─20話─


澪「ゲホゲホ」

唯「どうしたの澪ちゃん、咳が出てるよ」

梓「死ぬんですか!?もうすぐ死ぬんですか!?」ソワソワ

律「なにを期待してるんだお前は」

澪「まったく、ゲホゲホ」

律「で、いつ死ぬの?」

澪「命を大事にしないヤツなんて大嫌いだ!死ねっ!」

紬「あなたは すごい人ね」

澪「唯のことを思ってアイスばっかり食べてたら風邪ひいちゃって」

唯「今さりげなく薄気味悪いことを言ったよね」

律「澪と電話してると、ハァハァとだんだん息使いが荒くなってきて

  そのうちクチュクチュ聞こえるから気をつけろよ」

澪「してないよそんなこと!!」

紬「そんなことって どんなこと?」

澪「とにかく風邪をひいたんだ」

梓「きっと全裸でやってたんですね」

澪「やってないよ あんなこと!!ゲホゲホ!!」

紬「あんなことって どんなこと?」

梓「早く くたばればいいのに」

紬「残念だわ。今週末はみんなでウチの別荘で楽しい合宿を開こうと思ってたのに」

梓「じゃあ澪先輩はお留守番ですね」

澪「えっ、聞いていないよ?そんな話いつ決めたんだ」

紬「今」

唯「ときどきムギちゃんが怖い」

紬「私も唯ちゃんを見ているとときどきドキドキするわ」

唯「あっ、ときどきドキドキ!!」

紬「うふふ、ときどき♪」

唯「ドキドキ♪」

紬「ときどき♪」

唯「ドキドキ♪」

律「なんだこいつら」

澪「でも合宿だろ。ということは演奏の練習もするんだよな?」

唯「あっ、澪ちゃんがいないとベースの音が無くなるよ!!」

澪「よく気づいたな、えらいぞ~唯~」ナデナデ

唯「わぁい」キャッキャ

梓「大丈夫ですよ、私の知り合いにベースが弾けるモップがいますから」

唯「あずにゃんは魔法使いなの?」

梓「はい」

澪「テキトーな相槌打つんじゃないよ」

律「それじゃ絶対に澪を置いてけぼりにするしかないな」

澪「なんでだよ、私もみんなと合宿に行きたいよゲホゲホガハゲヘ」

律「今回はやめとけって」

 「お前マジで顔が変だぞ、いや変なのは顔色か、もしくは頭おかしいんだよ」

澪「くそっ梓め」

梓「なんで私ばかり憎むのですか。あっ、かわいいからですね」

澪「うぎぎ」


─パチンコ屋─

チーン ジャラジャラ

とみおばあちゃん「クソッ!!クソがッ!!マリンちゃん死ねッ」ガンッ ガンッ

澪「ドラえも~ん」

ドラ「やぁ澪ちゃん、調子はどうだい?玉 出てる?」

澪「いや、私はパチンコを打ちにきたワケじゃないんだけど……」

 「ドラえもん、いっぱい玉を積み上げてるけど、コレって儲けてるの?」

ドラ「ボク、北斗の拳と相性がいいみたい」

澪「知らないよ」

 「それより梓をバラバラにしたいんだけど何かいい道具ない?」

ドラ「キミたちはすぐ梓ちゃんをバラバラにしたがるんだね」

ドラ「今日は確実に7万円以上は勝てそうで気持ちいいから

  快く道具を出してあげるよ」ゴソゴソ

澪「ありがとう!!」

テケテテン

ドラ「分かいドラ…あれ?」

 「無いなぁ」

澪「テケテテンって言ったのに無いの?」

ドラ「あっ、そういえばムギちゃんに返してもらってないなぁ」

 「借りた物を返さないなんて、お嬢様のくせに根性は盗っ人のように汚れているよね」

澪「そんな!!じゃあ梓をバラバラに出来ないじゃないか!!」

ドラ「必死だね」

澪「梓をバラバラに出来た暁には、ドラえもんをまた

  私の部屋に住まわせてあげようと思ったのに」

ドラ「ホント?」

 「いくらギャンブルで勝っても

  ホテルや健康ランド暮らしじゃお金がもたないからね」

澪「でも、その分かいドラなんとかは無いんだろ?」

ドラ「あるよ」

澪「えっ、でも無いって」

ドラ「ボクが分かいドラえもんだ」

澪「そうだったのか」

ドラ「よーし、ボクの力で梓ちゃんをバラバラにするぞー!!」

澪「両手にもってるノコギリは未来の道具なの?」

ドラ「公園で拾ったんだ」


─山の中の合宿所─

ジャンジャン♪ジャカジャカ♪

唯「エム・ユー・エス・イー・エル・イー・マッスル!!」

律「M・U・S・C・L・E!! muscle!」

紬「スリー!!トゥー!!ワン!! ファイアアアアアアアアアアア!!!」

純「なんなの この歌」

梓「炎のキン肉マンだよ」

純「ふわふわタイムとか練習してきたのになぁ」

