─23話─


律「イタタタ」

澪「どうしたんだ?頭がイタイ子なのか貴様は?」

律「澪しゃんの言葉から悪意を感じる」

梓「そりゃ悪意も何も、澪先輩は純粋な悪ですからね」

澪「ふふっ、唯の紅茶に お酢を混入してやる」ピチョン

唯「わぁっ!?紅茶が酸っぱいよ~!?」ペッ

澪「ははははははははは!!」

梓「怖い人だなぁ」

紬「それで りっちゃん、どうしたの?」

律「なにが?」

紬「何か痛いって言ってたような……」

律「あっ、痛い所が痛いの忘れてた!!」

澪「何もかも忘れてた方が幸せになれるんじゃないのか貴様は」

律「へへっ、そうかもな!澪はいつもアタシの幸せを考えててくれるんだー♪」

 「澪、好きー♪」チュッ

澪「///」

紬「きもちわるい」

梓「あれっ、ムギ先輩はトレビアンなレズビアンじゃなかったんですか?」

紬「梓ちゃんは甘いものが好き?」

梓「えっ、まぁ」

紬「でも、ケーキの中に砂糖のかたまりが

  ボゴォッって入ってたら、さすがに吐き気がするわよね?」

梓「まぁちょっと気持ち悪いですね」

紬「そういうことよ」

梓「へぁっ?ど、どういうことれすか~?」オドオド

紬「最近、みんな唯ちゃんみたいになってきてイライラする」

唯「で、どうしたの?」

律「なにが?」

唯「何か痛いって言ってたような……」

律「あっ、痛い所が痛いのまた忘れてた!!」

唯「痛いってなんだっけ?」

澪「そこからか」

紬「ローキック!!」ドシン

唯「はぐぅっ」

紬「今、足がジンジンするわよね」

唯「う、うん…」ジンジン

紬「それが『痛み』よ」

唯「そっかー…痛いってイヤなことなんだね……」グスッ

梓「違いますよ!!痛いってとてもとても気持ちのイイことなんですよ!!」

紬「だまれ!!」ドシン

梓「うぎゃあああ!?足が痛い!!痛キモヂイイィィ!?」ゴロゴロ

唯「えぇえっ!?気持ちいいの!?あずにゃんズルイ!!ムギちゃんもっと蹴って!!」

紬「ローキック!!」ドシン

唯「はぎゃああぁああ!?いだいぃぃぃいい!?やめてよ!!やめてよぉおおっ!!」ズキズキ

紬「あれっ、なんだかゾクゾクしてきたわ!!ンギモヂイイィィ!!!」ドシン

唯「ぎゃぼおおぉおお~~~~ッ」ゴロゴロ

澪「いったいどうすればいいんだ」

律「まったくお前らはとんでもない変態だな」

唯「ごめんね」

澪「で、結局なにが痛かったんだ?」

律「足の裏が痛い」

澪「ふぅ~ん」

梓「足の裏のどの辺が痛いんですか?」

律「おまえ、そんな事に興味あるの?どんだけ変態なんだよ」

紬「さすがにひくわ」

澪「死ね」

梓「違いますよ違うんですよ、足の裏のどの辺が痛いかで

  体のどこが悪いのか分かっちゃうんですよ。失礼しちゃうなぁ」

唯「でも罵られて あずにゃんは気持ちよかったんだよね?」

梓「はい」トロ~ン

唯「きもちわるい」

梓「はいっ!!」ゾクッ

律「どこが痛いってそうだなぁ」コリコリ

 「うぎっ」

 「この辺をコリコリすると痛い」コリコリ

梓「その辺ですか」

澪「どこが悪いのか分かったのか?」

梓「あぁ、頭が悪いんですね」

律「なんだと」

紬「そんな事言われなくても分かっているわ」

律「そのとおりだぜ」

梓「うかつでした」

梓「マジレスすると肛門ですね」

澪「ほほぉ」

唯「そうなの?」

律「あ~、そういえば最近、便秘気味でさ」

澪「そうだったのか」

律「しかし、それがわかったところでどうすればいいんだ」

梓「その痛い部分をコリコリと足ツボマッサージしてると

  良くなるハズですよ」

律「ほへぇ」コリコリ

 「あぁ、なんかケツにピクピクくるような気がする…」

梓「お風呂なんかで新陳代謝を高めてやるとよいかも知れないです」

律「そうか…」コリコリ

 「あっ」ビチビチビチビチビチ

唯「いっ」

澪「うっ」

紬「えっ」

梓「おっぱい」

紬「ローキック!!」ドスン

梓「ぱぎゃああああッ」ビクビクン


─図書館─

ドラ「図書館はタダで入れて暖かくていいなぁ」

唯「ドラえも~ん!!」ドタバタ

ドラ「唯ちゃん、うるさくしちゃダメだよ。し~っ」

唯「し~っ!」チョロチョロ

ザワザワ

ドラ「わぁああ!?なんでオシッコするんだ!!」

唯「えっ。し~ってオシッコの合図じゃなかったの?」ジョロジョロ

ドラ「いいからやめろ!!」

