─おまけ 第壱話─


紬「もうすぐ梓ちゃん、キャットフードよね」

梓「めぁっ?」

律「どうしたんだムギ」

澪「ひぃぃいい!?あ、梓をグチャグチャの細切れにして

  ネコに食べさせちゃう気なのか!?」ワクワク

紬「あっ、ごめんなさい」

 「『もうすぐクリスマスよね』と言おうと思ったんだけど

  今日の梓ちゃんのおやつをキャットフードにしようと思っていたのが

  ゴッチャになっちゃって……」

唯「な~んだ」ホッ

梓「ホッ、じゃないですよ」

 「どうして私のおやつだけキャットフードなんですか」

紬「梓ちゃんの『あずにゃん』とネコさんをかけてみましたぁ~」

唯「わぁ、かわいい~!!」パチパチパチ

梓「心はウンコのように汚れていますけどね」

律「!!」

 「お前!!全国のウンコとお百姓さんに謝れ!!」

紬「なんでウンコとお百姓さんを同列にしたの?」

律「だってアイツら、畑に獣のウンコをまき散らす獣姦スカトロマニアなんだろ?」

澪「貴様が謝れよ」

紬「はい、梓ちゃん、どうぞ」コト

梓「本当にキャットフードを出しやがった」

律「ホホッwwwwアタシたちはケーキだぜーーーーーwwwwwwwwwwwwwwww!!」キャホキャホキャッホォォォッ

梓「ズルイです!!私もケーキ食べたいです!!」

澪「図々しいヤツだなぁ」

紬「でもそのキャットフード、一缶10万円するのよ」

澪「ポ」

唯「じゅ、じゅうまんえん?」

紬「100円のおまんじゅうがいっぱい食べられそうね!」

唯「じゅうまんだもんね!!」

律「じゅうまん!!まんじゅう!!」キャッキャッ

唯「やったー!!」ピョンピョン!!

