─翌日 放課後 部室─


ザアアアーーーーーーーー

梓「今日は一日中、すごい雨ですよね」

律「あぁ。こんなに雨ばっかり降ってると確実に練習したくないぜ」

唯「まさにその通りだね」

澪「雨と練習となんの関係があるんだ?」

梓「しかしマジメな話、大雨警報とか出てましたから

  今日は早めに帰った方がいいかも知れませんよ」

紬「そうねぇ」

律「ほらな?」

澪「なにがだよ」

律「雨と練習しない事と ちょっと関係あっただろ?」

澪「ん、まぁ…」

律「謝れよ」

澪「なんで貴様みたいな貧乳に謝らなきゃいけないんだ」

律「そうやってお前は永遠に他人を見下すことしか しないんだッ!!」

梓「お、落ち着いてください律貧乳先輩。いや、がっかりオッパイセンパイ」

律「中野が寝ている間にツインテールを片方ずつ二匹の犬の肛門にねじ込んでやるぞ」

紬「ガチャガチャうるさ~い」ガシャーン

澪「わぁ、ムギ!!机を蹴っ飛ばすなよ~!!」

唯「りっちゃんの叫び声は私達の耳の中に不快なモノを残すんだよ」

律「すまん」

紬「謝って」

律「今 謝ったよな」

紬「りっちゃんは私達に一度、心をこめて

 『ごめんなさい』しないといけないわよね?」

律「なぜだ?」

唯「りっちゃんは何かバカな事をやっても

 『実は場をなごませるためにワザとバカをやってる』的な

  解釈が歯がゆいんだよー!!」 

梓「そうですよ。唯先輩なんてバカなことやってたら

  ガチでキチガイ扱いされて常に精神病院送りのスタンバイはOKですからね」

唯「謝れ!!」

梓「ほら、律先輩謝ってください」

唯「りっちゃんじゃなくて あずにゃんが謝れ!!」

梓「Why?」

唯「あっ、なんか英語だ!!くそー!!分かんないと思ってバカにして!!」グスッ 

澪「お前、Whyが分からんのか。本物のバカだな」

紬「どうやら『謝らなくていい王』は私と唯ちゃんの2人に絞られたようね」

唯「やったね!!」

澪「今そんなことを競いあっていたとは」

唯「よーし、ムギちゃん!!最後の決戦だよー!!」

紬「えぇ!!面倒だから唯ちゃんに勝利を譲るわ」

唯「優勝!!」フンス -3

梓「おめでとうございます」

紬「これで唯ちゃんは悪い事をしても2度と謝ることは出来なくなったわ」

唯「え、そうなの?」

澪「うっかり人を怒らせちゃっても謝れないって

  結構、嫌われそうな設定だな」

律「最後には憂ちゃんにも愛想をつかされ孤独死か」

唯「わ~ん、やだよ~!!さみしいよ~!!」ウワーン

紬「唯ちゃん、謝って!!」

唯「ごめんなさいいぃ~!!」ワ~ン

澪「あっ、真のチャンピオンはムギだった」

梓「よしよし」ナデナデ

唯「えへへ、あずにゃん…」

律「よし、唯も からかったし帰るか」

澪「いやいや、少しくらい練習しようよマジで」

律「お前はどこまで練習したいんだ、いい加減にしろよ このクズ野郎」

紬「澪ちゃん、変態じゃないの?」

梓「見損ないましたよ!!」

澪「なんで練習しようって言っただけでこの扱いなんだ!!」

 (やはり昨日ドラえもんに借りた道具を使うしかないな)

