─16話─


─部室─

律「焼き芋つくろっぜー!!」

唯「じゃあサツマイモを燃やさなきゃね!!」

紬「私、ガソリンもってきたの~」

律「ヒャッホオオォォオオオア!?燃やせ燃やせwwww」

唯「ファイヤーwww」

ドボドボ ゴオォォオオォォ

澪「わぁ、こいつら部室で何やってんだ」

梓「気がくるっとる」


─あそこ─

唯「そういうワケで学校が燃えちゃったんだよー」

ドラ「バカかコイツ」

梓「それは最初から分かってたことですよ」

ドラ「そうだね」

律「とにかく学校を直す道具出せよ、というか学校直してこいよ」

ドラ「人にモノを頼む態度じゃないね」

唯「相手はロボだからね!」

ドラ「チクショウ、ボクがロボットで悔しいなぁ」

ドラ「そうだ、ショックガンで撃とう」ズバ

律「ギャ!!」パタリ

唯「あぁっ、りっちゃん」

ドラ「ワハハwwwすっきりしたぞ!!」

紬「だけどコッチにはまだ4人もいるわ」

澪「いや、私は学校を燃やしたテロリスト集団とは関係ないから頭数に入れてほしくない」

梓「私もです」

唯「でも、学校が燃えたせいで和ちゃんや頭がモップの子も燃えちゃったんだよ!!」

紬「さながらバーベキューパーティね」

唯「えへへ、やきにくたべたいぃい~」

紬「うふふ~、唯ちゃんかわゆい♪」

澪「だからなんなんだ」

紬「焼き肉になっちゃった友達をほったらかしの知らんぷりでも平気なの澪ちゃんは?」

唯「そうだよ!!澪ちゃんの悪魔オニ!!」

澪「え?なにこの流れ、私が悪いのか?」

ドラ「そうだ、ショックガンで撃とう」ズバ

澪「ギャ!!」ビリビリ

ドラ「そしてシビれて動けなくなった澪ちゃんのお尻の穴に銃口を突っ込んで」ズバ

澪「きゃぅんっ!?」ビクン

ドラ「内側から効くでしょ」

梓「す、すごいww」

ドラ「これであと3人だ」

梓「は、はやく私も撃ってくださいww」ハァハァ

唯「ビョウキ頭のあずにゃんにゃんにはショックガンは効かないよー!!」

紬「だったらバットで頭をスイカ割り」メッシ

梓「ぎゃぼー」

バタリ

紬「これであと2人……」

唯「るぁっ?ムギちゃんは味方じゃなかったの?」

紬「ごめんなさい、ノリで梓ちゃんの後頭部を陥没させたくなっただけで

  今すぐ唯ちゃんの味方に戻ったわ」

唯「やったー!!」パチパチ

ドラ「めでたいなぁ」

ドラ「それで焼き芋でガンダムを作るんだっけ」

唯「うん」

紬「違うわ。燃えてしまった学校と死んでしまった人たちを生き返らせてほしいの」

ドラ「ボクはシェンロンじゃないんだから」

唯「できないの?」

ドラ「できるけど、50万円欲しいなぁ」

唯「ついにドラ焼きじゃなくて現金を要求してきたよ」

ドラ「ムギちゃんがいるからね」

紬「私の両親がお金持ちなのであって、私自身はお金持ちじゃないのだけれど」

唯「でも、おぼっちゃまくんみたいにお父さんと顔をベロベロなめ合いながら

  現金がお茶の間をバンバン飛び交っているんじゃないの?」

紬「唯ちゃんが『ともだま○こ』させてくれるなら

  50万円くらい払える気がする」

唯「ともだまんこってなぁに?」

紬「まず服を脱ぎます」

唯「なんだか ふわふわして変な感じ……」

紬「これが ともだま○こなのよ……」

唯「ふぁ……」

憂「」チャッコチャッコチャッコチャッコ

紬「はい、50万円」

唯「やったぁ!!これでみんなで温泉行って焼肉食べよう!!」

紬「いいわね!」

ドラ「えっ、ドラ焼きは?じゃなくて学校は?」

唯「あやうく忘れるところだったよ」

紬「私は覚えていたけど おもしろいから黙っていたわ」

ドラ「でもこのままじゃ唯ちゃんたち、警察に捕まるからね」

唯「やだな~」

憂「大丈夫だよお姉ちゃん。犯行現場に『ドラえもん参上』って紙を

  いっぱいバラまいてきたから!」

ドラ「ショックガン」ズバ

憂「けぇっ!!」

