─第40話─


律「アタシらの中で生まれ変わるとしたら、やっぱりムギがいいよなぁ」

澪「あ~、分かる分かる。私もムギみたいになりたいよ」

唯「そうだねぇ~」

紬「えっ、みんな どうしたの?」

梓「私もお金持ちになりたいです!」

律「へへへ」

澪「やっぱり世の中、金だもんな!」

紬「じゃあ、もし私がお金持ちじゃなかったら?」

唯「私、澪ちゃんになりたいな~」

澪「♪」フフ~ン

紬「シュン……」

梓「しかし、なんで よりによって澪先輩なんかになりたいんですか」

澪「お前は私に憧れていたという設定はどうした」

唯「だって澪ちゃん、かわいいんだもん」

澪「や、やった!」

律「確かに残念美人の澪のボディに、唯のおもしろ人格がインストールされたら……」

~~~妄想~~~

澪「うんたん!うんたん!」

 「ふぇぇ……暑いよぉぉ」

 「りつぅぅ……あいす~あいすぅうう」

~~~妄想終了~~~

梓「悪くないですね」

紬「むしろ非常に良いわ」

律「じゃあ、こいつらの頭を激突させて見ようぜ」

唯「ヨーシ!」

澪「そんな事したって、人格は入れ替わらないよ!!」

梓「まぁいいじゃないですか、替わらないなら替わらないで」

 「とにかく頭を激突させましょう」

澪「お前は私に憧れていたという設定はどうした、本当に」

律「唯の性格の澪は、普段とのギャップで面白いけど

  澪の性格の唯は、どうなんだろうな」

~~~妄想~~~

唯「お前ら、ちゃんと練習しろ!!」

~~~妄想終了~~~

梓「もはや、ぶっ殺したいですね」

唯「……そんなに?」

紬「私はそこまでは思わないけど、まぁ」

律「とりあえず、もう一緒にバンドをやることもないだろう」

澪「私は喜べばいいのか、どうなんだ?」

唯「うわーん;;うわーん;;」

梓「唯先輩のあどけない笑顔はカワイイと思っていたけど

  あの性格あってのものだったんですね」

唯「私、ずっと かわいく生きていくよ」

紬「じゃあ全然、別のベクトルで、りっちゃんと梓ちゃんが

  入れ替わったらどうなるのかしら」

~~~妄想~~~

律「さぁ、練習するぞ!!」

梓「えぇええ~~~……暑いから今日はもうやめましょうよぉおお、ボォエエエ……」

~~~妄想終了~~~

唯「あずにゃんは退部だね」

澪「退部だな」

律「つまりどういうことなんだ」

紬「りっちゃんの態度は、先輩という立場だから許されていたのであって

  後輩だったらこれはもう、まったくクズだったんだわ」

梓「ふふ~ん」

律「先輩で助かったぜ」

唯「助かったね~」

澪「それにしても梓が乗りうつった律は人としての魅力が一カケラも無いなぁ」

唯「あずにゃんも ルックスでつまらない性格が許されていたタイプだったんだよ~」

紬「梓ちゃん率いるニュー軽音部が空中分解して

  きったねぇ花火になって消えゆく末路が目に浮かぶわ」

梓「そんなことないもん!」

 「大体、人としての魅力に関して

  澪先輩のようなスカスカのカスにだけは言われたくないんですよ!!」

澪「お前、私に憧れ、お前、設定、お前、カスであると!!」

律「どうしたんだ」

紬「澪ちゃんは精神汚染レベルの怖がりというキャラが立っているわ」

澪「ほらな?」

唯「確かに怖い話に おびえる りっちゃんなんて檄萌えキュンだよ~」

律「ひぃいい、怖いいよぉこわいよぉおぉおお、澪ぉおお~~;;」ブルブル

澪「よしよし」ナデナデ

律「うぅっ……」グスッ

唯「りっちゃん、かわいい」

律「ふぅ……一方、梓にはどんな特技があるんだ?」

梓「えっと、えっと、ほら、唯先輩にツンデレ気味なところとか」

 「もう!!しょうがないなぁ唯先輩は!!」ニャンッ?

