唯『クロスブレード!』

職員「ぎゃー!」

梓『クロスカッター!』

職員「ぎゃー!」

唯『クロス鈍器!』

^q^「おぎゃあwwwwwww」


職員「撤退!撤退だあ!体勢を立て直すぞお!」


梓『…ふう』

唯『みたかー!私たちのヒーロー力!』

^q^「はだかwwwwはだかwwww」

^p^「しこしこwwwしこしこwwww」

梓『ああウザいっ!!』

ドカバキ

^q^「おぎゃあwwwwwおぎゃあwwww」

^p^「もっとwwwwwwもっとwwwww」 どぴゅ


梓『先輩!ここにはもうキチ…頭のご不自由な人しか残っていません!先に進みましょう!』

唯『だめ。澪ちゃんを運ばなきゃならないから、そんな早くは動けない』

律「ぜぇぜぇ…」

紬「私が代わるわ、律ちゃん」

律「す、すまねぇムギ…」 ゼェハァゼェハァ

梓『う、そ、そうか…』

紬「ほんとは…相手の体制が整う前に脱出したいんだ…よいしょっ!…けど」

唯『だいじょうぶだよムギちゃん。私とあずにゃんが、守るから!』

梓『…はいっ!』


唯『この通路を抜ければロビーに出るはずっ!』

ダダダッ

梓『ここがロビーですか?』

唯『うん、今は誰もいな…あっ!』

看護婦「だめじゃあない、平沢さん…病室に戻ってなきゃあ」

唯『婦長さん……』

紬「……っ! 唯ちゃん!その人は!」

看護婦「言うことォ聞かない患者の世話ワァ、看護婦のォヤァァァクメエエエエィアアアアアッ!!」


バリバリ


怪人「クホホホホホ!デビルフチョーここに誕生!!」

唯『ううっまさか婦長さんが怪人だったなんて…っ!』

梓『いや、いかにもって感じでしょう先輩…クロスカッター!』 ギャリン

デフ「アラァ?アラアラアラ」 ひょい

梓『くっ、避けられたですっ』

デフ「ンモー。アナタたち、ナニ考えてるの?」

唯『みんなを守るんだよっ!』

梓『そうですっ!!』

デフ「ソウじゃなくて。そのカッコ。」

梓『えっ』

デフ「プフっ。アタマ、おかしいんじゃないノ?」

梓『うわあああああああああああああああっ!!』

紬「いけない!精神攻撃!?」

デフ「親に見せられる?そのカッコ。プフフっ」

梓『ううっ、ぐっ、ぐすぐすっ』 ぼろぼろ

唯『あずにゃんをいじめるなあああ!クロスブレイド!』

デフ「クホホホ、おおこわいこわい」

唯『ああこらっ!よけるな!このこのおっ』


紬「いけない…向こうのスピードはブラックより上」

紬「ブラックとホワイトが力を合わせないと、この戦いは…梓ちゃん!!」


怪人「おっと、そうはいきません」

紬「!!」


怪人「フフフ、私はデスケンシュウイー」

紬「くっ…」

唯『ムギちゃん!律ちゃん!!』

梓『先輩から離れろおおおっ!』

デケ「おほ!まるみえ」

梓『っ!ううっ』 へたり

デケ「ぬふふ、こいつらの命が惜しければ動かないことです」

律「ひぃ…っ」

紬「ずいぶん卑怯なまねをするじゃない…」

デケ「ほっほっほっ。勝てば官軍なんとやら」

紬「なんとやらに何が入るのかわからないわ」

デケ「………だまれっ!」

唯『ムギちゃんっ!!』

紬「だいじょうぶよ」 サッ

キュウウウウン

紬「…言わなかった?私はボーボーだって」

デケ「むうっ?なんのマネだ!」

紬「“増毛”っ!!」


『イィィッブ・ファーイン!』 もしゃもしゃもしゃ


紬『陰毛の戦士、キーイエロー!!』 ズシャアッ



デフ「き、キーイエローだと!?」
     . ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
律「ど、どこからともなく伸びてきた黄色の毛がムギの全身を覆い…スーツになった!」

唯『ライダーだライダー!かっこいい!!』

梓(キーボードのキーと黄色のキをかけてるんですね、先輩…)

紬『ギタ因子に続けて発見されたヘア因子…適合者は私』

紬『こんなことで償いになるかわからないけど…私も戦うわ!唯ちゃん!』

唯『ムギちゃん……うん!』

デフ「おのれええ!人質なんかいなくてもお前らなぞヒトひねりよおお!!」

梓(キーボードのキーと黄色のキをかけてるんですね!先輩!!)



6