昨日行ったときは、インターホンから澪の声がしたのだ。

帰ってくれと言う、拒絶の声が。

律(でも、今日は……今日なら)

唯「ようし、行くぞー!」

明るく言った声は、しかし重い沈黙に打ち消されてしまった。

梓「じゃあ、私も」

梓(澪先輩、早く帰ってきてくださいよ)

そして4人は、部室を後にして、澪宅へと向かった。
                          *


律「おーい澪ー」

外からまた、律の声が聞こえた。

澪は自室に引きこもり続けていた。

澪(唯はあんなに怒ってたしな、うう)

澪(律も怒ってるに違いない)



澪(でも悪いのは総て私なんだ)

澪(勝手に誤解して、被害妄想……)

澪(どんな顔で皆に逢えばいいんだ?)

澪(皆に合わせる顔なんて、ない)

後ろ向きな発想が、インターホン越しにいる律達に向かって、拒絶する言葉を言わせてしまう。

澪「私のことは気にしないで、お願い、帰って」

澪(本当は、皆と一緒に、けいおん部で駄弁ったりしたいのに)

律「お、おい、澪!皆心配してるぞ!」

澪(心配……、どうせ、哀れまれているだけかもしれない。きっと、居場所なんてなくなってるんだ)

律「おい!澪!頼むから!来てくれよ、けいおん部に!」

律「夏の大会だって近いんだ、ベースがいなくて、何が出来るってんだよ!」

律「おい、澪!お願いだから!」

涙ながらの律の声は、しかし。

澪「ごめんね」

静かな拒絶によって、届くことは無かった。


澪(わたしがいなくたって、誰か別にいるでしょ)

澪(我がままばっかり。どんどん私、嫌われてるんだろうな)

澪(自分で居場所なくしてるのかもしれないけど)

澪(やっぱり、怖い)

澪(皆に、ひかれることが)

幼初期のトラウマが、澪の心を捉えて放さない。

在日と言うだけで受けた差別は、いまでも心の奥底に記憶として残っている。

澪(そうだ、クラス中がみんな、冷たい目で私を見てきたんだ)

澪(でも只一人、私の見方だった人がいたんだよな)

澪(律だけが、私にも平等に接してくれたんだ)

澪(その律なら、私を見放さないで、ずっと親友でいてくれるかもしれない)

澪(唯もきっと認めてくれる。けいおん部の一員として)

澪(でも、紬は、梓は?)

澪(もし、来てなかったことを許してもらえなかったら?また、差別されたら?)

澪(駄目、私はきっと、もう二度と立ち上がれなくなる)

まだ玄関の向こうで、律たちが何事かを言っていたが、澪の耳には届かなかった。




3