─おまけ 第参話─


梓「好きな人の苗字と自分の名前を合体させて

  妄想に浸ったりしますよね」

澪「わかりにくい」

唯「どういうこと?」

梓「たとえば平沢梓、とか……キャッ♪」

澪「唯はどう思う?」

唯「あずにゃんと関わりたくないなぁと思ったよ」

梓「まぁそれが普通の反応ですね」

唯「ごめんね」

梓「ところでココに唯先輩の靴があるんですが…」スッ

唯「あっ、わたしの外履き」

梓「クンカクンカスンスンスゥ~~~~~~~、あぁあぁとてもいい気持ちだなぁ」クンカクンカ

唯「あずにゃんの人生はそれでいいの?」

梓「うそです、靴はお返ししますよ」ハイ

唯「なんだうそか、ビックリしたよ~」ホッ

澪「思い切りニオイを嗅いでおいて何がウソなんだ」

梓「さいきょう!!最強!!」ウギャァアア

澪「ついに気が狂ったか」

梓「ふふ。今、私の肺の中は唯先輩の足の香りで満たされています!!最強!!」

澪「それがどうした」

唯「やっぱりくるくるってるね」

澪「何か強いショックを与えれば

  元のかわいい梓に戻るかも知れないぞ」

唯「よ~し」

 「あずにゃんの為にがんばるぞ~!!」

梓「お~!!」

唯「じゃあ憂から借りたスタンガンでバチン!!しようね」

梓「やめましょうよ、そんなこと」

唯「でも あずにゃん、『お~!!』って…」

梓「言葉のあやですよ」

澪「言葉のあやって、言葉巧みな言い回しのことだけど

  『お~!!』のどこが言葉巧みな言い回しなんだ?」

梓「わかりません……」

唯「じゃあ仕方ないよね、バチンしよう?」

梓「はい…」

唯「」バチン

梓「ん゙に゙ゃ゙あ゙あ゙!?」ガクンガクン

唯「あっごめんごめん」

梓「ふぅ」

澪「いい顔してたぞ」

唯「」バチン

梓「ん゙に゙ゃ゙あ゙あ゙!?」ガクンガクン

唯「大事なことなので二回言わせました」フンス -3

澪「偉いぞ~唯~!」ナデナデ

唯「えへへ」

梓「負けないもん!!」

澪「そうか」

梓「ところで私の属性は唯先輩のパンツ属性です」

唯「何言ってるのこの子」

梓「唯先輩のパンツを頭に装着することで痛手を負った私のHPが完全回復します」

唯「……」チャ

梓「あーっと、唯先輩が再びスタンガンを構えたー!!」

 「そして今…」

唯「」バチン

梓「ん゙ごぉ゙ぉ゙ぉ゙る゙!?」ガクンガクン

澪「本当にいい表情だ」

唯「あずにゃんがいけないんだよ」バチン

梓「痛い!!愛が痛い!!」ガクンガクン

 「さぁここで平沢梓!!なんとトンちゃんの水槽にダァァイブ!!」トポン

澪「おっと、これで梓にスタンガンを使えばトンちゃんまで感電してしまうなぁ」

㌧「ぷくぷく」

唯「智将あずにゃんだね」

梓「まかせてください」

澪「でも逆にそこから動けないという事でもあるぞ」

唯「すばしっこいあずにゃんが本気で逃げたら、私たちでは捕まえられなかったのにね」

梓「ギクリ」

澪「策士 策に溺れる」

唯「あずにゃんピーンチ」

澪「先をねじったティッシュを鼻の穴に突っ込んで

  いっぱいいっぱいクシャミさせてやるからな」コチョコチョ

梓「んにゃ…ハックションヘックション!!」

澪「おやおや、梓の頭の中の毛細血管がどんどん破裂しているぞ」

梓「はわぁ…ハックシュン!!」プチュピチュ

唯「地味に怖い攻撃だよ」

梓「わあぁん、毛細血管を助けて!!」バシャッ ダダッ

唯「あずにゃんが水槽から脱出したよ」

澪「ははは、待て~」タタタッ


澪「!?」ガッ


┣¨ンガラガッシャ~~ン!!


