─第15話くらい─


ドラ「ヒゲがピクピクする」

 「こういうときは、唯ちゃんが何かロクでもない事を頼みに来るぞ」

ドタバタ ガチャ

唯「ドラえも~ん!!」

ドラ「そら来た」

唯「何が来たの?」

ドラ「春が来たんだよ」

唯「わぁ!!ぽかぽかして気分爽快だね!!」

ドラ「そうかい」

唯「謝って!!」

ドラ「えっ、なんで」

ドラ「それで今日はどんなマヌケなことをボクに頼むつもりなんだい?」

唯「うん、実はね、消しゴムを出してほしいんだよ~」

ドラ「消しゴム?」

唯「消しゴム~」

ドラ「それって人間の命を消してしまうとか、そういう意味合いの消しゴム?」

唯「そんな怖いのじゃないよー。シャーペンで書いた文字を消す消しゴムだよー」

 「言うなればMONO消しだよ~」

ドラ「そんなものはない」

唯「えっ、空飛ぶ道具や瞬間移動できる道具を持ってるのに

  どうして消しゴムは持っていないの?変態なの?」

ドラ「まぁね」

唯「認めちゃった」

ドラ「実はギー太をオチンチンと同じ柔らかさの素材に改造してみた」

唯「わっ、ギー太に変な弾力があるよ!!」ムニムニ

 「消しゴムは出さないくせに、どうしてそんな余計なことはするの?」

ドラ「変態だからね」

唯「くそぅ」

ドラ「でもボクもただの変態だと思われたくはないから

  タケコプターで消しゴムを買いに行ってあげるよ」

唯「やったー!!」

ドラ「じゃあ、お金ちょうだい」

唯「信じてたのに結局お金目当てなんだ」

ドラ「いや、消しゴム代が欲しいだけなんだけどな」

唯「それっておかしくない?」

ドラ「そうかなぁ」

唯「確かに私は消しゴムが欲しいと言ったけど、買いたいとは言ってないよね?」

ドラ「確かに言ってないね」

唯「そして買いに行くって言いだしたのはドラえもんの方だよね」

ドラ「そうだね」

唯「じゃあ お金はドラえもんが払うべきでしょ」

ドラ「その理屈はおかしい」

唯「おかしくないよ」

ドラ「じゃあ唯ちゃんの頭がおかしいんだ」

唯「まぁね」

ドラ「認めちゃった」

唯「実はドラえもんのとっておきのドラ焼きを

  ただのホットケーキに改良してみたよ」

ドラ「あっ!!アンコがなくなっている!!」

唯「おいしく舐めとりました」

ドラ「どうしてこんなヒドイ事をするの?」

唯「頭がおかしいからね」

ドラ「あっ、なるほど」

唯「ふふ~ん♪」

ドラ「殴りたいなぁ」

ドラ「それでどうして消しゴムが欲しいの?」

 「ひょっとしてゴムつながりで

  コンドームと間違えているんじゃないの?」

唯「コンドームってなぁに?」

ドラ「……おいしいお菓子だよ。今度、ムギちゃんにおねだりしてごらん」

唯「うん、わかったー!!」

ドラ「それでどうして消しゴムが欲しいの?」

唯「宿題するんだよ」

ドラ「至極マトモな理由だった」

唯「ほら、こんなにいっぱい間違えてるから全部消さなきゃならないんだよ」

ドラ「本当だね」

 「ところで1+1=5って書いてあるけど正気なの?あっ、頭がおかしいんだった」

唯「わたし達けいおん部は1+1が5にも10にもなるんだよ!!」

ドラ「素晴らしい考え方だけど、社会じゃ通用しないなぁ」

唯「せちがらいね」

ドラ「というより高校の宿題で何故1+1=なんて問題が出るの?」

唯「私は特別だからって、さわちゃんが私用の宿題を作ってくれたんだ~」

ドラ「かわいそうに」

ドラ「そういえば芸術家きどりのゴミどもが

  スケッチで、食パンを消しゴムがわりに使っていると聞いたことがある」

唯「そっか。消しゴムのかわりになるものを探せばいいんだ」

 「ドラえもん、食パン出して」

ドラ「そんなものはない」

唯「ドラえもんはいつになったら役に立つつもりなの?」

ドラ「ボクなりに一生懸命がんばってるつもりだよ」

唯「ドラえもんの手ってゴムマリみたいで柔らかそうだね」

ドラ「あっ、やめて」

ゴシゴシゴシ ゴシゴシゴシ

唯「あっ、シャーペンで書いた文字が消えたよ~」

 「ドラえもんの手は消しゴムがわりに使えるね」ゴシゴシ

ドラ「やめてやめて!!うわぁあ!!手が真っ黒だ!!」

唯「ブラックドラえもんだね」

 「いや、ドラえもんブラックだよ!!」

ドラ「なんでブラックの位置を変えたの?」

唯「仮面ライダーBLACKみたいでカッコイイかなって」

ドラ「ふうむ、確かにかっこいい」

唯「じゃあ、ドンドン消しゴムとして使って

  かっこいいドラえもんブラックRXにするよー」ゴシゴシ

ドラ「あっ、待って!!ボクの手がすり減ってきたぞ!!」

唯「わぁ、大変だ!!」

 「私の宿題が先に終わるか、ドラえもんの体が先に消滅するか

  イチかバチかの大バクチだね!!」ゴシゴシ

ドラ「くっ、がんばって宿題を終わらせるんだ!!」

唯「え~と、3+4は…………よん?」

ドラ「何故、その結論に至ったか理由を聞きたいなぁ」

唯「あてずっぽうだよ」ゴシゴシ

ドラ「唯ちゃん、ものごとには全て理屈というものがあってね」

唯「わが拳は我流!! 我流は無型!! 無型ゆえにだれにも読めぬよー!」

ドラ「雲の唯ちゃんだね」

 「よ-し、殺 すぞ」

唯「そうか、死 ねば宿題で苦労する必要もないんだ」

ドラ「変な方向に悟っちゃったぞ」

唯「ドラえもん、苦しまずに死 ねる道具出して~」

ドラ「ボクは人を殺 すのが好きなんじゃない」

 「まだ生きたいと思っている人間の未来を奪うのが好きなんだ」

唯「最低だね」

ドラ「そうだね」

唯「おかげで私はまだ生き続けなきゃいけなくなったよ」

ドラ「そうだね」

唯「人はなぜ生きるんだろう」

ドラ「おいしいドラ焼きを食べるためだよ」

唯「そっか~」

 「ドラ焼き買ってこようっと!!」

ドラ「MONO消しを買ってくればいいのに」



15話くらい 完





8