ぶしつ!

澪「悪いけどこの後、用事あるんだ。今日は早く上がらせてもらうぞ」

律「んー、用事って何ー?」

澪「そ、それは、あの、じょ、女子高生ともなれば、いろいろとあるんだよ!」

紬(もしかして……〇交!?)

律「あーまあ、いいか。どうせ今日も、お茶のむだけだしな」

澪「じゃあなー」

唯「じゃねー、澪ちゃん。お土産よろしくー」

澪「いや、旅行行くわけじゃないんだから……、まあ、じゃあな。また明日」


足早に部室を出て行く澪。

律「うーん、怪しい」

唯「え、何が?」

律「澪だよ、はや引きなんて、一度も無かったぜ」

梓「そういえばそうですね」

律「だろ?こりゃ、彼氏でも出来たかな」

唯「ほ、本当ですか?りっちゃん隊長!?」

律「いや、真偽の程はわからないが、かなり怪しいのは確かだ。あの、挙動不審な態度……」

唯「よし、澪ちゃんをストーキングしてみよう!」

律「おー、面白そうだな、やってみるか!どうせ練習もないしな!」

梓(こんなんで大丈夫なのかなぁ、夏の大会)

紬「面白そうねー。私もやらせてもらうわ~」

梓「え、でも、澪先輩にもプライバシーってものが……」

律「こまけぇことは(ry」

紬「こまけ(ry」

唯「こ(ry」

梓「先輩達がそういうんでしたら、じゃあ、私も……」

唯「よぅし、決まりだね!さぁ、皆のもの、ストーキングしに行くぞー」

律&紬「おー!」



まちなか!

唯「澪ちゃんどこー?」

梓「先輩、大きな声を出したら見つかっちゃいますよ!」

律「おーノリノリだな、梓」

梓「そ、そんなことありません!先輩の勘違いですよぉ」

紬「こっちにはいないわね。律ちゃん、見つかった?」

律「いいや。唯ー、そっちにいたかー?」

唯「いません、りっちゃん隊長!」

梓「こっちにもいまs……あ、いた!」

梓「いましたよ、律先輩!」

律「マジか梓!?どこに?」

梓「あそこのキムチ専門店『きむーにょ』の店頭に、ほら!」

唯「あ、本当だー」

紬「なんだ、〇交じゃないのかあ。残念」

律「おお、いたいた。でかした梓!」

唯(澪ちゃんのバイト先かな?)

梓「あ、店の中に入っていきました!」

唯「よぅし、追うぞー」

律「待て、唯!ストーキングがバレたら怒られる!」

梓「ですね。もう少し慎重に……」

唯「じゃ、私だけ行って来るよー!のりこめー!」

律「いや、そういうことじゃなくでだな………ちょ、待て唯!」

唯はたたた、と走って、きむーにょにむかってしまった。

律「あーもう!私達も行くぞ!」

梓「え、いいんですか?」

律「見つかったらそのときはそのときだ!」



きむーにょ、店内!

唯「あれーここの中入っていったのに。みおちゃんどこー?」

店員「いらっしゃいませ、お客様。どのようなキムチをお探しですか?」

唯「みおちゃん、来ませんでしたか?」

店員「みおちゃん……さあ、存じ上げませんが」

唯(あれー、おかしいな)

唯「そうですか……」

                  *

そのころ、関係者以外立ち入り禁止の部屋には、一人怯える少女がいた。

澪「な、何で唯がここに来てるんだ……?」

澪はきむーにょの店員の服を着ていた。

澪「ま、まあいい。店員の田中さんが何も言わない限り、ばれないからな」

澪(こんなところでバイトしてるのばれたら、私が在日だって言う確信与えてしまうじゃないか)

澪(それだけは防がないと……!)



