律「あー、そういうイメージあるなー」

梓「そうですか?私はツルツルだと思いますけど」

澪「ムギは普段から身だしなみにも気を使ってるからな」

律「いやあ、案外下の手入れのほうには無頓着でさぁ…」


紬「み、みんな何の話をしているの?」

唯「あのね、ムギちゃんのおまんこの毛についてみんなで話してたの!!」

紬「そ、そう…」

唯「ムギちゃんのおまんこの毛はボーボーなのか、ツルツルなのかって!!!」

紬「ゆ、唯ちゃんもう少し声を落として…ここ通学路だから、一般の人もたくさんいるから」


律「で、実際どうなんだ?ムギのは」

紬「えっ!?えーと…その」

唯「ボーボーだよね!?」

紬「そ、そんなことないわよ!?」

梓「ツルツルなんですか?」

紬「いや、そ、そういうこともないわよ?」

律「どういうことだよ!?」

紬「常識の範囲内よ!!」

唯「それじゃあわかんなーいー」 ぶぅー

紬「そんなこと言われても…」

澪「まあ口で説明するのはなかなか難しいよなぁ」

唯「そうか!じゃあ見せてよ、ムギちゃんの!!」

紬「ええっ!?」

唯「悪貨は良貨を駆逐するっていうじゃん!」

紬「わけがわからない!」

唯「みればわかるっていみだよ!」

紬「ちがうわ!それ絶対違う!!」

唯「いいじゃーん」

紬「その前に!ここ通学路なのよ!?」

澪「…通学路じゃなきゃいいのか」

紬「いや駄目だけど!ああいや、え?あ、うー」


律「ムギがこんらんしている」

梓「そりゃこんな道端でいきなり脱げとか言われたら私だってああなります」


紬「ゆ、唯ちゃんよく考えて?唯ちゃんが私なら、こんな所で裸になるのは嫌でしょ?」

唯「え?そんなことないよー」

紬「えっ?」


唯「ほら!」


すぽぽぽぽーん


『きゃーーーーーーーーーーーっ!!』

『うっひょおおおおおおおう!!』

『痴女だ!痴女が出たぞーーーー!!』

『警察を!いや病院だ!アグネスを呼べーっ!!』


紬「ゆ、唯ちゃん!」

唯「こんなことで恥ずかしがるほうがへんなんだよー」 えっへん

澪「お、おい唯!早く服を着ろ!」

律「何考えてんだおまえはっ!!」

唯「もー、みんな体制に捕らわれすぎ」

梓「わ、わたし先に学校行ってますから…」すたすたすた

唯「これこそがロック!私のロックだよ!!」

澪「違うそれは違う」

紬「ゆ、唯ちゃん……」

唯「みんなが服を着るのが当たり前と思ってるのなら!まずはそのふざけた服飾文化をぶち殺…」

男「きみ、ちょっといいかな」 がしっ

唯「えっ?」

唯「わ!なにするの!ちょっとはなして!はなしてよおお!」

ガチャ ガラガラガラ! バタン

唯「みんなああああああああ!!」

ブルルルルル……



澪「………」

律「…唯が黄色い救急車で連れてかれちまった」




精神科医「そうかー、社会への反逆かー」

唯「そうだよ!ロックなんだよ!!」

医「なるほどねー。ロックねー」

唯「そうだよ!先生も脱いだ方がいいよ!」

医「先生はねー、寒がりだから脱げないんだよー」

唯「むー。もっと体を鍛えなさい!」

医「ははは、こりゃすまないねー」




精神科医「入院が必要です」

憂「ええっ!?」

医「社会生活を送る上で必要な常識を取り戻すまで、投薬とカウンセリングを受ける必要があります」

憂「そ、そんな…」




けいおんぶ!

律「……どうすんだこれ」

澪「どうもこうも…」

梓「まさかこんな形で唯先輩がいなくなるなんて…」

紬「ごめんなさい…元はといえば、私があそこで脱いでいれば…」

梓「そうしたら今度はムギ先輩が入院するだけですよ」

紬「うう…」




びょういん!

唯「もー、なんでこんなとこにいなきゃならないのー?」

>>35「あうーwwwwwあうーwwwwwwwww」

唯「へんなひともおおいし…」

唯「ぬいじゃえ!」

ばばーん!

>>35「むほーwwwwwにょたいwwwwにょたいwwwwwww」

唯「きゃあ!なにするのへんたい!!!」

職員「おい、なにしてる!」

職員「ひきはがせ!とりおさえろ!!!」


精神科医「どうしてあんなことをしたんだね」

>>35「だってwwwwwにょたいがwwwwwwwにょたいがwwwwww」

精神科医「きみには私がいるじゃないか」

>>35「むほwwwwwwwwwwwwwwwwww」




ちゅっ




がしゃん!


唯「ちょっとなにこの服ー!脱げないよこれじゃー!」

職員「まさか初日で拘束衣を着せるはめになるなんてな…」

職員「しょうがないでしょ、何度着せても脱いじゃうんだから」

唯「むーっ!体制の犬めー!」


唯「こんな服、私にかかればちょちょいの…」 もぞもぞ

唯「ちょちょいの…」

唯「ちょ、ちょっ、ちょ…っ」

唯「……」

唯「はぁ、はぁ、はぁ…」

唯「…だめだー」


唯「……」

唯「……」

唯「…たいくつ」

唯「……」

唯「…みんなどうしてるかなぁ」

唯「………」

唯「憂のごはん、たべたいなぁ」




精神科医「じゃあ、もう大丈夫だね」

唯「……うん」

精神科医「もう服は脱がない?」

唯「…ここには変態がいるから。脱ぎたくない」

精神科医「…ふむ。変態がいなければ脱いでも平気?」

唯「………」

精神科医「ふむ」



2