ドポン

澪「さぁ、突然だけど このなんでもない紅茶を飲んでくれ」

唯「なんかあきらかに変な丸薬が入ってるんだけど」

律「アメ玉くらいのデカさがあるのにバレないと思ってんのか」

澪「あやしくないよ!!絶対にあやしくないよ!!」

唯「本当?じゃあ飲んじゃおうっと」

梓「おい、待てこのバカ」

紬「この薬を飲んだらきっと私達に何か異変が起きるのよ」

唯「あぶないところだった!!」


澪「くそっ、なぜバレたんだ」


律「わかったよ、澪がそこまで言うなら練習するよ」

澪「え? り、律……いいのか?」

律「まぁアタシだって本気で練習したくないワケじゃないしさ」

唯「いや、私は本気で練習したくないよ」

澪「律……」

梓「じゃあ律先輩が気の迷いで やる気を出しているうちに

  始めちゃいましょう!!」

紬「そうね」

唯「えぇ~っ?」

澪「よ、よーし!!まずは『ふわふわ時間』だ!!行くぞー!!」

律「あ、ちょっと待って」

澪「ん、どうした?」

律「なんで澪が仕切ってんの?」

唯「ヒヒッw信じてたよ りっちゃんww」

澪「えっ…」

律「いやほら、なんかそういう『行くぞー』とかって

  部長であるアタシの役割じゃん?」

澪「べ、別にいいだろ、誰が言ったって…」

唯「いや、これは大事なことだよ澪ちゃん」

律「あ~……なんかやる気なくしちゃったな~」

澪「お前……」

律「これは練習どころじゃないな~」

澪「くそっ、罠だったのか…」

律「さぁ練習してほしかったら どうやってお願いするんだ?」

梓「まずは土下座ですよ土下座」

澪「くっ」

紬「そして りっちゃんの陰毛を歯で全部ひき抜かなければいけないわ」

律「えっ」

澪「い、いいのか!?」ガバッ

律「いや、今のは違うよ」

唯「りっちゃんは間違ってないよ!!」

紬「そうよ、私達はりっちゃんを信じる」ガシ

律「おい、離せバカ怪力眉毛ゴリラ」

澪「くそ~、律め~」ウキウキ

律「お前もウキウキしてんじゃないよ」

唯「それそれ~~」ズルッ

律「こ、こらあああ~~~パンツを脱がすなぁああ」

梓「さぁ準備OKですよ澪先輩!!」

澪「陰毛サラダいっただきマンモスwww」

律「くそっ、こうなったらゲロと屁と小便とクソを

  4つ同時に発射するしかない!!」  

梓「し、しかしネモ船長!!それではノーチラス号もタダではすみません!!」

律「死中に活を見出す!!」

 「パーッパーッパーッパーッパーパパパパッ!!

  ピーピピッピーピーピーp----------‐―-―-――――--―ッ!! 」

 「さらば恥丘よ!!ヤマト波動砲発射あああああああああああああ!!」グググググググググ

ブチ

紬「北斗神拳奥義!! 天破活殺!!」カンチョー!!

ずぶっ

律「うぐぁぁあ!?」ヌプププゥ

唯「7本の指が根本まで入ってるよ!!」

律「だ・・・出せぬ!! ケ・・・ケツが!!アナルが!!うっく!!」ウゥッ

紬「鳳凰すでに翔ばず!! りっちゃんは翼をも もがれたのよ!! 」グググ

律「フッ、ククそうか……オナラもはがれウンコまで もがれたというわけか!!」

梓「この人 頭おかしい」

律「だが!! アタシは聖帝りっちゃん!!」

 「けいおん部の部長!!」

 「退かぬ!!」

 「媚びぬ!!」

 「省みぬ!!」

 「部長に逃走はないムグーー!?」カポッ

唯「さっき脱がしたパンツを口に突っ込んだからゲロも吐かせないよ~!!」

律「んん~~~~~ッ!?」ジタバタ

梓「なんかもうレイプみたいな光景ですね」

律(さよなら天さん……)ジョロ

紬「ハッ、いけない!!自爆オシッコする気よ!!」

澪「させるか!!私のタンポンを…抜いて……」ヌポッ

 「…突っ込むッッ!!」

ぐぽっ

律「!?」

梓「み、澪先輩、そこは尿道じゃ……なくてマンk…」

澪「えっ」

律「」ジョロロロロ

紬「悟空~~~~~~~~~~ッ!!」

しょろろろろろろろろろろろろろろろろ

澪「ぬくもり……」ピチャパチャピチャパチャ

梓「結局、被害は澪先輩がオシッコまみれになっただけで済みました」

澪「よかったよかった」

律「澪がいいなら それでいいよ。だって、お前の人生だから」

梓「それにしても いい加減に練習したいところですが、いつのまにか6時です」

唯「雨も どしゃ降りになってきたし帰ろっか~」

律「どしゃ降りなのに帰っちゃうのかよ!!」

紬「でも、さっきから全然 弱まりそうにないし…」

ドドドドドザザザザアアアアアアーーーーー

唯「本当にすごい雨だねぇ」

梓「あっ、さわ子先生を恐喝して車で送ってもらいましょう!!」

紬「いいわね」

澪「いや、別に恐喝せんでいいだろ」


─職員室─

ガラッ

唯「失礼しまーす」

さわ子「あら、あなた達」

   「どうしたの?」

律「いや~、すんごい雨降ってるから

  さわちゃんの車で送ってもらえないかなぁ~って」

さわ子「教師をアッシー君がわりに使おうなんていい度胸じゃない」

紬「アッシマー?」

澪「アッシーだよ。おもに1990年から91年にかけて

  移動手段としての男性をそう呼ぶことが定着したんだ」

梓「さすがババ子先生。ロクでもない」

さわ子「ぶっ殺すわよ?」

梓「やれるもんなら殺ってみろよ!!」ヘイ カモンカモン!!