梓「言っておくけど澪先輩がいなかったら、この人たちアニメタルざんまいだからね」

純「私の週末を返せ」

純「やっぱり私が澪先輩じゃないから

  真面目に練習する気にならないんだ…」

律「おい、純ちゃんがなんか落ち込んでるぞ」

紬「そんなつもりは無かったのだけれど」

唯「大丈夫だよ純ちゃん、はい ドーナッツ!!」

純「え、いいんですか?」パァ~ッ

紬「ふふ、純ちゃんはなんだか可愛いわね」ナデナデ

唯「まるで孫ができたみたいだよ~」ナデナデ

純「あっ、えへへ。なんか照れるなぁ」

梓「先輩!!先輩!!私もナデナデしてください!!」

紬「この鬼嫁、私を置いてラーメン食べに行ったのよ」

唯「私なんてこの間、ギー太をヨダレでベトベトにされたんだから」

梓「そんなことしてませんよ!!あれはヨダレじゃなくて別の体液です!!」

律「梓を全裸で外に放り出そうぜー!!」

唯「やろうやろう!!」

梓「わぁああぁあああ」

紬「ほら、純ちゃんも服を剥ぎとって」

純「で、でも梓が……あ、嬉しそうな顔をしてる?」

梓「やめてくださいよー、服を脱がさないでくださいよー」ヘヘエヘヘ

紬「彼女はもう手遅れなのよ」


─山の中の合宿所の外─

ピュウウ~~~~~(さむそうな風)

梓「あれっ、寒い」

 「まさか本当に全裸で外に放り出されるなんて」

 「どうしよう……人は誰もいないし気持ちいいなぁ」

ガサゴソ

梓「ん?茂みがガサゴソと音を立てている」

 「まさか、熊……!?」

ザッ









熊「グルルルル」

梓「熊に見せかけた澪先輩というベタなオチかと思わせておいて

  本当に熊だった」

熊「ウォフ」ザッ ザッ

梓「ヤバイ近づいてくる、熊に噛まれたら気持ち良さそうだけど

  死んだらまたレベル1からやり直しなのは面倒だなぁ(人生を)」

熊「ウォオオ!!」のっし のっし

梓「開けてください!!中に入れてください!!」

 「熊に襲われそうなんです!!」

ドンドンドン!

唯『誰?』

梓「あずにゃんですよ!!先輩の後輩のあずにゃんですよ!!」

唯『ほんとに私の後輩の先輩のあずにゃん?』

梓「ほんとにあずにゃんですよ、先輩じゃないですけど」

唯『それじゃあ、私の質問に答えてみてよ』

 『結婚して25年目は銀婚式、50年目は金婚式、それじゃあ、80年目は?』

梓「お葬式」

唯『やっぱり、あずにゃんだ!』

梓「じゃあ開けてください!!」

唯『開けないよ~♪』

梓「開けろ!!」ドンドンッ

熊「フゥフゥ」

ガサガサッ

ドラ「あれっ、梓ちゃんをバラバラにしようと思ったら いい所に来たなぁ」

澪「いい所ってなんだい」

 「あっ、熊!!」

熊「がるる」ハッ ハッ

梓「み、澪先輩、助けてください!!」

澪「あ?」

梓「澪さま!!かわいいかっこいい!!シビれる! あこがれるゥ! 」

澪「ふふん、仕方が無いなぁ」

 「ドラえもん、まずは熊をバラバラにするんだ」

ドラ「えっ、死ぬぜ? おもにボクが」

澪「分かいドラえもんは、なんでもバラバラに分解しちゃう

  危険な 分かいドラえもんじゃなかったのか」

ドラ「ボクはバッタとかアマガエルとか弱いものしか分解しない主義なんだ」

澪「最低だな」

ドラ「へへ…」

律「おい!!澪たちが熊に襲われているぞ!!」

純「あわわ!!」

紬「大変!!」

 「録画しなきゃ」

律「そうだな」

唯『あずにゃんあずにゃん!!』

梓「あっ、唯先輩!!中に入れてくれるんですか!?」

唯『ばーか』

梓「お前みたいなバカに付き合ってるヒマは無いんだよ!!」

熊「ぐるるるるr」

ドラ「さすがにノコギリだけで生きた熊を分解するのは難しいなぁ」

澪「分解にこだわらなければ勝てるんじゃないのか」

 「ショックガンとか空気砲とか無いの?」

ドラ「全部、ヤクザに売ったよ」

梓「ヤクザ界のテクノロジーが大変なことに」

ドラ「そうだ、アレがあった」ゴソゴソ

テケテテン

ドラ「桃太郎印のきびだんご~」

唯「うまい」ムシャムシャ

梓「なに全部食べてんだコイツ」

唯「あっ、本当に熊がいる」

熊「がるる」

梓「だからさっきから言ってたじゃないですか」

唯「わぁ、怖い!!中に入ろうっと!!」

ガチャガチャ

澪「おい、開かないぞ」

唯「わぁん、りっちゃん開けてよ~!!」

ドンドン!!