唯「そんなこと言われても止まらないよ~」パチャピチャ

係員「」カシャッ カシャッ

唯「わぁあ、図書館の係員に携帯カメラで撮られちゃったよ~」

 「ドラえも~ん」

ドラ「空気砲」ドカン

ドカン ドゴォオ ドカン バサバサ キャー ギャー

唯「追い出されちゃったね」

ドラ「ボクの安住の地が…」

唯「でも係員の携帯を破壊できてよかったよ~!」

ドラ「キミの目的は一体、なんなの?」

唯「実はあずにゃんに足ツボマッサージについて聞いたんだけど」

ドラ「唯ちゃんはどこか悪かったの?」

唯「どこも痛くなかった」

ドラ「じゃあ良かったじゃない」

唯「でも、みんな痛いところをコリコリすると

  痛い痛い!って言いながら気持ちよさそうなんだ」

ドラ「ふむ。そういうものかもね」

唯「私も痛気持ちいいのをやってみたいんだよ」

ドラ「え?」

唯「だから体が悪くなる道具出して~」

ドラ「毒薬でも飲めばいいよ」

ドラ「そうだ」ゴソゴソ

テケテテン

ドラ「マイルドセブン~」

唯「タバコだね」

ドラ「コイツをガンガン吸えば、まず肺がやられる」

唯「よーし!!スパスパ。ゲホゲホ、ガハゲヘ」

ドラ「次はこれだよ」ゴソゴソ

テケテテン

ドラ「カルーアミルク~」

唯「なにこれ」

ドラ「コーヒー牛乳みたいなお酒だよ」

 「甘いから飲みやすいけど、アルコール度数は決して低くないから肝臓がやられる」

唯「よーし!!ゴクゴク。あっ、これはおいしいね」ゴクゴク

ドラ「次はこれだよ」ゴソゴソ

テケテテン

ドラ「覚醒剤」

唯「もしもし、おまわりさんですか」


─警察署─

警察「ダメじゃないか未成年がお酒とタバコなんて」

唯「で、でも足ツボが気持ちよくなりたくて…」グスッ

警察「何言ってんだこの子」

  「クスリとかやってんのか」

唯「やってません…」グスッ

警察「ところであの青いタヌキみたいなオブジェはなんなんだ?」

唯「オブジェじゃないもん!!アイツが私にタバコとお酒をやれって言ったんだもん!!」ワァアアアッ

警察「電話でもそんな事言ってたけど

   オブジェがキミに語りかけてきたってのかい?幻覚が見えるようだな」

唯「アレはロボットだもん!!いつもしゃべってるもん!!動いているもん!!」ウェェ…

警察「大丈夫か、この子」

  「やっぱり尿検査して薬物反応を調べた方が…」

唯「し~っ!!」ジョロジョロ

警察「わぁあ!?ここでするんじゃないよ!!」



ドラ「唯ちゃんを罠にハメるのは本当におもしろいなぁ」プッ


23話 完



─24話─


唯「スカイあずにゃん空を飛ぶ」

梓「絶対に飛びませんよ」

澪「でも昨日は梓の誕生日だったし、ひょっとしたら…」

梓「誕生日だからなんだっていうんですか」

唯「夢がないなぁ」

紬「梓ちゃんは大人になっちゃったのね…」

律「大人になったっていう事は、梓は もう子供が作れるのか?」

澪「えっ」

唯「そういえば子どもってどうやって作るの?」

梓「キスしたら出来るんじゃないんですか?」

紬「そうね」

唯「でも不思議だよね」

 「お母さんに似ているのは分かるけど

  どうしてお父さんにも似るんだろ」

澪「えーっと」

梓「キスしたときに、父親の唾液に含まれている何かが

  母親の胎内を侵食するのではないでしょうか」

律「なるほど…。一理あるな」

紬「でもキスで生まれるという事は、女の子同士でも

  子供が作れるってこと?」

梓「試してみる価値はありますぜ」

澪「この中にウソをついているヤツがいるハズだ」

唯「ふぇ?」

唯「澪ちゃんは何か知っているの?」

澪「…知らない」

律「おかしなヤツだなぁ」

紬「だったら澪ちゃんとりっちゃんでキスしてみたらどうかしら」

梓「『だったら』の意味がわかりませんが

  私には特に反対する理由もありません」

律「よし、やるか!!」

唯「女は度胸だね!!」

澪「いやいやいやいやいやしかし」

律「…澪はアタシとキスするのイヤなのか?」

澪「いや、イヤっていうかそのなんだ」

律「ハッキリしないヤツだなぁ」

 「じゃあ唯、キスしよっぜー!!」

唯「あ?何言ってんの?」

律「えっ」

唯「ごめんね、急に言うからビックリしちゃった!」

律「なんだ、ビックリしたのか」

梓(今の唯先輩ちょっとカッコよかったなぁ)

