唯『あずにゃんさっき剃るって言ってたじゃん!』

梓『言ってないですうううぅぅぅぅぅっ!!』

紬「言ったわよ?」

律「ああ…まあ、言ったな。うん。わたし剃りますから!って」

梓『あ!ああ…あああ!言ってたあぁぁ!!!』 ガーン

唯『さささ、あずにゃん』 ガシッ

梓『いやああ!離してください!唯先輩!』

紬「力のブラックに技のホワイト。梓ちゃんが唯ちゃんを振りほどくのは無理ねえ」

シュワワー

梓『じ、自分で剃りますからぁ!!』

紬「だめよ。剃り残しがあったら一大事」


ジョリ…


梓『ひぃ!』




澪「う、ううん……」

澪「いままでのは……夢?」

澪「みんな……」


唯『うおおーう!あずにゃんのおまたがツルツルになってくよー!』

梓『いやああ!見ないで!見ないでください先輩ーっ!!』

紬「暴れちゃだめよ梓ちゃん…ドゥフフ……ドゥフフフフ…」


澪「……」

澪「………」

澪「きゅう」 ぱたん


律「ん?」




紬「よし、これで完璧なギタホワイトよ」

梓『うう、ぐすぐす…』

唯『つるつるのおまんこってかっこいいなー。私も剃ろうかなぁ』

紬「だめよ。唯ちゃんはブラックなんだから」

唯『ちぇー。』

律「おい、それどころじゃないぞ!澪がやばい!まるで悪夢にうなされたような顔して苦しんでるんだ!!」

唯『澪ちゃん!』

梓『…いきましょう!唯先輩!』

唯『うん!クロスソード!』

ドカーン!!



職員A「な、なんだなんだ!」

職員B「あのベルトは…!警報を鳴らせーっ!!」

ヴィーム ヴィーム ヴィーム


紬「いきなり賑やかになったわね」

律「お、おい!こういうの鳴ったら敵が集まってくるんじゃないか!?」

紬「だから集まってくる前に片付けるの!唯ちゃん!」

唯『うんっ!!』 だっ

唯『そりゃきーっく!』

職員A「ぬおっ!」


げしーっ!


職員A「みえ…た」 がくり


B「お、おいっ!」

唯『あずにゃん、なにやってるの!!』

梓『む、無理ですうっ!両手で体隠したらもう何もできませんっ!!』

B「ふざけるなぁっ!」 カシャ

唯『あっ!』

律「ピストル!」

紬「集中して梓ちゃん!ホワイトなら見えるはず!!」

梓『えっ!?』


パン パン!



梓『………っ!』


つまみ つまみ


梓『取れ…た』

B「……ぱいぱん」

梓『へっ?』

梓『……』

梓『いやああああああああああああああっ!!』

ズバシュ

B「ぐへーっ!!」


梓『はぁ、はぁ、これは…ブーメラン?』

紬「全裸の戦士のクロスは自由自在。戦士が求めるものに形を変えるの」

唯『すごいやあずにゃん!クロスブーメランだね!!』

梓『クロスカッターです』

唯『すごい!かっこいい!じゃあ私もクロス…えーと』

梓『クロスブレードとかどうですか?』

唯『それだー!あずにゃん天才だね!』

梓『てへへ』 てれてれ


律「あの…命の危険に晒されてるんだけど。あたしたちは」




パンパン ダダダダ

唯『クロスブレード!』

梓『クロスカッター!』

職員C「くそう!応援だ!応援を呼べえええ!!」

職員D「ちくしょう!なんだあいつら!バケモノか!」


>>35「おぎゃwwwwなにしてんのwwwwwww」

^q^「あうーwwwはだかwwwはだかのおんなwww」

梓『ぎゃあ!なんですかこいつら!!』

唯『クロスブレード!!』

ずばしゅ

^q^「おぎゃあwwwwいたいのれすwwwwwwww」

梓『唯先輩!!』

唯『敵だよ』

梓『えーと、ああ、はい。死なない程度にやりましょう』

^q^「いたいwwwwwwいたいwwwwwwww」




5