─29話─


純「ふぁ~あ」ムニャムニャ

梓「どうしたの、純。なんだか眠たそうだけど」

憂「ヒント:パトラッシュ」

梓「あぁ、もうすぐお迎えが来るんだね…」

憂「ランランラ~ ランランラ~♪

  ズィンゲン ズィンゲン クレーヌ ヴリンダーズ♪」

梓「ランランラ~ww ランランラ~ww」

憂「ズィンゲン ヴリンダーズ ラ~ラwwwWWW♪」

梓「さようなら純」

純「遠まわしに死をイメージするの、やめてくれないかなぁ」

憂「純ちゃんにしては するどい」

梓「それで どうして眠たいの?」

純「うん。実は最近、クロスワードパズルにハマってて夜更かししちゃってさぁ」

憂「やっぱり すごいくだらない理由だったね」

梓「仕方無いよ。クロスワードを解くか、トカゲをミキサーに入れて殺すかしか

  楽しみのない人生だもん」

純「他にも楽しみはあるし、私はトカゲにそんなヒドイ事しないからね?」

憂「純ちゃんの人生に果たしてどんな楽しみがあるというの?」

純「こ、恋とか」

梓「こ、恋!?」

憂「はしゃぐ恋は 池のコイ!?」

梓「胸のタイは 抱かれタイ!?」

憂「ワ・ケ・も、分からずに♪」

梓「純は死んだww」

憂「イェーイ!!レッツパーリィ!!」ヒャッホーwww

純「キミたち」

梓「そういえば昨日、先輩たちと

  おいしいクレープ屋さんを発見したんだ~」

憂「お姉ちゃんもそこでクレープ食べたの!?」

梓「食べたよ」

憂「私もそのクレープ屋さんに行きたい!!」

 「お姉ちゃんと同じクレープ屋さんに行ってお姉ちゃんと同じクレープを食べて

  お姉ちゃんと同じ想いを抱きお姉ちゃんのお姉ちゃんによるお姉ちゃんのための

  イギだい゙!!」┣”ン!!

