1番手の方、乙です。
投下します。





『ウワサ』


最初は、自分のことだと気付かなかった。

女子高生たる者、ヒソヒソ話の一つや二つくらい
別に珍しいものでもない。

いつからか、クラスの皆がどこか暗い視線で何かを見ているような
そんな気はしていたが、まさかその視線が向けられているのが
自分だったとは夢にも思っていなかった。



律「今日はムギの奴、休みか……」

その日、ムギが休んだ。

季節の変わり目ということもあったし、おそらく風邪でも引いたのだろう。
昨日の部活の時も、どこか気のない感じだった。

後でメールでも送っておくか……
1限目の休み時間、そう思った時ふと視線らしきものを感じる。

感じた方を向いてみると、数人のクラスメイトが
不自然に顔を逸らしたのが目に入った。

内輪でこっそり話をしているのは一見してわかるが
どうやら、その話の標的は私だったようだ。

私は見逃さず、席を立ちその一団の方へ歩いて行く。

律「お~いお前たち。私の方見てただろ~?何の話してたんだ?」

いつもの軽い調子で話を振る。
そうすれば、いつもと同じように向こうも軽いノリで返してくる。

はずだった。

彼女たちは、複雑そうな表情でお互い顔を見合わせ
私の方をチラチラ見ては、何か言いたげな、でも言うのをためらう様子を見せる。

……何なんだよ。

流石の私も少し気分が悪くなる。

それはそうだ。
ヒソヒソ話の標的にされ、しかもそれが本人の前で言えないような
内容であったというならば、不快感を覚えない人間などまずいない。

律「なあ、気になるだろ?何話してたんだ?」

嫌な気分を殺しながら、努めて明るい口調でもう一度尋ねる。
ただ、先程より少し語気が強めだったのか、私の声に反応して
体をビクっと縮こませる子もいる。

……私が何かしたってのか?

この時、既に私の表情から笑顔は消えていたのだと思う。
軽いノリではいられない、重い空気にその場は飲まれていた。

静寂が場を支配する。

やがて、輪の中一人が周りに目配せしつつ一言「何でもない」と小声で言う。

……何でもないわけないだろう。

本人の前ではどうしても言えないような話なのか。


実は、今目の前にいる面子から
ヒソヒソ話を追及するのは初めてではない。

前にも同じようなことがあった。
その時は、軽いノリでやりとりしあったのを覚えている。



「おい、何見てるんだよ~?」

「りっちゃんのオデコが輝いてたから見てたんだよん」

「何だとこの~」



記憶をたどると、そんな会話が思い出された。
このようなことがあったからこそ、私は遠慮無くこの輪に飛び込んで来たのに。

状況は、その時とまるで違っていた。

心の奥から様々なものが込み上げてくる。

怒り、不快感、吐き気……

私はそれら全てを一息に飲み込み、「あっそ」と彼女たちに返事をした。
これ以上この場にいては、私自身が耐え切れない。そう感じたのだ。

私は踵を返し、ドタドタと足音を響かせ自分の席に戻る。
周りの視線が少し目に入るが、おかまいなく
私は乱暴に椅子を引き、ドサリと腰を落とす。

横目で先程の輪をもう一度確認する。

彼女たちは懲りもせず、また内緒話を始めているようだった。



昼休みになり、私は今朝あったことは既に忘れようとしていた。
嫌なことはさっさと忘れる……私の特技の一つだ。

私は弁当を持って、いつも昼食を共にしている仲間のもとへ向かう。

律「はあ~、腹減ったな~」

そう一言告げて、私は手近な席へ勢い良く腰掛ける。

唯「りっちゃん、お行儀悪ーい」

唯が冗談めかしく私を咎める。私は、へへと返す。
いつものお昼時間。勉強があまり好きじゃない私にとっての憩いの時間。
今日は一人足りないけれど、まあたまにはそんな時もあるだろう。

私はいつもの面子の顔を見渡し――
ふと、その内の一人がどこか浮かない顔をしているのに気付く。


律「澪、どうしたんだ?」

私は、俯き加減な澪に声をかける。澪は、少し周りの様子をチラチラ見るような
仕草を見せて、「何でもない」と気のない返事をする。

……何でもない、なんてことは嘘だ。一目でわかった。

ふと、私は忘れようとしていた今朝のことをもう一度
頭の奥から引っ張り出した。いや、引っ張り出さざるを得なくなった。

……視線を感じる。
今朝と同じような感覚。それも、一箇所からではない。

……私のせいか?
何か私が噂されるようなことをしたせいで、澪まで過敏になっているのか?

そう思うと澪や唯――もっとも唯は周囲の視線に気づいていないようだが――に申し訳
なく感じる。しかし、それ以上に実態不明のこの視線に対する苛立ちが大きくなる。


律「さ~て、今日のおかずはどんなのかな~」

私はイライラを押し殺すように、出来る限り明るく振舞う。
今ここで澪に何か言うことは難しいし、何より唯にまで変な心配を
かけるわけにはいかない。

唯「あれ、澪ちゃん。食べないの?」

何も気づいていない唯は、いつも通り明るく元気に澪にも話しかける。
澪はやはりどこか気の抜けた返事を返そうとする。

その瞬間を狙い……私は澪の弁当からおかずを取り上げる!

律「ほーう、食べないんなら私がもーらい♪」

澪「な……!」

流石に勝手に弁当を取られたとあっては、澪も反応しないわけにはいかなかったのか。
澪は「何すんだよ!」といつもと同じ口調で、いつもと同じく私にツッコミを入れる。


痛っ!


容赦のないツッコミに、私は涙目になる。

けど――

ひとまずは、これでいい。
周りのことなんか気にしなくていい。

その後も、私は異常なテンション――我ながらそう感じた――でお昼休みを乗り切った。
ムギがいないにも関わらず妙に元気の良い私の態度に、唯は少しヒイていたみたいだったが
変に気を使わせるよりは遥かにマシだ。



……しかし、この判断が余計に事態をややこしくするなんてことを
私は微塵も考えていなかった。






5