バシューン

ドラ「き、気合でかき消した……」

紬「とにかく50万円あげるから、学校を直してもらえないかしら」

ドラ「う~ん、50万円もらえるならいいか」

唯「学校に着いたよー」

ドラ「見事に学校が焼けちゃってるね」

紬「そして、いたるところに『ドラえもん参上』ってスプレーで書いてあるわ」

唯「ドラえもんが校舎に火を放っている合成写真まであるよ」

 「やるなぁ憂」

ドラ「しかもボクがストレス解消で

  犬小屋に火を放っている本物の写真まであるからタチが悪い」

唯「ワンコちゃんに恨みでもあるの?」

ドラ「ボク、ネコ派だから」

ドラ「学校を直したいけど、警察や消防士がたくさんいて近付けないね」

唯「遠くから復元光線を学校に浴びせればいいんじゃないの?」

ドラ「そんなことしたら大騒ぎになるよ」

紬「どうみても既に大騒ぎなんだから、別にいいんじゃないかしら」

さわ子「あらっ、あなたたち……」

唯「あっ、さわちゃん」

けいさつかん「ん?あの青タヌキは放火現場にあった写真の…」

ドラ「ボクはタヌキじゃない」

ボォオオン

さわ子「きゃああぁああっ!?」

唯「おまわりさんの頭がコナゴナに吹っ飛んだ」

紬「デザートイーグルね」

けいさつかんたち「わっ、凶悪だぞ。銃で応戦しろ!!」

バキューン バキューン

唯「昔の刑事ドラマみたいに、なんのためらいもなく発砲してきたよー!!」

ドラ「よし、みんなも大長編みたいに空気砲とショックガンで反撃するんだ」カチャ

紬「どうみてもグレネードランチャーとガトリンガンです。ありがとうございました」

ダダダダダダダダダダダダダダダ ボカーン ボカーン


────────────────
─────────────
──────────

ドラ「そして誰もいなくなった」

唯「殺っちゃったね」

ドラ「さぁ復元光線で何もかも戻そう」

紬「ちょっと待って」

バラバラバラバラバラ

紬「ヘリの音だわ」

 「自衛隊ね」

ドラ「まずいなぁ、アイツらの前で学校を直したら未来のヒミツがバレてしまう」

唯「どうするの?」

ドラ「皆殺しだ」

紬「わたしたち3人であの軍勢を相手にしなくてはいけないの……?」

唯「いつもどおり部室で楽しくおしゃべりしてただけなのに

  どうしてこんなことになっちゃんだろう……」


紬「私、琴吹紬は命を狙われています」

 「なぜ、命を狙われる事になったのか、事の発端は今となってはわかりません」

 「ただひとつ判る事は、焼き芋と関係があると言う事です」

 「りっちゃんと澪ちゃんは犯人の一味」

 「他にも警察と自衛隊が200人以上」

 「どうしてこんなことになったのか、私にはわかりません」

 「これをあなたが読んだなら、その時 私は死んでいるでしょう」

 「これを読んだあなた。真相を暴いてください」

 「それだけが 私の望みです」
                            琴吹 紬
16話 完






ドラ「お前がガソリンを部室にバラまいたのが事の発端だろうが」

紬「そうね」

唯「二人とも、どいて!そいつ殺せない!!」

ドォーン ドォーン

じえいたい「ウワァァア」

ドラ「唯ちゃん、すっかり順応しちゃったなぁ」

唯「勝った」

紬「全員、じょうずにころせたわね」

ドラ「やってみるもんだなぁ」

唯「じゃあ、さっそく復元光線でぜんぶ元に戻そうよー」

ドラ「そうだね」ゴソゴソ

ドラ「あっ」

紬「どうしたの?」

ドラ「復元光線がない」

唯「終わりだね」

ドラ「でも500万円あれば見つかるかも知れない」

唯「えぃっ」

ボォオオン

ドラ「あっ、ボクの左腕が吹っ飛んだよ」

紬「次は頭を吹っ飛ばすわ」

ドラ「たかがメインカメラがやられただけだ」

紬「これで終わりにするか、続けるか、シャア!」

ドラ「終わりにしよう」

16話 完