梓「よし、じゃあ行こう!!」

憂「行こう行こう!!」

純「あれ?ちょっと待ってよ。今、友達が恋の話をしかけてたよね?」

梓「ともだち~♪ともだち~♪と~き~ど~き♪ケンカをし~て~♪」

憂「フンフフンフ~ン♪顔中~、怒った~りも~する~け~ど~♪」

梓「ケ~ン~ジ~くん、遊びましょ~」

純「そのともだちじゃないよ!!」

梓「どうせ恋の話なんてウソに決まってるし」

純「まぁそうだけど」

憂「純ちゃんのくせに、恋バナで私達の気をひこうなんて健気だよね」

梓「じゃあ今日はあえて純を好奇の目で見つめてみるよ」

憂「どんな虫ケラだってファーブル先生にかかれば

  長所の2つ3つは見つかるもんね」

純「虫ケラじゃないもん!」

純「そもそも梓たちは私に対して関心が薄すぎるよー」

憂「梓たち?」

純「ん?」

憂「そこは『憂たち』じゃないとマズいよね?」

純「なにが?」

梓「いや、『梓たち』でいいと思うよ」

 「だって純はなんだかんだいって私の事が好きだもんね」

純「ん?」

憂「それはないよ」

 「純ちゃんは本当は私の事が好きだけど

  私のお姉ちゃんへの想いを知っているから

  グッとこらえて私を想ってクチュクチュしてるんだよね?」

梓「そんなことないよ!!純は私でグッポグッポしてるもん!!」

憂「違うよ!!私でドッチュバッチュンしてるんだもん!!」

純「えーっと、これはどういう展開?」


─たぬき神社─

ドラ「ははぁ。なるほど、2人はツンデレだったんだね」

純「ツンデレ?」

ドラ「プリッキュア♪プリッキュア♪」

純「だまれ」

ドラ「普段は純ちゃんに冷たく当たっておきながら

  実はすごく独占欲が強いんだ」

純「そ、そうなの?」

ドラ「憂ちゃんも梓ちゃんも唯ちゃんが本命なんだけど 

  純ちゃんが自分以外のことを好きになるのは、すごくイヤなんだよ」

純「それは私は喜んだらいいのか、なんなのか」

ドラ「さっき憂ちゃんたちが『人の心を支配する道具出して』と

  言ってきたのはそういうことだったんだなぁ」

純「ちなみにその道具は貸したの?」

ドラ「むしゃむしゃもしゃもしゃむしゃむしゃもしゃもしゃむしゃむしゃもしゃもしゃむしゃむしゃもしゃもしゃ

  むしゃむしゃもしゃもしゃむしゃむしゃもしゃもしゃアリーヴェデルチ」

純「ドラえもんがドラ焼きを山ほど食べている」

梓「じゅ~ん」タタタ

純「さっそく梓が弓矢をもって走ってきたよ!」

ドラ「あれはキューピッドの矢だ」

 「アレで撃たれた人は矢を放った人を大好きになってしまうんだ」

 「未来では、オタクがあの道具で幼女を射って社会問題になっている」

純「そりゃそうだろうね」

ドラ「でもアレで女子校生を射ることで少子化問題は解決しそうなんだ」

純「そんな話聞きたくないよ!!」

ドラ「100体のメタルアグネスが日本中のオタクを駆除してまわってるよ」

純「22世紀になっても存在してたんだねアグネスは」

憂「純ちゃ~ん」タタタ

純「憂も弓矢を持っているよ!」

ドラ「あれは和弓だよ」

 「アレで心臓を射られると死ぬ」

純「見れば分かるよ」

憂「純ちゃん、死にたくなかったら私の事だけを考えてほしいなぁ~」

ドラ「憂ちゃん、そんな道具で人の心を支配しようだなんてやめるんだ!!」

梓「でも出したのはドラえもんだよね」

ドラ「そうなんだよね」

純「今日はなんて水曜日だ」

梓「純なんかどうでもいいけど

  憂とイチャチャしてたらなんかムカつくと思うんだ」

ドラ「ヒューwwこれはガチ百合だよ!!誰が何と言おうとガチ百合だよ!!ね!?」

純「知るもんか」

梓「というワケで憂の思うようにはさせない!!」

 「キューピッドの矢をくらえ!!」ピュッ

憂「北斗神拳奥義 二指真空把!!」ピッ

ドラ「あっ!!梓ちゃんの放ったキューピッドの矢を指で受け止めて返した!!」

梓「はぅっ!!」ドスッ

ギュピピ~ン

梓「憂~好き~」スリスリ~

純「キューピッドの矢の効果が梓に…」

梓「うい~」

憂「あれっ、そうやって甘えられると梓ちゃんが かわいく見えてきたよ~」ナデナデ

梓「えへへ…」ゴロニャン

純「なにこれ」

ドラ「結局、純ちゃんはいらない子だったね」

純「いいんだ、それで世界が平和なら」

ドラ「純ちゃん……」

 「ナイスモップ」


29話 完



─30話─


    ドラえもん!
    律のヤツが全然、練習しないんだ。

    少しはマジメになる道具を
    出してくれないかな?


        _ _
        '´   ヽ -3             よ~し
        ll lllメ从l)ゞ          /≡ヾ
        | ||l゚ 0゚ノ|l          l◎◎|| 
        | i/^lYl|ヽ          キ●キ|| ゴソゴソ
       ノ_リ/〉l:ll>>         /`ε^ヽ
         (ヨ/ツツゝ       ((  ヾヽ// |  ))
         | | | |           lヽフ丿o
         lll lll            lll llll~
         (__) L`つ         (^)(⌒)     


テケテテン    ドラ『やめられなくなるクスリ~』


    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,   
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,    
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''    
        ||______________________
 / ̄||――┼――-|.....  |.....  |.....  |.....  |.....  |.....  |.....  | |====┐____
/  . ||――┼――-|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.| |====┘ ̄ ̄ ̄ ̄
         ||ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 最初は このクスリを
 りっちゃんにタダで使わせて
 中毒症状が出てきたら
 これをエサに練習させるんだ

                         すごいすごい!!


                    _ _
    /≡ヾ           '´   ヽ  なんかミュージシャンっぽいぞ~!!
    ||◎◎|     タタタッ  ll lllメ从l)ゞ
    ||キ ●キ          || ||l゚ワノ|l        。
    バヽ③_        ノ/^lYl|ニニllつl-||ニニl- ゚っ
   / (λ)  ○      ノノO.〉l:ll
   / /   l ̄   -=三   /ツツゝ
  ○l ヽフl         l`≡//ノ  
    llll^ lll         U // 
   (⌒) (^)    (;;;,,,),,,,)三ヾヽ  


            
    /≡ヾ    
    ||◎◎|    
    ||キ ●キ    
    バヽ③   
   / (λ)ヽ
   / /   l|  
  ○l ヽフl_)    
    llll^ lll    
   (⌒) (^)   


.    /≡ヾ    
.    ||◎◎|    
.    |キ●キ|    
.    ハ⑧/  
   /(λ)ヽ
   / /   l|  
  ○l ヽフl_)    
    llll^ lll    
   (⌒) (^)  