律『誰だぁ~?』

唯「私だよ~。りっちゃんの唯ちゃんだよ~」

律『ほんとにりっちゃんの唯ちゃんか?』

唯「ほんとに唯ちゃんだよ~」

律『それじゃあ、アタシの質問に答えてみろ』

 『君がここにいます。さて誰が何人ここにいるでしょうか?』

唯「えぁっ?私は誰だっけ」

律『ぁえっ?アタシこそ誰だっけ?』

梓「いいから開けろボケども」

熊「がるるるる」

澪「この熊、いつまで唸ってんだ」

 「ちょっと気の毒になってきた」

ドラ「じゃあ、そろそろ本気のヤツで行くよ」ゴソゴソ

テケテテン

ドラ「正義ロープ~」

ドラ「このロープは悪いヤツを見つけて自動的に縛り上げるサイボーグロープなんだ」

梓「本当に本気のヤツですね!!」

唯「よし、いっけ~!!」

シュルシュル

梓「わぁああ!?このロープ、私を縛りあげちゃいましたよ!?」

唯「でも、感じてるんでしょ?」

梓「はい」

ドラ「どうやら、この場で一番、邪悪な梓ちゃんにロープが反応しちゃったみたいだね」

唯「全裸だもんね」

梓「お前らが剥いたんだろうが!!」

澪「でも感じてるんだろ?」

梓「はい」

シュルシュル

澪「とか言いながら私も縛りあげられているんだが」ギュウ

唯「わあぁ~、私もドラえもんも縛りあげられちゃった」ギュウ

律「何故か外に出てきたアタシもいるぜ!!」ギュウ

紬「私も~」ギュウ

梓「よかった。私達、全員、邪悪だったんですね」

熊「クマ~」ギュウ

唯「あっ、最後にはクマさんも縛りあげられちゃった」

 「これでみんな、仲良しだね!!」

ドラ「でも、この道具は罪が重ければ重いほど、縛られる時間が長くなるんだ」

 「たぶん、縛られるのが一番遅かった熊が、一番解放されるのも早い」

律「じゃあ、アタシら、身動きできないウチに食われちゃうじゃん!!」

紬「さすがの熊もこれだけの人数を一瞬で食べることはできないだろうから

  誰か一人が犠牲になるのね♪」

澪「なんでそんな嬉しそうなんだ」

紬「命は もっと・・・粗末に扱うべきなのよっ・・・!!」

 「命は・・・ 生命は・・・丁寧に扱いすぎると澱み腐る・・・!!」ざわ・・・ ざわ・・・

唯「たすけて~」

紬「最近の連中はみんな もう やりすぎ・・・自分を大事にしすぎなのよ・・・」ざわ・・・ ざわ・・・

梓「じゃあお前が喰われろよ!!」

純「わぁッ!!みんな、縛られちゃったの!?」

唯「あっ、純ちゃんは無事だ」

澪「人畜無害というか存在感そのものが薄いというか」

ドラ「正義ロープにもスルーされたんだね」

紬「きっと純ちゃんのことを書いた超人予言書は灰になる寸前なのよ」

梓「モップに善悪は無いんだなぁ」

純「なんだかヒドイこと言われている気がするけど、今、助けてあげるね」

ギュウウウウ

純「だめだ、このロープ、固くてほどけない」

ドラ「正義ロープが入っていた瓶の底にあるロープ呼び戻しボタンを押すんだ!!」

 「そうすればロープは種の状態に戻る」

純「瓶の底のボタンって……食べるラー油の空きビンしか転がってないけど…」

ドラ「あっ」

澪「また売っちゃったのか」

ドラ「また売っちゃいました」

熊「グルルウr」モゾモゾ

梓「あっ、熊のロープが ほどけかけています!!」

紬「こうなったら純ちゃん、そこに転がっているノコギリで

  熊の首を切り落として!!」

純「えぇえええぇぇぇ!?」

熊「ク、クマ~!?」

ドラ「熊が身動きできない今しかないよ!!」

唯「熊を始末しないと私が殺されちゃうよ~」

律「殺れえええッ!!熊の野郎を殺るんだああああぁッ!!」

澪「こ・ろ・せ!!こ・ろ・せ!!」

梓「こ・ろ・せ!!こ・ろ・せ!!」

唯「こ・ろ・せ!!こ・ろ・せ!!」

純「えぇえええ?!」

熊「クマ……」

澪「大丈夫!!死んだ熊はあとでドラゴンボールで生き返る!!」

純「う、ぅぅ、ごめんね」

熊「ぁぐ」

ギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコ

ぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷち

ギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコ

ぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷゴリゴリ、ゴリッゴリッ

熊「ヒュッ…」

ギコギコギコギコぎこぎこギコギコぎこギコ

ぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷちぷち

ギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコ

ゴトッ

純「うあわぁああああぁああぁっぁぁぁぁ」

梓「熊肉はみんなで おいしくいただきました」

20話 完



12