紬『ヘアネット!』 ぴしゅるる

デケ「うわっ、なんだこの網は!くさいっ」

紬『唯ちゃん!』

唯『うんっ!必殺!ファイナル斬り!!』


デケ「ぐわあああああああああっ!!」


ばしゅー


梓『…結局ファイナル斬りですか』

唯『だって思いつかないんだもん』



紬『さあ梓ちゃん立って!あとはあれ一人よ』

デフ「クホホホホ、立てないワよねぇ?そんな恥ずかしいカッコじゃあ」

梓『た、立てますよ…!やってやるです!』 だっ

唯『立った!あずにゃんが立ったよ!』

紬『よくやったわ!梓ちゃん!!』

梓『……』 ぷるぷる

デフ「……なにそれ」

梓『…な、なにがですか!』 ふるふる

デフ「それ。なんで毛生えてないの?」

梓『…!』 カーッ

デフ「元から生えてないの?剃ってるの?なんで剃ってるの?変態なの?」

梓『』 ぷしゅーっ

唯『ああっ!あずにゃんがダウンしちゃった!!』


梓『ぶつぶつぶつ』

紬『怪人の精神攻撃…侮れない!』

唯『どうするの!?ムギちゃん』

紬『私が二人ぶんになるわ。ヘアマリオネット!』

しゅるる

梓『わあ!なんですかこれ!!』

紬『悪いけど、体を借りるわね!梓ちゃん!』

梓『いやああああああっ!!』

デフ「クホホ、もっと面白いことにしてあげる。ほら」 パチン

ずざざざざざざざっ

紬『っ! 男性職員!?』

梓『いいっやああああああっ!!!!』

デフ「よそ見してる暇はないわよ!そらそらっ!!」

唯『うわっ!この、とりゃあっ!』

紬『そこ!キックよ!それ、それっ!』

梓『いやああああっ!見えた!今絶対見えたあああっ!!』


ざわざわ ざわ

梓『いやぁ…見てる、みんな見てる…』 ブルブル

紬『梓ちゃん!おっぱいなんか隠してる暇ないのよ!ほらっ!』 ぐいっ

梓「きゃあああああっ!!」


ざわざわざわざわ

「ちっぱい…」 「中学生?」 「これはこれで」 「むしろこれが」


梓「っっっっっっっ」 カアアアアァ


デフ「そらそらあ!」

紬『梓ちゃん、上から来るわ!ハイキックで受けるのよ!』

梓『それはだめ!絶対だめえええええっ!!』

ガシィッ!


ざわざわざわざわざわざわざわざわ

「毛がないから…」 「まるみえまるみえ」 「うっひょう」
「誰かカメラカメラ」 「つるつる」 「もう死んでもいい」


梓『やだぁぁぁ…もうやだぁ』 ぐすぐす


紬『』 ぞくぞくぞく

デフ「」 ぞくぞくぞく


デフ「そらあああ!足を上げないと受けれないような攻撃だ!」

紬『当然ハイキックで迎撃するわ!』

職員「うおおおおおおっ!!」

梓『いやあああああっ!』

デフ「でええい!逆立ちしないと避けれないような攻撃だ!」

紬『当然逆立ちして大開脚よ!』

職員「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!」

梓『いや゛ああああああああああああああああああああっ!!』


デフ「やるわね!」

紬『そっちこそ!』



梓『もう離してください!自分で戦ったほうがマシですっ!!』

紬『あ、あら…そう?』

デフ「くっくっくっ、一人で戦えるのかい?お譲ちゃん」

梓『この恨み…全部あんたにぶつけてやりますっ!それに!』

がしっ!

デフ「!」

唯『ふふーん』

梓『一人じゃないです!二人ですっ!』


梓『クロス…ナッコォ!』 しゅるん

紬『クロスをグローブに!?梓ちゃん、それは!』

梓『この手で殴らないと気がすまないんですっ!てりゃああああっ!』


ぺち

梓『あれ?』

梓『ていっ!えいえいっ!』

ぺち ぺちぺち


ざわざわざわ

「かわいい…」 「連れて帰りたい」 「俺の嫁に」 「妹に」 「養子に」


梓『っ…!』 カァァァァ


紬『梓ちゃん!全裸の戦士は露出度を抑えると戦えなくなるの!』

梓『そ、そんな!』

デフ「すきあり!」 ばしっ

唯『きゃあっ!!』

デフ「クホホホ」 がしっ

梓『は、離してっ!』

デフ「そりゃあ!」 ごろり

梓『きゃーっ!!』


紬『ああっ、梓ちゃんが恥ずかし固めにっ!!』

デフ「クホホホ!どう!?いちばん恥ずかしいところが丸見えよ!?」

梓『ぎゃーっ!ぎゃーっ!!』

紬『ううっ、私には手が出せない…っ』

梓『なんで出せないんですか!助けてくださいよ!助けろおおおおっ!!』


唯『……』

紬『……』

デフ「……」

職員「……」

梓『なんで黙ってるんですか!助けてええ!』

唯『……あずにゃんのおまんこ、きれい…』

梓『はいぃ!?』

紬『ピンク色のあそこがぱっくり開いて…こんな美しい光景は見たことないわ』

梓『そんな感想とかどうでもいいですから!助けてくださいよおおお!!』

デフ「こんなに美しいまんこを見ると…私たちのやってることはなんだったのかって思うよね」

梓『ええっ!?』

デフ「やめだ、やめ!」 ごろり

梓『わあっ!』

職員「ふ、婦長!」

デフ「あたしらのやったことは間違ってたんだよ!こんな綺麗なまんこを持つ子を泣かせるなんて、絶対やっちゃいけないことなんだ!」

職員「婦長…っ!はい!わかりました!」

梓『な、なに…これ…』

紬『やったわね、梓ちゃん!』

唯『あずにゃんのおまんこがみんなの心を動かしたんだよ!』

デフ「ありがとうよ。まんこの綺麗な少女。私たちの目を覚まさせてくれて」


「ありがとう」「まんこをありがとう」 「すてきなまんこをありがとう」
「きみのまんこ忘れないよ」「一生忘れない」「忘れるものか」「脳に刻み付け」


梓『いやあああああああああああああああああああああああああああっ!!!!』




けいおんぶ!


紬「だからね?裸体の美しさに感動させて戦意を奪うのは全裸の戦士の基本戦術…」

梓「知りません!ただの売春婦じゃないですか、そんなの!!」

紬「んもう、売春婦にそんな力はないわよ。いい?全裸の戦士の裸というのは…」

梓「知りません知りません知りません!もう二度とやりたくもありませんからっ!!」

澪「…何があったんだ?病院で」

唯「ああ、澪ちゃんは気絶してたんだよね。あのね、あずにゃんがおっぴろ」

梓「わーっ!わーーーーーっ!!」







くろまく『デビルフチョーが堕ちたか…さすがは全裸の戦士』

くろまく『だが我々は諦めんぞ………むっ』



精神科医「」

>>35「おぎゃwwwwwwせんせいwwwwしんぢゃったwwww」

>>35「せんせいwwwwwwwwせんせい・・・・・・」

>>35「ううっ・・・・ぐすっ・・・うえええええん」

>>35「うえええええええん・・・・・・・びええええええん・・・」



くろまく『おい、そこの池沼』

>>35「あうぅ」

くろまく『力が欲しいか』

>>35「あう・・・?」


                          第一話 完


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 12:15:37.75 ID:JXvmpH/u0
お、パンツ脱いだぞ。
俺の知恵遅れと精神科医とのプレイだな。期待してるぞっ