律「ショートケーキ頂き!」

唯「あ、ずるい!まだみんな決めてないよ!」

律「もう遅いぞ~」

唯「遅くなんかないよ!りっちゃんのクズ!」

律「早い者勝ち!弱肉強食!クズはお前だ!」

唯「わたしはクズじゃないもん!クソりっちゃん!」

律「クソだと?…何がなんでもわたしのだ!」

ぺっ ぺっ

律「唾つけたからな!」

唯「最低だよこの人…」

澪「律!せっかくムギが用意してくれたんだぞ!」

律「友達のことクズ呼ばわりするような奴のセリフかよ!」

唯「誰が友達だって?勘違いしないでよ」

律「ああ、こんな奴こっちからお断りだ」

唯「大体りっちゃんだって、わたしのことクズって言ったもんね」

律「お前がクズって言ったからだろ!」

唯「りっちゃんはクズだもん、仕方ないよ!」

律「何だとー?わたしがクズならお前はのろまクズだ!」

紬「ちょ、ちょっと…」

梓「二人ともやめてください!」

澪「お前らなあ…」


紬「今のはどちらも悪いわね」

唯「何で!?今のはりっちゃんでしょ!」

律「は?お前はほんとバカだな!」

梓「元はと言えば律先輩の行為がいけませんが」

澪「唯も唯で、話し合うこともなく律を悪く言ったからな」

唯「わたしが悪いの!?」

紬「そういう意味じゃなくて、ね?」

唯「ちょっとムギちゃん黙ってて」

梓「そんな、あんまりです!」

唯「あずにゃんもうるさいよ」

紬梓「…」


唯「いいよね、りっちゃんには無条件で肩持ってくれる人がここにいて」

澪「どういう意味だ?」

唯「こんなクズでも幼なじみだもんね、嫌でも肩持つよ」

澪「そんなんじゃないだろ!」

律「悔しかったら和でも呼んでこいよ」

澪「わたしは別に律の肩持ったわけじゃないぞ!」

律「へえ、わたしのこと裏切るのか?」

澪「お前…ほんとバカだな」

律「何だと!?」

澪「今回は救いようない」

律「…お前なんか一人じゃ何も出来ないくせによ」

唯「はは、幼なじみにも見捨てられてる~」

唯「所詮クズの親友はクズだったんだね」

澪「…お前らいい加減にしろよ」

澪「律、最初強引にケーキを取ったお前も悪い」

澪「でもそれだけのことで、話し合う間もなく暴言吐いた唯だって悪い」

澪「喧嘩両成敗だ」

律「うるっせーな…」

唯「何でわたしが…」


澪「いいか二人とも」

唯「…何?」

律「何だよ」

澪「やり方は卑怯だけど、欲しいケーキを手に入れた律が勝ちとして」

澪「ケーキを取られた唯が負けとする」

律「ま、当然だな」

唯「わたしは認めないけどね、クズの唾つけたケーキなんて汚物だからいらないや」

澪「まだ話は終わってない!」

澪「勝った律がイラクで、負けた唯がアメリカだとするだろ」

律「は?何言ってんの?」

唯「さすがクズの幼なじみ、意味がわからないや」

紬「ちょっと!澪ちゃん、話がずれてる」

梓(わたしもう喋んないから)

澪「イラク、つまり律がケーキと言う核兵器を所有してるってのがアメリカである唯の言い分だ」

律「あーマジ意味わかんねえ」

唯「聞かなきゃダメなの?この話」

澪「でもそれは大義名分だ、本来の目的はオイルマネー。つまり唯はケーキを理由にただ律に暴言吐いただけだ」

唯「結局はわたしが悪いってことじゃん」

律「当たり前だろのろま」

澪「とにかく!」


唯「はー…まだ続くんだね、めんどくさ~」

律「何かどうでも良くなってきたわ」

澪「日本は直ちに日米安保を破棄、憲法第9条を改正すべきなんだ!」

唯「ほんとどうでもいい…」

律「わたしケーキ食おっと」

澪「日本は軍隊を持つべきなんだ!永世中立国のスイスだって軍隊を持っている!」

澪「それが何故だかわかるか?梓」

梓(喋んない、喋んないんだから)

澪「…ムギ!」

紬「えっと…自分を守るため?」

澪「そう、さすがムギ」

紬(何だろう、嬉しくないわ…)


唯「…結局さ~」

律「何が言いたいんだよ、澪は」

澪「戦争は良くないよ、ただ自分の身は自分で守るくらいの覚悟はしなきゃ」

律「そんな話してねーし」

唯「…こんな幼なじみ持って大変だね、りっちゃん」

律「ああ、よく付いていけなくなる」

唯「…ぐだぐだ言ってないでケーキ食べよっと」

唯「あ、これおいしい!」

律「うん、こっちもうまい」

唯「一口食べる?」

律「…いいのか?」

唯「うん、はいあーん」

律「あーん」


うっ


律「おえっ」

唯「やだ、汚い」

律「お前が奥までフォーク突っ込むからだろ!」

唯「ふん、甘いよ」

律「喉突いただろうが!何すんだ!」

唯「ただで貰えると思うなんて愚かだね、クズ」

律「クズはお前だよ!クソが!」

紬(どうしてこうなった…)

梓(あずにゃんにゃん♪)

澪「天皇万歳!皇居に向かって敬礼!」



終わり。



8