─27話─


唯「ハイパーグレートバリアリーフあ~ずにゃんマークII~♪」ダキッ

梓「離れてください」シッシッ

唯「冷たいなぁ」

澪「今回のはやけに長い名前だったぞ」

唯「お年寄りに優しいあずにゃんをイメージしてみました!」

紬「それってバリアリーフじゃなくてバリアフリーじゃないのかしら」

唯「なにが?」

紬「唯ちゃん、この床に落ちたマシュマロ食べる?」

唯「食べる食べる!!」ハフハフ

律「おいムギ!!アタシにもくれよ!!」

紬「待っててね。今、マシュマロ落とすから」ポト

律「やったww」ハフハフ

梓「前から思ってたんですけど

  唯先輩と律先輩ってどっちが頭悪いんですか?」

律「頭の悪さで言えば、アタシの右に出るものはいねぇ」

唯「じゃあ、頭の悪さで言えば私の左に出るものはいないよー」

律「これで右と左は安泰だな!」

唯「やったね、りっちゃん!」

律唯「はっはっはっは!」

紬「あずさちゃん、分かった?」

梓「はーい!」

澪「いったい お前に何が分かるっていうんだ」

 「こいつらはまだまだこんなモンじゃない」

唯「ところで右ってどっちだっけ」

律「バカだな、お茶碗もつ方に決まってんだろ」

唯「お、おちゃわんってなぁに?」

律「じゃあ聞くが ぶっちゃけた話、『みぎ』ってなんなんだ?」

唯「あれだよ!みぎとかひだりとか、最初に言い出したのは誰なの?」

律「きっと エライ人が言ったに違いない」

 「なんせエライからな」

唯「そうだよね!」

澪「どうする?」

梓「とりあえずマシュマロを床に落としてみます」ポト

唯「ずゃん、食べモノを粗末にしちゃダメだよ~」

梓「ずゃん?」

律「なんかそんなふいんきの名前だったよな、コイツ」

唯「そうそう」

紬「ず、じゅぁん」

 「い、言えない…」イラッ

澪「ずゃん」

紬「じゃん」

唯「ずゃん」

紬「じゃん」

律「ずゃん」

紬「ずローキック!!」バスン

梓「ぱぎゃああああ!?」ビクンビクン

梓「かわいい後輩の名前くらい確実に覚えておいてください!!」

律「しかしアタシ、田井中りっちゃんは自分の本名すらハッキリ覚えていないんだぜ?」

梓「田井中りっちゃんで大体あってますよ」

唯「でも田井中って覚えにくいよね」

 「なんで田中じゃないの?」

 「なんで田んぼのイナカなの?りっちゃんは田舎モノなの?」

律「そうだ?」

紬「二人とも、プリンを床に落としたわよ~」ペチョ ペチョ

唯「わぁい、いただき~♪」ヂュルヂュル

律「うめえぇww」ヂュルル

梓「私が落としたマシュマロは食べなかったのに!!」

唯「ふふ~ん、新しいイジワルだよ~!!」ベロベロ

律「梓が床に落としたものは食べないんだ!!くやしいだろwww」ベロベロ

梓「うわ~ん!!」

澪「こいつら、床を舐めまわしながらナニ言ってんだ」


─普通の場所─

澪「ドラえもん、大工道具ばかり出してないで

  たまにはいいモノを出してほしいんだ」

ドラ「ポ~ケットの中には●●ポがひとつ~♪」ポロン

澪「その いいモノじゃないよ!!」

ドラ「いいモノと言っても、漠然としすぎてて

  ナニを出したらいいか分かんないからナニを出したんだ」

澪「私が悪かったのか……」

ドラ「でもボクも もう、無限ゴミ箱持ってるだけのただの鉄屑扱いされたくないから

  そろそろ本気を出すよ」

澪「わかった!!」

澪「律と唯の脳みそを、ぜひとも今すぐ進化させたい」

ドラ「よ~し」ゴソゴソ

テケテテン

ドラ「進化退化放射線源~」

澪「今度はドライヤーか」

ドラ「いや、これはホンモノなんだって」

 「この放射線を浴びると、その生き物や物体が進化、または退化した姿になるんだ」


ドラ「たとえば そこのラジオに放射線を当てると…」ピカ~

澪「あっ、ラジオのカタチが変わっちゃったぞ」

ドラ「ふふふ、テレビ、テープレコーダー、トランシーバーの機能を内蔵した

  未来のスーパーマシーンに早変わり!!」

澪「それって携帯電話じゃないの?」

ドラ「えっ」

ドラ「とにかくすごいんだ」

澪「う~ん、まぁ効果は分かったよ」

 「でもこんなの律たちに浴びせて本当に大丈夫なのか?」

ドラ「大丈夫だよ」

澪「うん」

ドラ「うん」

澪「うん?」

ドラ「なに、うんち?」

澪「違うよ!!大丈夫って言葉だけで

  なんの根拠も示してないじゃないか」

ドラ「うるさいなあ。のび太くんを見習って

  後先考えず町中で大騒動を気軽にまき起こせばいいのに」

ドラ「心配なら何かで、もうちょっと実験してみたら?」

澪「う~ん、そうだなぁ」

 「じゃあ このシャープペンシルを進化させてみよう」ピカ~

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ

澪「細かく震え始めた」

ドラ「まさに進化だね」

澪「シャーペンが何を求めて こんな進化を?」

ドラ「う~ん、三菱製品のシャーペンか。きっと社長が性に対して貪欲だったんだろうね」