                  *

唯が頭にクエスチョンマークを生やしていると、そこに一足遅れて、梓、律、紬が入ってきた。

唯「あ、りっちゃんたちも来たんだ!」

店員「いらっしゃいませ」

唯「みんなー、ここに澪ちゃん来てないってー」

梓「そ、そんなはずないですっ。私ここに入っていくの見ましたもん!」

律「ああ、私も見た」

紬「あのー、店員さん。黒のストレートでやや釣り目の女の子、来てませんか?」

紬「秋山澪って言うんですけど」

店員「ああ、秋山なら―――」

店員が言うが早いか、関係者以外立ち入り禁止の扉が少しだけ開いて

そこから腕が伸びてきた。

店員「あ、秋山。この子達が―――」

その言葉を遮るがごとく、手は店員を捉えた後、関係者以外立ち入り禁止とかかれた部屋の中に引きずり込まれた。

ばたん、と扉が勢いよく閉まり、そこに残された律達は困惑した。

店員「くぁwせdrftgyふじこlp」

?「いいですか?私がここに勤めていること、言っちゃ駄目ですよ」

店員「え、何で 亜qswでfrgthyじゅきぉ;p」

?「駄目ですよ!」

と言う会話が、扉の向こうから聞こえた。

そして、関係者以外立ち入り禁止の扉が再び開き、焦点の合ってないうつろな眼をした店員が出てきた。

店員「そのような名前は一切存知あげません」

唯達「………」

棒読みの口調なのが、唯達の確信を一層深くした。



まちなか!

唯「これは、うん……」

律「まあ、大したことじゃなかったな……」

紬「私はもっと、ブラックなことを想像してたんだけどな~」

梓「想定の範囲内ですね」

律「……、そうだな」

唯「このまま解散しようか?」

梓「そうですね。皆荷物も持ってますし」

律「よし、じゃあ今日のけいおん部、しゅーりょー」



よくじつ!

唯「あー、今日は土曜日かー」

憂「お姉ちゃん、おはよう」

時刻は正午。唯は寝巻き姿のまま、のそのそとベッドから這い出る。

唯「おはういー」

憂「じゃあ、お昼ご飯作るからまっててね」

唯「うんー。今日はチャーハンがいいなー」

憂「わかった。そうするよ」


唯(あー、暇だなー)

唯(そうだ……きむーにょ行ってみようかな)

唯(今日も澪ちゃん、働いているのかな)

唯(でも、何であそこで働いてるんだろ?)

唯(キャバ嬢とかにもなれそうだし、ソープもいけそうなのに)

唯(もしかして、本当に在日?)

唯(いやいやまさかね。第一、澪ちゃんがそうだとしても、私との友情は崩れないよ!)

窓の外では、太陽がさんさんと輝いていた。

こういう日は、外に出てみるのも悪くない、と唯は思った。



まちなか!

唯(あー、暑いなー)

唯(ういも誘えばよかったかなー)

唯(えーと、ここをこう行って、んーと)

唯(あれ、どこだっけ?)

澪「お、唯じゃないか!」

突然かけられた声に、唯はきゃっ、と驚いてしまった。

唯「み、澪ちゃん!」

澪「やほー」

唯「や、やほー。澪ちゃんどこ行くの?」

澪「私?きむーにょに………はっ!あ、あれだよ、楽器屋だよ。レフティモデルのバーゲンやってるんだ」

澪「唯は?」

唯「わ、私はちょっとそこの本屋まで…」

澪「そっか、じゃ、私こっちだから。じゃあなー」

唯の記憶が正しければ、澪の指差した方向には一軒も楽器屋が無いはずだ。

唯「じゃあねー、澪ちゃん」

そう言って、澪の背中を見送り続けて、数秒後。

唯「追跡開始するぞー。おー!」

一人小さく、天に握りこぶしを振り上げた。


唯(ああ、そうそう。この道筋だった)

唯(この道と言うことは、後もう少しで…)

唯(よし、ビンゴ!)

唯(澪ちゃんはやっぱり、きむーにょに向かってたんだ!)

唯が追跡を始めてから一分ほどして、澪はきむーにょに着いた。

澪は唯に尾行されているとも露知らず、それどころが鼻歌まで歌いながら店内に入っていった

唯(ようし!澪ちゃんをおどかしてやろう!)

澪が店の中に入って見えなくなってから数分後、唯はきむーにょへと向かった。

店員「いらっしゃいませ、今日はどのようなキムチをお探しですか」

唯「え、あ、あのキムチってどんなキムチがあるんですか?」

店員「お客様のご要望に合わせたキムチが必ずあります。納豆キムチや漬けキムチ、発酵キムチや田楽キムチ。なんでもそろっております」

唯「え、あのじゃあ……」

唯がキムチの山ってありますか、里は嫌いなんで、と聞こうとしたと同時、関係者以外立ち入り禁止の扉が開いて、中から店員の服を着た澪が現れた。

澪「お客様、いらっしゃ、い、ま……せ(唯、なんでここに!)」

唯「みおちゃん!」


2