澪「わぁあ!?」

梓「あ~っと澪先輩が律先輩のドラムセットにダァ~イブ!!」

唯「だ、大丈夫?」

澪「イタタ…コードに足ひっかけちゃったよ…」ヨロリ

梓「あ」

澪「ん、どうした?」

唯「りっちゃんのドラムセットが粉々だね」

澪「」

澪「う、うそだろ……?」ガクガク

梓「死んでるんだぜ、それw」ププーッ

澪「わ、笑い事じゃないよ!どうするんだよ!!」

 「律にハチャメチャに怒られちゃうよ!!」

梓「私関係ないですし」

唯「澪ちゃん おしまいだね」

澪「やだよ!!おしまいたくないよ!!」

梓「まぁ単に部品が外れただけのトコもあるようですし

  組み立て直してみましょうよ」

澪「うぅっくそっ、梓が粉々にしたらよかったのに」

 「いや、いっそ梓が粉々になればよかったのに」ガチャガチャ

カチャカチャ

澪「ふぅ~。よし、ドラムセット直ったぞ!!」

唯「とりあえず元のカタチにはなったね」

梓「一安心です」

澪「一時はどうなるかと思ったよ~」

梓「…ちゃんと音は出るんですかね」

澪「……よし、唯やってみてくれ」

唯「や、やだよ!!だって叩いたら セ ロ テ ー プ とれちゃいそうだもん!!」

澪「バカバカ!!セロテープなんて見えないよ!?」

 「なぜならセロテープは透明だから!!」

梓「澪先輩、一瞬現実逃避しましたが このドラムはもう死んでますよ」

澪「うわぁあぁぁああ!!石川あああ!!戻ってこおおおーーーい!!」

梓「い~まからそいつをっ♪」

唯「これから~そいつを~♪」

唯梓「な・ぐ・り・に~行こうか~♪YAH~~~♪YAH~YAH~♪YAH~YAH~YAH~YAH~♪」

澪「お前らそんなに楽しそうなのは何故なんだよ!?」

澪「くっ、こうなったらイチかバチかに賭けてみよう」

 「ひょっとしたら逆にいい音になってるかも知れない」

梓「ないないww」

澪「くそっ、頼むぞ」チーンチーン

ムバ~ン ジャバーシュ バババヒーン ギバーッ ぬちゅっ

梓「ぅわっ…」

唯「なんかアストロ球団の擬音みたいになっちゃってるよ!!」

澪「バウワーッ;;」ウェ~ン

澪「律のだいすき~なドラ~ムセット♪

  と~っても大事にしてたーのにー♪壊れて出ない音~が~ある~♪」ヒヒッヘホホww

唯「澪ちゃんの精神が粉々になっちゃった」

ガチャッ

律「おぃーす」

澪「パッキャマラアアアアアアア!?」オ?

