飛び入り参加



唯「さいきんあずさがうざい」 



唯「ねーみんなー、あずさのことどう思う?」

澪「別になんとも」

律「空気じゃね?」

紬「別にいなくても部には影響しない存在ね」

梓「……」

唯「あずさー、ネコミミつけてにゃんにゃんしてよほら」

梓「……にゃんにゃん」

律「……は?」

澪「恥ずかしくないのか?」

紬「よくできるわね」

唯「媚びてんじゃねーよ後輩」

梓「にゃ、にゃ~ん」


唯「猫ってさ、こんな不細工じゃないよね」

澪「もっとかわいいよな」

律「こいつには愛らしさが欠けているな」

紬「愛らしさを出すにはどうすればいいと思う?」

梓「床に這いつくばってごろごろとかですか?」

唯「ちげーよカス、脱げよ」

梓「え!? なんでですか」

唯「あのなぁ梓、今からおまえの愛らしさをな、先輩達がアップさせてやるからさ」

梓「い、嫌です! そんなことできません」

唯「黙って脱げよ! おまえ、退部になりたいの?」

梓「そんなことするくらいなら退部します」

澪「これなーんだ」

梓「あ、返して下さい!」

律「うわ、澪ひでーなそれ梓のムスタングじゃねーか」

澪「これ、折っちゃおうかなー、ここから投げ捨てたら折れるかな」

梓「やめて下さい! 壊したら弁償してもらいますから!」

紬「梓ちゃんが自分で壊したものをなんで私たちが弁償しなくちゃいけないのかしら?」

唯「梓が自分から投げ捨てましたーってみんなが言えばその通りになるよねww」

梓「さ、最低です! いつまでもへらへらしてると思ったら大間違いです!」

律「っは? なにかすんの? ほらやってみ」

梓「こんのぉ!」

律「澪、それで梓殴ってやれ」

澪「おっけー、そーれ!」

梓「うげぇ! おごぉ! ぐげぇ!」

唯「やっちゃえやっちゃえ!」

紬「顔は避けるのよ、バレちゃうから!」


唯「わたしもやるやる~」

澪「唯はギー太使わないの?」

唯「ギー太汚したくないし」

澪「じゃあ、はい」

唯「えーと、ゴルフスイングってこんな感じだったっけ?」

律「そうそう、上から思いっきり振り下ろすんだ」

梓「や、やめっ」

唯「せーのぉ!」

あずさ「ぶえぇえ! おぇえええ! ぎゅぷるぐぐぴぇ……」

律「あーあー、吐きやがったよ」

紬「すごい音がしたから肋骨でも折れたんじゃない?」

澪「唯、そんなに梓のことが嫌いだったのか(笑)」

唯「えーだってこいつ偉そうじゃん! 何様って感じだし」

律「部長のあたしより偉そうだしな」


梓「……ぷくぷくぷく」

唯「ちょ、見てよ泡吹いてるよ~」

律「顔がゲロまみれだし、きったねえな」

澪「消毒してやれ、消毒」

紬「ちょうどあったまった紅茶があるわよ」

唯「貸して貸してー」

紬「はい」

唯「あーずーさー、今綺麗にしてあげるからねー」

梓「…………」

唯「そーれどぼどぼどぼどぼ」

梓「dg不gふgk@:kgp@:んjkが」

律「顔が真っ赤になったぜ!」

澪「床でジタバタもがいてる姿がいっそう滑稽だな(笑)」

紬「これ1杯20000円だからね」

唯「たっか! 野良猫にはもったいないね!」


澪「でさ、これどうすんの?」

律「気絶しちまったなあ、なんか面白いことできねえかな」

唯「面白いこと? あるよ~」

紬「どんなのどんなの?」

唯「トンちゃんを使います」

律「ほぉ、面白そうじゃねーか」

唯「あずさの下着を脱がせます」

澪「おお」

唯「トンちゃんを股座につっこませます」

紬「唯ちゃん、最高よ!」

唯「じゃあさっそく、トンちゃんを水槽から取り出してー」

澪「私が下着を脱がしてやるか」

紬「あ、私も手伝うね」

律「私はデジカメで撮影でもしてるか」

梓「……ピクピク」

唯「準備はおっけーだね」

澪「おお、このきたないマンコにぶちこんでやれ」

唯「大人しくしててね、とんちゃん!」

律「しっかり撮ってるからなあ」

唯「まずは指で広げて、きっついなあ」

律「あずさのおまんこ写真、あとでネットに流しておくか、キモオタどもが食いつくだろ」

唯「んー入れ入れ!」

紬「もっとグイって押し込んでやるのよ」

澪「頭部分は入ったな」

唯「これ以上は無理かもね」

律「ケリで押し込むか」

唯「あ、それいいね~」

律「いっくぜー、ほら」

梓「あ゛゛あ゛あ゛あああああああああああああああ!」

紬「あ、意識戻った」

澪「アンコール、アンコール」

唯「わたしやるよー・・・そぉーっれ!」

梓「ぐぎゃあああああああああああああああああああ」

紬「性器裂けてきてるわね」

澪「どうせならこのまま裂いちゃおうよ」

唯「もちろん! ほら! ほら! ほら!」

梓「…・・・」

律「まーた失心しやがったぜ」

唯「でもこれもう使い物になんないんじゃないの?」

紬「生殖機能がなくなるなんてもう生物失格ね」


唯「でさ、この汚物どうするの?」

澪「捨てておけば?」

律「カッター置いておくか」

紬「自殺してくれると楽よね」

唯「じゃあ私たち帰るけど、綺麗にしてから死んでね~」

澪「ついでに梓の財布の中身頂いておくか」

律「けいおんぶは1600ゴールドをてにいれた、なんてな!」

紬「なにそれ~」

唯「どらくえどらくえ」

澪「はぁー今日の部活もつまんなかったな」

紬「次は澪ちゃんのファン倶楽部の子とかどうかしら」

唯「あ、あのこは? ほらたまに梓と一緒にいるモップみたいな髪型の子」

律「あいつはビジュアルが最悪だからな」

澪「いじっても楽しくないな」


唯「まあいいか、帰ろ帰ろ」

澪「じゃあまた明日なー梓」

律「生きる気力があればな」

紬「じゃあね、さようなら」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


梓「――という夢を見ました」



おわり



9