30話 完



─31話─


梓「眠いのに律先輩がわざとオデコをまぶしくしてイジワルする」

律「ん?」ピカッ

梓「いい加減にしてください」イラッ

律「いやいやいや、どっちかというと怒っていいのは

  アタシの方だからな?」ピカピカッ

梓「あっ!!また そうやってわざとまぶしくして…」

澪「おいハゲ。梓がかわいそうだろ」

律「ハゲっていうなよ!!生え際があやしいのはお前だろ!!」

澪「うるさいよ!うるさいよ!」

 「オ●コ丸出しで外を出歩くヤツに言われたくないんだよ!!」

律「オデコ丸出しで何が悪い」

梓「大体なぜそこまで額を出したいんですか露出狂ですか」

律「なぜって………かわいくね?」テレッ

澪「なに言ってんだ お前。 あっ、狂牛病?」

律「おい…真顔でそういうこと言うなよ…傷つくだろ…」シュン…

梓「元気出してください律先輩」

 「落ち込むなんてらしくないです」

 「ホラ、狂ったサルみたいにドラム叩いてくださいよ」

律「ワキャwwwワキャキャキャキャwww!!」ジャンジャン

梓「うるさいッ!!」

律「えー」

梓「最近、よく眠れないから ぐっすり眠ろうと思ったのに」

律「部室でかよ」

澪「不眠症か?」

 「どれくらい寝てないんだ?」

梓「一年間くらい」

澪「大丈夫なのか それは」

梓「意外と平気ですよ」

 「それに人間は本来、人生の3分の1を寝て過ごすワケですが

  私はその分、起きて時間を有意義に使えるのです」

 「その証に先週の月曜から始めたスーパーロボット大戦を金曜の夜にはクリアしました。」

律「それ有意義なの?」ピカッ?

梓「ぐぁっ、まぶしいのをやめてください!!」

ガチャ

紬「唯ちゃんをレイプしたい」

澪「部室に入ると同時に妄言を垂れ流すのやめてくれる?」

紬「ほら、早く殴って」ソワソワ

律「突っ込み待ちか」

澪「キミはいい友人だったが、キミのお乳が悪いのだよ」モミモミ

紬「ぃやぁああっ!?」

梓「おや、胸を揉まれるのはイヤみたいですね」

律「じゃあ、みんなでムギの胸を揉もうぜー!!」モミモミ

紬「くぅう」ムギュゥ…

梓「それよりも麦踏みの要領でムギ先輩のけしからんおっぱいを踏んでやるです!!」

澪「いいなそれww」

律「なに言ってんだお前ら、変態じゃないの?」

澪「死ねよ梓」

梓「えっ」ゾクゾク

ガチャ

唯「ポーケットの中には消しゴムが一つ♪」

 「も一つ、盗むと消しゴムが二つ♪」

梓「万引きの歌ですか」

ドラ「怖いなぁ」

澪「ん、なんでドラえもんが学校に来ているんだ?」

唯「なんだかドラえもんから重大発表があるらしいんだ」

律「ほぅ」

紬「どんな発表なの?」

ドラ「実はそろそろ未来に帰ろうと思っているんだ」

梓「ほぅ」

澪「おめでとう!!」パチパチ

律「おめでとう!!」パチパチ

唯「おめでとう!!」パチパチ

紬「めでたいわね」パチパチ

梓「クェックェッw」

ドラ「少しは別れを惜しむ素振りを見せてほしかった」

澪「でも、どうしたんだ突然帰るなんて」

ドラ「飽きた」

紬「あ~」

律「最近、道具を出しても殺すか狂うかのニ択だったもんな」

梓「最近というか最初から最後までそうだったような」

唯「今、思い出してみるとドラえもんといても

  何一ついいこと無かったもんね」

ドラ「ハッキリ言い過ぎだ」

梓「ドラえもんは所詮、子守ロボット」

 「小学生を喜ばす事は出来ても

  高校生にとっては子供だましに過ぎなかったというワケですか」

ドラ「たまに まともな道具も出したハズなんだけどなあ」

唯「じゃあ餞別にドラ焼きあげるよ」

ドラ「ごめんね」

  「キャラ作ってただけで別にドラ焼きは

   そんなに好きじゃなかったんだ」

澪「そうだったのか」

ドラ「そりゃドラ焼きよりケーキの方が良いに決まってるし

  もっと言えば焼肉とかの方が食べたいよ」

紬「それじゃイベリコ豚をあげるわ」

ドラ「やった!!」

梓「食欲旺盛な機械だなぁ」

唯「じゃあねバイバイ」

ドラ「え?」

澪「ん?」

ドラ「いや……何かお別れパーティ的なものはしないの?」

唯「今、したじゃん」

ドラ「えっ」

紬「プレゼントも渡したわ」

ドラ「まぁそうだけど……」

梓「じゃあお元気で」

ドラ「うん……」

ガチャ

バタン

31話 完



17