さわ子「」バチコーン

梓「へぶぁっ!?」バゴーン ガシャドシャガシャーン

澪「あの教師、体罰禁止の今のご時世で本気で生徒を殴ったぞ」

紬「時代錯誤だわ」

唯「おばあちゃんだからね、さわちゃんは」

律「というか梓はなんで挑発したんだ?」

唯「アホなんだよ」

紬「唯ちゃんに言われると重いわね…」

さわ子「まぁ別にいいわよ、車で送るくらい」

   「ちょうど仕事も終わるとこだしね」

唯「やったぁー!」

さわ子「だけど私の車は4人乗りだから あと3人しか乗れないわ」

律「なんだ、じゃあ澪と梓が歩いて帰ればいいだけの話じゃんか」

紬「そうね」

さわ子「なるほど」

唯「けって~~い!!」

澪「おいちょっと待てよキュアドリーム」

梓「夢も希望もあったもんじゃない」

梓「なぜ私が雨の中ゴキブリと歩いて帰らなきゃいけないんですか」

澪「そりゃこっちのセリフだよリアルゴキブリ怪物モンスターが」

律「みにくいヤツらだなぁ」

澪「お前だよ!!」

梓「本当ですよ、 勝手にチャチャッと決めちゃって」

 「こういうときはジャンケンでしょうよ」

唯「仕方ないよ、あずにゃんは後輩なんだから」

紬「そうよ、そのかわり唯ちゃんが指を挿入れさせてくれるって」

梓「私、歩いて帰ります」

唯「わぁ、あずにゃんカッコイイ!!」

 「ところで指を入れるってどこに?」キョトン

梓「くわしく優しく教えてさしあげますよ」

 「さぁ女子トイレへどうぞ」

唯「わぁ、どんな事なんだろ~」トコトコトコ

ガチャ

バタン

紬「これでよし」

澪「おい律」

 「梓は後輩だから歩いて帰るのは当然として なんで私まで…」

律「だって唯やムギに歩いて帰れなんて言えないよ」

 「幼馴染の澪だからこそ、遠慮なく頼めるんだ」

澪「え?」ドキッ

さわ子「信頼の証ってワケね」

紬「ふふ、りっちゃんと澪ちゃんみたいになんでも言い合える仲が羨ましいわ」

澪「そうか…」

律「分かってくれたか」

澪「っていうか私じゃなくて律が歩いて帰ればいいんじゃないの?」

律「あ?なんで?」

澪「やっぱり ただのクソ野郎だった」

ザアアアァアァッァァァ

唯『わぁああああ~~~ん!!』バシャバシャバシャ

律「ん?」

さわ子「どこからか唯ちゃんの声が聞こえたような…」

紬「あっ、窓の外を唯ちゃんと梓ちゃんが駆け抜けてゆくわ!!」

梓『指一本でも人参ですよ!!人参妊娠!!』バシャバシャバシャ

さわ子「なに言ってんだあのガキ」

澪「よし!!唯が出てったなら私も車に乗って帰れるね!!」

律「さわちゃん、アタシのドラムセット

  何故か車に乗せていい?」

さわ子「そうしたら澪ちゃんが乗れなくなるわね」

紬「しかたありません」

澪「しかたあるよ!!なんでドラム持って帰る必要があるんだよ!?」

律「わからん」

ザアアアアア

澪「なぁ本当にドラムセット持って帰るの?」

 「冗談だよね?」

律「アタシはやると決めたらやる女だぜ」

さわ子「じゃあ出るわよ」

紬「はやく いってください」

ブロロロロバシャシャシャシャシャシャ

澪「わぁあ!!本当に行っちゃった!!」

 「アイツらの机に皮を剥いだネズミの死体を突っ込んでおいてやる…!!」


─秋山邸─

澪「ただいま……」

ドラ「やぁ澪ちゃん、ズブ濡れだね」

澪「ドラえもん、ネズミの死体出して」

ドラ「はい」ボトボト

澪「本当に持ってるとは思わなかったよ」

ドラ「ふふ、それよりジキルハイドはどうだった?」

澪「トンちゃんにあげちゃった」

ドラ「えっ、なんで?」

澪「ムシャクシャしててつい」

ドラ「スッポンモドキの性格が逆転したらどうなるんだろう」

澪「なんかすごいスピードで泳ぎだして水槽に頭を激突させて死んじゃった」

ドラ「残念だね」

澪「明日また新しいのを飼って入れておくよ」

ドラ「五代目トンちゃんだね」

澪「うん」


17話 完



10