紬「どうしたの澪ちゃん、クラリネットでも壊したかのような奇声をあげて」

澪「そそそsんnあワケないだろ」

梓「ドとレとミの音が~出な~い♪」ゲラゲラww

澪「わあああああああああ」バチン

梓「ん゙に゙ゃ゙あ゙あ゙!?」ガクンガクン

澪「ハァハァ」

律「ちょ!!澪!?なに梓にスタンガンかましてんだよ!?」

澪「今こういう遊びが 小学校で流行ってるんだ」

紬「へ~今の子はスゴいのねぇ」

唯「(そんなワケないよ)」

律「なんだそうなのか、今時の小学生は進んでるなぁ~」

 「よし澪、私にも貸してくれ」

澪「え?」

律「」バチン

梓「ん゙に゙ゃ゙あ゙あ゙!?」ガクンガクン

律「わー♪いい声!!鈴虫なんかよりよっぽど おもしろい声だぜww」バチン

梓「ん゙に゙ゃ゙あ゙あ゙!?」ガクンガクン

律「あはばばbばばww楽しいな梓ww」バチン

梓「ん゙に゙ゃ゙あ゙あ゙!?」ガクンガクン                                            ドラ「なに見てんだよ」

律「コキキキキケケッキwwwwww」バチン

梓「……」ビクンビクン

唯「さ、さすがにあずにゃんが死んじゃうよ~」ガシッ

梓「プスプス」

律「え、その境界線を楽しむゲームじゃないの?」

澪「(言えない…こんな狂人にドラムセットを壊したなんて絶対言えない…)」

律「いや~wwなんだか気分爽快!!」スッキリ

 「それじゃ気持ちよく練習すっか!!」

澪「なんでだよ」ガンッ

律「イテッ!!」

 「って、えっ?なんで今アタシ叩かれたの?」

 「練習しようって言ったんだぞ?」

澪「練習なら昨日しただろ!?まずは お茶なんだよ!!」

律「はぁ」

澪「ムギ、お茶を入れてくれないか」

紬「え?う、うん、ちょっと待っててね」カチャカチャ

澪「ほら律!膀胱カラッポにした方がお茶おいしいぞ~?」

律「それもそうだな!!アタシ、ションベンしてくるぜ!!」ガチャ


澪「…………ふぅ、なんとか乗り切ったぞ」


唯「全然乗り切ってないよ!!すぐバレちゃうよ!!」

澪「なぁにアイツは基本的に練習嫌いだから

  うまくやれば卒業までいけるって」

唯「この人、卒業まで練習しないつもりだよ!!」

 「まぁいいけど」

紬「さっきからどうしたの?なんだか様子がおかしいけど」

澪「……」

 「ムギ。ちょっとドラムを叩いてみてくれないか」

紬「え?」

澪「私達、友達だろ?」

紬「!!」

 「わかったわ!!」チーンチーン


ギアアアアーンプ♪ ギギギギムン♪ 
バガッ バン ズザッ ボオオオ ゴオボーッ♪ 
「ウアアーッ」 バタバタ♪ ウアアアアア 
ウウウ~♪ ピポーピポー…… クチュ

紬「えっ、なにこの音…!?」

澪「グュイーッwwwムギが壊したwムギが律のドラムセット壊しちゃったよぉwwww」

唯「澪ちゃん…」

紬「ど、どうしよう、私…」オロオロ

唯「大丈夫だよムギちゃん、壊したのアイツだから」

澪「ズギロアアアーッ!?唯にアイツ呼ばわりされちゃったよおおおお!?」ギャァアア

澪「ごめんな」

紬「そ、それはいいけど…とりあえず土下座してくれれば…」グスッ

澪「本当にすいまてん」ヘコヘコ

 「これでいいか」

紬「うん…あと まんぐり返しの態勢でケツの穴にピロピロ笛を奥まで突き刺して

  ぴょろろろろってやってくれれば…」

唯「物置にピロピロ笛あったよー」

紬「じゃあ刺すわね」

ずぷ

唯「さぁ澪ちゃん、屁をこいて!」

澪「」ピョロロロロピョロロロロ

律「おーす、これで膀胱スッカラカンで お茶がウマイ!!」ガチャ

 「ん?なんで澪は まんぐり返しの態勢でおしりの穴にピロピロ笛突き刺して

  ぴょろろろろってやってるんだ?」

澪「愉快だろ?」ピョロロロロ

律「一理ある」

コポコポコポ

律「あー、うまいな!お茶は!!気絶している梓にも飲ませてやるか」ショロショロ

梓「」ゴボゴボゴボ

唯「あずにゃんの鼻や目から紅茶が流れ出してきたよ」

律「ど、どうしよう、もしかして死んでるんじゃないだろうな?」ギクリ

澪「あっ、これで律が捕まればドラムを壊したこと謝らずにすむな!」

律「えっ」

澪「えっ」


20