澪「失礼なこと言うな!!」

ドラ「じゃあ大人の事情でヨツビシ製品という事にしよう」

澪「そんなら安心だ」ホッ

ドラ「ちなみに消しゴムを進化させると どうなるんだろう」ピカ~

澪「……特に見た目は変わらないけど」ゴシゴシ

ドラ「使った感じも変わらないね。ひょっとしてインクが消せる消しゴムとか?」

澪「あっ!!漫画の女の子の服だけが消えた!!」

ドラ「すごいなぁ、MONO消し」

 「さすがいいMONO持ってるぜ」

澪「おいやめろ」

ドラ「じゃあこれはNANI消しということにしておこうね」

澪「そんなら安心だ」ホッ

澪「じゃあ実験も済んだし、律たちの脳を進化させてみよう」

スタスタ

律「おっ、澪だ」

澪「進化光線」パ~

律「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ」

澪「えっ?」


27話 完



─28話─


唯「あずにゃんや」

梓「私、その『あずにゃんや』って呼び方、なんか好きです!」ピョンピョン

唯「なんてったって、あずにゃんが人身売買されている『あずにゃん屋』だからね!」

梓「こ、こんなヤバイ時だってのにワクワクして来やがった 」

澪「梓って一匹、いくらで買えるんだ?」

唯「あずにゃんはお金なんかで買えないよ!!」

律「じゃあどうやってアズニャンGETすればいいんだよー?」

唯「どんぐり3つで、とりかえてもらえるよ!」

紬「あずにゃん屋を経営しているのはリスさんなんだわ」

唯「リスに捕獲されるあずにゃんかわいいよね~」

澪「あたま大丈夫か」ピトッ

唯「あっ、澪ちゃんの手、冷たくって気持ちいい!!」

澪「そ、そう?」

唯「澪ちゃんがいれば冷えピタ君いらずだね」

 「これからは澪ちゃんのことを冷えピタ君と呼ぶよ~」

 「おい、冷えピタ君 肉まん買ってきてよ」

澪「お前にとっての冷えピタ君とはなんなんなのだ」

澪「そういえば手が冷たい人って心があったかいらしいね」

澪「え、そんなことないよー」モジモジ

律「コイツ一人でナニ言ってんだ」

紬「でもどうして手が冷たいと心があったかい、という発想が生まれたのかしら」

唯「心が温かい人は寒い冬でも、家族のために外で働いているから

  体は冷え冷えだけど、心はぽっかぽかなんだよ~」

澪「ほぅ」

梓「唯先輩にしてはマトモな意見」

律「あれだろ、どうせ憂ちゃんの入れ知恵だろ?」

唯「テレビで島田紳介が言ってた」

紬「なんか急に腹が立ってきたわ」イライラッ

 「クソがァアアアアアッッ!?」ドガッシャアアァァアン

律「アタシもアイツは好きじゃないけど、そこまで怒らんでも」

梓「唯先輩の手はちょっとあったかい感じですね」

唯「クールだからね」フンス…

梓「えへへ…」ぺろぺろ

唯「わぁああ~、あずにゃん 手、なめないで~;;」

澪「クールなんだろ?」

唯「フッ、やめな…」

梓「あぁあ、唯先輩かっこいいにゃん…」ハモッ

唯「わぁあああ、あずにゃんが私のコブシをまるごと口の中に~;;」

梓「はもちゅ、はもはも」レロレログチュグチュ

律「人間とは かくも醜い生き物なのか」

紬「あっ」

澪「どうしたんだムギ?」

紬「この状態で梓ちゃんにスタンガンを使ったら唯ちゃんもビリビリ来るのかしら」

律「ほほぅ」

唯「世界一受けたくない授業だ」

澪「ムギ、GO!!」

紬「ごめんなさい、スタンガンなんか持ち歩いてないから…」

澪「なんだ、つまんないの…」

紬「やっぱりあった」バヂン

澪「ギャ!?」パタン

紬「油断大敵よ、澪ちゃん」

律「戦場ではビビッた者が死ぬんだ!!覚えておけ!!」 

梓「ムギ先輩の手は……あたたかいというより熱いですね」

紬「中はトロトロなのよ」

律「私の手はどうだ!?」

梓「律先輩の手は……あたたかいというより汚いですね」

律「ぐすっ」

梓「大丈夫。律先輩は手は汚いけれど胸は誰よりも小さいって

  私、分かってますから」

律「へへっ、そんなフォロー聞いたことないぜ」

紬「大体、梓ちゃんだっておっぱいは

  戦闘力5なのに、よくもそんなことを…」

唯「ムギちゃんのおっぱいは530000だよね!!」

律「いやらしいヤツだなぁ」

紬「うふふ」モジモジ

梓「でもムギ先輩って巨乳というか

  言うなれば ただのデブですよね」

紬「」

律「言っちゃったよコイツ」

梓「あっ、手が熱いのも脂肪で…」

紬「爆熱ゴッドフィンガァアアアアアアッッ」ガッシ

梓「ぎゃああ!?手が熱い!?気持ちいい!?」グニュゥゥゥ

唯「わぁ!!あずにゃんがとってもおかしな顔に!!」パチパチパチ

紬「今日からダイエットするわ」ムシャムシャ

唯「そうだね!」ムシャムシャ

律「すごい勢いでケーキをむさぼっているのはどういうことなの?」

唯「あっ、ドラえもんがタケコプターを使って

  窓の外からモノ欲しそうにコッチを見ているよ」

律「カーテンしめようぜ」シャーッ








28話 完



16