p和「最初の手ごたえが悪いときは趣味から攻める。基本ね」

和「あとお金はふっかけると引くから、始めは少なめにしたほうがいいのよね」

和「小金をたくさん払わせて大金にする方法ね」

和「さて・・・あと、少し不安なのが澪ね」

和「しっかりしてるけど優しいから、そういうところを狙われるんじゃないかしら」




―――――――――――――――

【秋山澪の場合】


澪「久しぶり、和」

和「久しぶりね、澪。大学はどう?」

澪「あぁ、みんなもいるし楽しいよ。・・・和がいないのは少し寂しいけどな」

和「そう、楽しんでるなら良かったわ」

澪「今日は一体何の用事だ?何か困ってることでもあるのか?」

和「あぁ・・・それなんだけどね・・・」


和「澪、ちょっと宗教に興味ない?」


澪「しゅ、宗教?」

和「大学に入ってから始めたのよ。澪も興味ない?」

澪「宗教・・・かぁ・・・私はちょっと・・・」

和「別にそんな堅苦しい感じじゃないのよ。気楽に雑談する感じよ」

澪「う、うーん・・・でもそういうのは色々怖いし・・・」

和「何も怖がることはないわ。私だって何も不幸な目にあってないし」

澪「で、でも・・・」

和「・・・そうね。無理を言うのはよくないわね。ちょっと聞いてみただけよ。忘れて頂戴」

澪「・・・」

和「でも、私は宗教を始めてから、すごく世界が広がったの」

和「今まで話したこと無い人と、様々な価値観を共有できたわ」

和「だから澪にも、きっと良い刺激になると思って誘ったんだけど・・・
  無理を言って悪かったわね」

澪「和・・・」

和「色んな人と話すことは、澪の自信にも繋がると思うけど・・・
  別にそれは宗教じゃなくてもいいわよね」

澪「ま・・・待ってくれ、和」

澪「和がせっかく誘ってくれたんだ。頭ごなしに否定するのは・・・良くないよな」

澪「それに、和なら信用できるよ。一回、顔を出してみたいな・・・」

和「・・・いいの?別に無理は言わないわよ」

澪「いや、興味が出てきたんだ。一度行ってみたい。・・・いいかな?」

和「ありがとう、澪。そう言ってもらえると嬉しいわ」


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・


和「なんとか上手くいったわね」

和「押して駄目なら引いてみろ作戦も成功ね」

和「お金は取れる雰囲気では無かったけど・・・それは仕方ないわね」

和「律と一緒で、どうせ後から大金がかかることになるんだから」

和「・・・・・・どうせなら、梓ちゃんにも試してみようかしら」




―――――――――――――――

【中野梓の場合】


和「久しぶりね、梓ちゃん」

梓「あ、お久しぶりです。和先輩」

和「新生けいおん部はどう?」

梓「はい、順調です。・・・それにしても珍しいですね。
  和先輩が二人きりで会いたいなんて・・・」

和「緊張しなくていいわよ。今日は梓ちゃんに話があるの」

梓「話・・・ですか?」


和「梓ちゃん、ちょっと宗教に興味ない?」


梓「えっ」

和「実は私、大学に入って宗教を始めたの」

梓「は、はぁ・・・」

和「で、梓ちゃんも興味が無いかなと思って」

梓「わ、私はそういうのは・・・」

和「別に怪しい宗教じゃないのよ。ただメンバーで集まって雑談するだけ」

和「宗教というよりは、サークルに近いかしら」

梓「・・・」

和「メンバーの中には受験生もいるし、色んな話が聞けるわ」

和「受験の不安とか言い合えば、気が晴れるし、連帯感も生まれるし」

和「無理にとは言わないけど、一度だけでも顔を出してみたらどうかしら?」

梓「え、えーっと・・・」

和「・・・まぁ、梓ちゃんにも梓ちゃんの都合があるわよね。
  いきなり変なこと言って悪かったわ」

梓「あ、いえ、その・・・」

和「ただ、興味を持ったらいつでも言ってくれれば、歓迎できるから、考えてみて頂戴」

梓「ま、まぁ一応考えておきます・・・」



・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・


和「・・・失敗ね」

和「押しても引いても乗り気じゃなかったわ」

和「梓ちゃんは普段からネットとか使ってるし、警戒心が強いのかもしれないわね」

和「他のメンバーも梓ちゃんを見習って欲しいわね・・・」




・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・


~中野家~


梓「うわー和先輩絶対悪い宗教にはまってるよ・・・」

梓「真面目な人ほどはまりやすいっていうし・・・」

梓「どうしよう・・・」

梓「これは警察に通報したほうがいいよね・・・」

梓「私が和先輩の目を覚まさなきゃ・・・!」

梓「やってやるです!」



~数週間後~

ドンドンドン

和「はい、どちら様?」

ガチャ


警官「警察だ!もう証拠はあがってるぞ!」

和「え?」

警官「とぼけるな!貴様、宗教を騙り友人から金品を巻き上げていたそうじゃないか!」

和「え?え?」

警官「後輩を名乗る人物からリークがあったぞ!ま、詳しくは署で聞こうか」

和「い、いえ、その、誤解です」

警官「もう逮捕状も出てるんだ。ほら、手を出せ!真鍋和を詐欺容疑で逮捕する!」

和「そんな・・・」


ガチャン


警官「手錠の冷たさを覚えておくんだぞ」


和「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・みんな、宗教には気をつけないと駄目よ」





おしまい





突然割り込んで失礼。
次の方頑張ってください。



6