─17話─


律「練習したくないな」

唯「うん、絶対にしたくないよね」

梓「ここまで練習を拒否するなんて

  何か深い理由があるか、あるいは 人間のクズに違いない」

紬「唯ちゃん達が練習したら人質になっている子供たちが殺されるとか?」

律「へへっ、分かってないなぁ」

唯「私達は単にやる気が無い……ただ それだけなんだよー」

澪「やっぱり ただのクソ野郎だった」

紬「まぁまあ、みんなお茶でも飲んで~」

梓「ムギ先輩がそうやって甘やかすから唯先輩とハゲが つけあがるんですよ」

律「中野。おい、中野よ。お前、今なにか暴言吐かなかった?」

梓「おやおや、変な言葉が聞こえましたか?」

 「それは律先輩が内心、気にしていることが

  幻聴になって聞こえたのかも知れませんね」

律「……」パラリ

紬「あらっ、どうしたのハゲ?カチューシャを外して」

律「幻聴だ幻聴だ幻聴だ」

澪「おいハゲ、練習するぞ」

律「分かったぞ、お前ら全員 友達のいないアタシの生み出した幻覚なんだろ」

 「本当のアタシは部屋に引きこもって楽しいけいおん部生活を妄想する不登校少女なんだ」

梓「何か面倒くさいこと言いだしましたよ」

澪「お前のせいだろ」

唯「りっちゃん、私は幻覚なんかじゃないよ」

 「ほら、あったかいでしょ?」ギュ

律「ゆ、唯…」ドキドキ

唯「でも、あずにゃんは怪しいよ」

律「やっぱりか」

紬「新入部員が欲しいという私達の願望が生み出したマボロシだったのね」

梓「まさか私が幻覚だったとは思いもしませんでした」

律「そうと分かれば絶対に練習なんかしないぜ!!」

澪「なんでだよ、梓が本物だろうが幻覚だろうがどうでもいいだろ」

梓「なんだと」

紬「ねぇ、いいからお茶にしましょう」

澪「ムギはなんですぐそんなにお茶を淹れたがるんだ!?」

 「おばあちゃんかよ!?」

律「いや、別におばあちゃんじゃなくてもお茶くらい淹れるだろ」

唯「憂もよくお茶を淹れてくれるよ!」

梓「バーカ」

澪「最後の声は幻聴だよな」

梓「死ね」

唯「ところで あずにゃんは幻覚だからケーキいらないよね」

紬「そうね」

梓「私は質量をもった残像なのでケーキも食べます」ムシャムシャ

唯「わぁあぁあぁあああ!?この残像、私のケーキ食べちゃった!!」

梓「フハハハハ!!怖かろう!!」

唯「残像だからギー太で殴っても犯罪じゃないよね」

梓「残像だから効きませゴシャぐぇあ」

律「大変だぁ~。梓を保健室に運ばなきゃ~」ニヤニヤ

澪「こうして今日も練習ができずに終わるのか」


─秋山邸─

澪「というワケでアイツらが真面目に生きる道具を出してほしいんだ」

ドラ「澪ちゃんのパンツは高く売れるからドラ焼きがいっぱい食べれていいなぁ」ムシャムシャ

澪「あっ、また私の下着を売っちゃったの!?」

ドラ「唯ちゃんのパンツを売るとうるさいからね」

澪「私のを売ってもうるさいよ!?」

ドラ「ショックガン」カチャ

澪「ひぃいい!?ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!」

ドラ「いい反応だね」

ドラ「女の子の泣き顔を見たらテンションが上がってきたから

  道具を出してあげるよ」

澪「…本当?」パァ~ッ

ドラ「え~っと、唯ちゃんたちがマジメになる道具は…」ゴソゴソ

テケテテン

ドラ「ジキルハイド~」

澪「わぁ、なんだか知らないけどすごそうだぞ!」パチパチパチ

ドラ「ふふふ」

ドラ「この薬を飲むと性格が逆転するんだ」

 「気弱な人は強気な性格になるし、グータラな人はシャキッとする」

澪「結構まともな道具じゃないか」

ドラ「まぁ効果は10分間なんだけどね」

澪「10分か……」

 「でも、いったん練習を始めれば、アイツらもすぐにやめるとは言わないだろう」

 「10分もあれば十分さ!!」


9