 「顔面を裸足で踏まれたい」

澪「えっ」

梓「しまった、今のは宇宙へ向けたメッセージでして」

澪「そうか」

 「お前、宇宙に何を伝える気だ?」

紬「誰でもいいからさっさとキスしてよという夢だったの~」

唯「変テコな夢だなぁ」

律「じゃあアタシ、梓とキスすっかな」

梓「でも律先輩は家でウンコ食べたあと歯磨きしてないという噂を聞いたので断りたいです」

律「誰だよ、そんな下劣なデマを流してるヤツは」

梓「アイツです」

澪「えっ、私?」

律「お前か」

律「アタシはちゃんと歯磨きしてんだよ」

唯「ウンコは?」

律「歯磨きしてんだよ」

唯「ウンコは?」

律「澪、いくぜぶちゅうううううううううううう」ブチュ

澪「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアム」ムチュウウウウウウゥゥゥ


─キン肉ハウス─

唯「ドラえも~ん、子供をおろす道具出して~」

ドラ「えぇっ?近所の生意気な子供を大根おろしでスリおろすのかい?」

唯「違うよ、ばかだなぁドラえもんは」

ドラ「軽々しく子供を堕ろすなんていうヤツに

  バカだなんて言われたくないよ」

唯「ごめんね…」

ドラ「ヒヒヒヒヒヒヒヒwwwww」

唯「えっ、なんで今笑ったの?」

ドラ「バwwバナナがwww壁からいっぽい出てきたwwww」ゲラゲラゲラ

唯「いっぽい?」

ドラ「いっぱいwwいっぽいwwwいっぽぽいww」ポポポォォッwwwwww

唯「いぽぽっぽいぽww!?ポポォォーッ!?」ウキャッキャキャ?

ドラ「さすがに心配されるよ」

唯「そうだね」

ドラ「で、誰の子供をおろすって?」

唯「その前に質問があるんだけど」

ドラ「なんだい?」

唯「りっちゃんと澪ちゃんがキスしたら

  どっちに赤ちゃんが出来るの?」

ドラ「澪ちゃんだね。りっちゃん菌の方が強そうだし

  りっちゃん唾液赤ちゃんウィルスが今頃

  澪ちゃんの子宮をじわじわと何言ってんだオマエ」

唯「なにが?」

ドラ「キスしたくらいじゃ赤ちゃんは出来ないよ」

唯「えっ、でもみんなキスしたら出来るって言ってたよ」

ドラ「出来ないよ」

唯「出来るよ!!」

ドラ「出来ないよ!!」

唯「出来るよ!!」

ドラ「出来ないるよ!!」

唯「できないる、よぁ!?」

ドラ「できなるよ!!」

唯「できな…ぁえ!?」

ドラ「できるよ!!」

唯「できないよ!!」

ドラ「ほら、できないでしょ!?」

唯「ホントだあああああああああー!!」

ドラ「まぁ仮に赤ちゃんが生まれても

  澪ちゃんとりっちゃんが幸せならそれでいいじゃないか」

唯「でも、高校生が子供を産んだら絶対に苦労するよ」

ドラ「ほぅ、唯ちゃんにしては考えているね」

唯「えへへ、3年B組金…?たま先生ってドラマを見て

  高校生の妊娠についてやってたんだ!!」

ドラ「金玉先生は堕ろせって言ってたの?」

唯「忘れた」

ドラ「一番大事なところなんだけどなぁ」

 「まぁ金玉先生が何を言ってたかは知らないけど」

唯「本当に赤ちゃん、できないのかなぁ」

 「気になって夜も眠れないよ~」

ドラ「心配性だなぁ」ゴソゴソ

テケテテン

ドラ「眠らなくても疲れないクスリ~~」

唯「私、グッスリ眠れる薬の方がいいよ~」

ドラ「ちがうちがう。唯ちゃんが飲むんじゃなくて

  この劇薬を澪ちゃんに1錠、飲ませれば一発で流産するよ」

唯「強烈だね」

ドラ「まぁ、妊娠してないんだから意味はないけど

  これを飲ませれば安心だよね?」

唯「うん…」

 「あっ、そういえばあずにゃんが空を飛ぶ道具が欲しいんだけど」

ドラ「じゃあ、この眠らなくても疲れないクスリを

  梓ちゃんに3錠飲ませれば空を飛べるよ」

唯「このクスリってなんなの?」


─24話─ 完



14