律「うわあああ!ムギまでおかしくなったあ!もうおわりだぁ!!」

梓「先輩、落ち着いてください」

唯「へ、変身ってなに?こんな時に」

紬「唯ちゃん、気づいてる?こんな異常事態でもすごく落ち着いてる」

唯「あっ……」

怪人「……ホウ」

唯「そうだ…私、先生を見ても…怖くない」

紬(それは唯ちゃんが…”同じ物”だから。ライオンは同じライオンを見ても怖がらない…)

紬「唯ちゃん!お腹に両手を当てて!」

唯「えっ、こう?」

キュウウウウン

唯「わっ、なんかベルトが出た!仮面ライダーみたい!!」

紬「似たようなものよ!あとは掛け声一つで力を得ることができる!」

唯「か、掛け声!?どんなの?ヘンシン!ヘンシン!」

紬「違うわ!その言葉はずっと唯ちゃんの心の中にあるはず!!」

唯「わたしの…こころのなか!」

唯「…“脱衣”!」


『キャスト・オォフ!』 ばりーん


唯『全裸の戦士、ギタブラック!!』 キャリーン



怪人「ギ…ギタブラックだと!?」

紬「我ら琴吹グループは“あなた達”に対抗する手段をずっと模索し続けてきた…その結晶がこれよ!」

怪人「なにィ!?貴様、琴吹の者かァ!!」

紬「あらあら、敵の顔すら知らないとはずいぶんお粗末な組織なのね?」

唯『ムギちゃーん、これスーツとかないの?』

梓「全裸にベルトだけ…明らかに変態です」

律「いいから逃げようぜ、なぁ…変身したんならこの扉壊してくれよぅ」

紬「全裸の戦士は全裸の時に最も力を発揮する!唯ちゃん!キャストオフしたあなたは最強よ!」

唯『おおっ!よーしやるぞおおお!』 だだだっ

紬「そう…最強のはず!唯ちゃん一人でも…っ」

唯『そいやーっ!きーっく!』

怪人「ぬうっ!!」

どがしゃーん!

怪人「ぐはーっ!!」

唯『すごい!わたしつよーい!!』

怪人「ぐぅ…っ、キックが来るとわかっているのに避けられん…これは!」

紬「うふっふっふっ、“Kekkou Effect”……」

梓「ケッコウエフェクト…?」

紬「あなたが男である限り、唯ちゃんの攻撃は避けられない!!」

怪人「ぬううううっ!!」

紬「唯ちゃん、クロスソードよ!」

唯『クロスソード!?』

紬「右手を前に!剣の形をイメージして!」

唯『むむむっ』

梓「ああっ、唯先輩の服が右手に集まって…」

紬「全裸の戦士の前では、脱ぎ捨てた服は武器となる!」


ジャキーン!


唯『これが…クロスソード!』


怪人「させるかぁ!!」

唯『そいやぁ!』 ギャリーン!

怪人「ぐはぁっ!き、傷が!私の体に傷がぁ!?」

紬「コンクリートを砕く力…銃弾を跳ね返す体…」

紬「あなたはそれを手に入れただけで自分が最強だと錯覚した。立ち止まってしまった!」

紬「それでは勝てないわ、唯ちゃんには!全裸の戦士には!!」

怪人「くっそおおおおおおおおおおっ!!」

紬「唯ちゃん、トドメよ!」

唯『うん!全裸の力を刀に込めて!』

唯『今、必殺の!えーと、ファイナル!あれ、んーと、あれ。斬り!!』

ズシャアッ

怪人「ぐはあああああああああああああっ!」 どかーん

バアァァァァァッ



梓「ああっ、怪人の体が消えて…」

律「中から元の先生の体が…ってうわ、全裸だ」

紬「これこそ必殺のえとファイナルあれんとあれ斬り…」

唯『ムギちゃん違うの!あれは違うのーっ!』

紬「悪しき物を“脱衣”させる、全裸の戦士の必殺技」

唯『ちーがーうーのーっ!!』 じたばた


紬「唯ちゃん」

唯『ムギちゃん!名前は今考えるから!』

紬「ごめんなさい」

唯『えーとね!えー…、えっ?』

紬「全裸の戦士は、ギタ因子を持つものしか適合者になれなかった…」

紬「あなたを全裸の戦士にしてしまったのは……私なの」

唯『ムギちゃん……』

紬「憎んでくれてかまわない。私は許されないことをしてしまったのだから…!」

唯『ううん、ありがとう!』

紬「…えっ?」

唯『だってヒーローだよヒーロー?こんなのなれる人なんて私だけじゃん!』

紬「唯ちゃん……」


律「…私じゃなくてよかったー。いくらヒーローでも全裸は、なぁ?」

梓「…はぁ」




ガラガラガラ…

梓「壁が!もうすこしで崩れそうです!!」

紬「怪人がぶつかったのが幸いしたわね。唯ちゃん」

唯『うん、まかせてよ!クロスソード!』 ジャキン

紬「違うの!待って!」

唯『えっ?』

紬「澪ちゃんが気絶しているいま…唯ちゃん一人で私たち4人は守れない」

律「あ…お、おい!まずいだろそれじゃあ!」

唯『どうするの!?ムギちゃん!!』

紬「……変身よ。梓ちゃん」

梓「はあ。……………はいぃぃ!?」


梓「ちょ、ちょっと!どういうことですか!!」

紬「ごめんなさい。ギタ因子の適合者だったの…あなたも」

梓「いやですよ私!こんな恥ずかしい格好するなんて!!」

唯『恥ずかしくないよ!!』

梓「とんでもなく恥ずかしいですっ!!!!!」

紬「落ち着いて、梓ちゃん。ここは敵の施設…ということはおそらく職員は武装している」

律「お、おいおい……」

紬「二人の全裸の戦士が力をあわせないと…死ぬの。私たちは」

梓「そ、そんなこと…言われてもっ」

唯『あずにゃん…』

梓「ゆ、唯先輩……なんと言われても私は…」

唯『…みんなを、守ろう?』

梓「…っ!」

梓「みんな…先輩…」

澪「」 スゥ スゥ

梓「私が戦わなきゃ…澪先輩が死んじゃうんだ…っ!」

梓「恥ずかしくない、恥ずかしくない、恥ずかしく…ないっ!」 ぐっ


梓「ベルト!こうでしたよねっ!」 ばっ

キュウウウウン

梓「“脱衣”っ!」


『キャスト・オォフ!』 ばりーん


梓『全裸の戦士、ギタホワイト!!』 キャリーン


紬「梓ちゃん!」

律「梓…」

唯『うわあ、あずにゃんボーボーだあー!』


梓『へ…?あ、ああっ、っきゃああああああああああああああああっ!!』 へたり




唯『あずにゃん立って!戦うよ!!』

梓『無理ですこれ絶対無理です戦えません戦えるもんですか!!』 ぷるぷるぷる

紬「そうよ!そのままじゃ無理だわ!」

唯『ムギちゃん!?』

紬「ギタホワイトの白はパイパンの白…毛がはえた状態では力を発揮できない!」

梓『なんですかそれええええええええええええっ!!!』

唯『どうするの?ムギちゃん!』

紬「こんなこともあろうかと私は常に剃毛セットを持ち歩いているの」 シャキン

唯『さっすがムギちゃん!!』

梓『だめ!ぜったいだめええええええええええええっ!!!』




律「なんだこれ」



4