梓「私、このキャットフード返すので10万円ください!!」

澪「いろいろおかしいぞ」

律「10万円もするキャットフードってなんなの?」

 「何入っているの?」

澪「マグロのいい所が入っているんじゃないかな」

梓「でも仮に この小さな缶詰いっぱいに大トロがカッつまってても

  10万円もしないのでは…」

律「……なぁ梓、一口くわせてくれよ」

梓「ダメです」

律「!!」

 「お、お前独り占めする気か!!」              バナナ

梓「このキャットフードは私だけの宝物です!!」

澪「くそっ、なんてヤツだ!!」ウォォォッ

 「私たちもキャットフード食べたいよ!!」

梓「図々しい人たちだなぁ」

紬「唯ちゃんは参加しないの?」

唯「私、さかな嫌いなんだ~」

紬「あっ、私も~」

 「魚の間のヌケたツラを見ているとブッ殺したくなってくるわよねぇ」

唯「そ、そこまでキライじゃないよ」ガタガt

紬「まぁまぁ。私達はケーキを食べましょう」

律「え~」

澪「そりゃケーキは嬉しいけど、あのキャットフードの好奇心の前には

  ありがたさもカスんじゃうよ」

梓「あ~、おいちいなぁ10万円のキャットフードwwwwおいちぃおいちぃwwww」ペチャペチャ

律「くそっ、いちいち値段を強調しやがって」

澪「ど、どんな味なんだ?」

梓「絶対に教えませんよ」

律「くそっ」

唯「あっ、でもこのケーキもおいしそうだよ!」

澪「うん、確かに」

律「ちなみにこのケーキいくらするんだ?」

紬「2000000000円よ」

律「

澪「20億」

唯「100円のおまんじゅうが2000まんこ買えるね!!」

紬「や、やった!!」カチッ

 「唯ちゃんが、ま●こって言ったのを録音したわwwww!!」

 「島を売った甲斐があった!!」

律「ム、ムギの奴、まさか こうなる事をすべて予測して…!?」

澪「おそろしい変態だね」

澪「ていうか本当に20億もするの、このケーキ?」

紬「えぇ」

律「えぇ、って…」

 「10万円の料理は存在しそうだけど

  どうやったらケーキが20億もするんだよ……」

唯「まぁいいから食べてみようよ~!!」

澪「いいのかよ!!スゴク気になるだろ!?」

唯「ならないよ~」

澪「そうか」

梓「じゃあ そのケーキ、全部ください!!」

澪「どんな話の流れだよ」

律「貴様はどこまで図々しいんだ」

紬「梓ちゃんにも ちゃんとおやつ あげたのに」

梓「20億円のケーキに比べれば、あんなキャットフード

  ネコのエサ同然ですよ!!」

澪「まぁネコのエサだからな」

唯「でも私はシーチキンの方が好きだよ~」

律「なぁ、シーモンキーって食べたことある?」

梓「子供のころ、ごはんに ふりかけて食べました」

律「アタシは卵焼きに入れて喰ったぜ」

紬「シーモンキーってなぁに?」

澪「海猿の肉だよ」

律「そういえばもうクリスマスなんだよな~」

紬「そうなのよ」

澪「受験生の私達には関係ないけどな」

唯「やっぱりサンタクロースのしわざか!!」ガタン

澪「何がだよ」

梓「唯先輩っていまだにサンタさんの事、信じていそうですよね」

唯「信じないよ。もう二度と信じるもんか」

紬「なにかあったの?」

唯「子供のころ、寝ている私の枕もとに

  プレゼントをおいたサンタさんのあとをコッソリつけていったら

  ね、寝ていた お、お母さんをレイプしてた……」グスッ

澪「

律「


紬「やった!!」カチッ

 「唯ちゃんが、レ●プって言ったのを録音したわwwww!!」

 「僥倖ッ・・・!!僥倖ッ・・・!!」

律「あのな、唯。サンタっていうのは……」

梓「待って下さい!!バラしちゃ子供の夢が壊れちゃいますよ!!」

澪「夢も希望もあったもんじゃない」

唯「あずにゃん!!あずにゃんはサンタの正体を知っているの!?」

梓「わ、」

唯「わ?」

 「和ちゃん!?」

澪「いい加減、幼馴染の名前を覚えてやれ」

律「『わ』って何を言いかけたんだ」

梓「将来、『わ』たしのお義父さんになる人ですって…」

澪「こいつ、唯と結婚する気でいやがる」

紬「図々しいわねぇ」

唯「サンタがあずにゃんのお父さんってどういうこと?」

澪「たまには自分で考えてみるんだな」

唯「……あの時、お母さんをレイプをしてできた子供が、

  あ ず に ゃ ん だったんだ!!」

梓「はい」

律「お前は一体、どこへ辿りつくつもりだ?」

唯「あずにゃんはアイツの娘だったんだ……」

 「でも父親は父親、娘は娘」

 「私はあずにゃんを憎まないよ」

梓「唯先輩……」グスッ

律「その涙はなんの涙だ」

澪「ところで今年は『おおみそかドラえもん』を放映しないらしいね」

紬「秘密道具のかわりに大工道具しか出さないドラえもんなんて誰も見たくないもの」

さわ子「私は逆に見てみたいわ」ムシャムシャ

律「あっ!!」

澪「この先公、20億円のケーキを食べちゃった!!」

紬「失礼します!!」ボゴォォン!!

さわ子「げぇぇぇっ」ビチャビチャビチャ

律「に、20億円のケーキのゲロはうまいのだろうか」

澪「おい、梓。喰っていいぞ」

唯「それいけあずにゃんにゃん」

梓「はい!!」ゾクゾクッ


おまけ 第壱話 おわり



─おまけ 第弐話─


梓「純にヒドイことをしよう」

憂「やろうやろう!!」

純「もうなんかストレートに想いをぶつけてくるようになったよねキミたち」

憂「小細工はキライだもん」

梓「そうそう」

純「それで何をする気?」

梓「あっ、う~ん」

 「それは考えてなかったや」

憂「じゃあ純ちゃんに このバナナを

  グシャグシャに叩き潰してもらうというのはどうかな」

梓「いいね」

純「えぇっ、ダメじゃん!食べ物を粗末にしちゃ」

梓「ふふっ、純には この罪悪感を一生、背負ってもらうから」

憂「バナナを食べるたびに今日の殺生を思い出すといいよー」

純「むむ……」

純「おりゃっ」グチャッ

梓「!?」

憂「きゃあああああ!?」

梓「ば、ばななわばなわばばばb!?」ガタガt

憂「ほ、本当にバナナを潰しちゃった!!」

グチャッ グチャッ

純「これで満足?」

梓「あ…」

純「ふぅ~」

梓「じゅ、純……」

憂「ご、ごめんね、純ちゃん!!まさか本当に純ちゃんがバナナを潰すなんて思わなくて…」グスッ

純「いいよ、別に」

 「私は一生、バナナを潰した罪悪感を背負って生きていくから」

梓「怒らないで!!わ、私、そんなつもりじゃ……」

純「もういいって言ったでしょ」

梓「き、嫌いにならないで……」グスッ

純「はい、ミキサー」ゴト

憂「え…?」

梓「こ、これって……?」

ミキサー大帝「俺!?」

純「知ってるよ。憂も梓も本当は優しい子だって」

 「ほら、このミキサーに、潰したバナナと牛乳を入れて

  おいしいバナナオレを作ろう?」

ウィィィガアァァァア

憂「あっ、グチャグチャになったバナナが新しい生命に生まれ変わっちゃった!!」

梓「すごいやー!!」

梓「ゴクゴク、おいしい~」プハ~

純「ふふっ、梓ったらミルクのおヒゲがついてるよ」ゴシゴシ

梓「んぅ…」

憂「あっ、ズルイよ~。純ちゃん、私も拭いて!!」

純「あはは、憂ったら。おヒゲがついてないのに何を拭けっていうのかな」

憂「いいから~、ゴシゴシやってゴシゴシ!!」

純「はいはい」クスッ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

純「という夢を見たよ」

憂「バカじゃないの?」

梓「死ねばいいのに」

純「ストレートに想いをぶつけてくるのは夢じゃなかった」


おまけ 第弐話 おわり



19