唯「はぁ」

紬「女の子が女の子を好きになるなんて気持ち悪い」

律「お、おい、どうした」

梓「セレブなムギ先輩と薄汚れたノラ犬 田井中 律が

  入れ替わると凄そうですよね、ギャップが」

澪「ほほぅ」

~~~妄想~~~

律「お茶が入りました~♪」

 「今日はマドレーヌ作ってみたの」ウフ

澪「りっちゃんが作ったの~?すごいよ~」キラキラ

律「あんまり自信は無いんだけど……」モジ……

紬「うめぇww」ガツガツ

唯「うん。これは本当においしいよ、律」

律「よかったぁ~」

梓「」プクプク

~~~妄想終了~~~


澪「ほほぅ」

律「というか色々どうなってんだよ」

梓「私は思いきってトンちゃんになってみました!」エヘヘ!!

紬「その調子よ」

唯「でもアレだね~、りっちゃんが粗野なテーブルマナーでも

  あぁ、やばんじんなんだな~、って思うだけなんだけど

  ムギちゃんが金髪を振り乱してマドレーヌにかぶりついてたら

  頭が おかしい人みたいだね!!」

澪「というか、なんか哀れだな……」

梓「ムギ先輩、お金持ちでよかったですね!」

紬「うん……よかった」

律「唯と憂ちゃんが入れ替わってたら、どうなってたんだろうな」

澪「えーっと」

紬「ちゃんと練習しながら、息抜きのタイミングも心得ている気が利く娘よ。憂ちゃんは」

梓「憂は飲み込みが早そうだから、ギター同士で音楽談義に花を咲かせることが出来たろうなぁ」

律「けちんぼ澪と違って、宿題もたやすく見せてくれそうだ」

唯「私はいらない子なの?」

澪「……でも憂ちゃんみたいな出来た子だったら、唯ほど親しくなれなかったかもな」

唯「えっ」

律「なんでだよ」

澪「自分より明らかに劣ってる人間だから、唯といると安心するんだ」

紬「……そうね。確かに唯ちゃんのゆるんだ顔面を見ていると

  自分の眉毛がちょっと人より太くて濃いことなんて、どうでもよく思えてきちゃう」

梓「ちょっと……?」

律「最初のテストで唯が赤点とりまくったとき、むしろ嬉しかったもんな~」

 「脳みそがカステラみたいなヤツが相手なら偉そうに出来るぞって……」

唯「みんな……」




唯「それ、いい話なの?」

澪「そういうことにしておいた方がいいぞ」

唯「わかった~!!」

律「バカでよかったな、唯」

唯「うん、よかった~!!」


梓「その理屈で言うと、クズほど周囲に癒しを与えるということになりますね」

唯「あずにゃんがクズって言った!!」ウワァァ~

 「あっ、でも私くずもち好きなんだ~」ムシャムシャ

律「見ろよ、なに言ってんだこいつ」

紬「癒されるわ~」

澪「こんな私でも胸を張って生きてていいんだなって思えてくるよ」

梓「……」


─職員室─

さわ子「どうしたの梓ちゃん、あっ、さては おやつくれるの?」ワクワク

梓「いや、先輩たちが卒業して、けいおん部の部長になって

  練習のペースを考えたり、新入部員に気をつかったりで

  実は結構疲れちゃって……」

さわ子「あっ、人生相談なら乗る気はないわよ?」

   「だって、すごく面倒くさいもの」

   「私は学校の教師である前に一人の人間で

    生徒のために時間を割くなんて冗談ではないし

    私は私の生き方をこれからもまったく微塵も変える気は全然ないの」

   「さようなら」

   「そこに壁があるから、壁とでも話しててね?本当にごめんね?バーカ」

梓「やはり、さわ子先生ほど癒される人はいません」

さわ子「話の流れがよく分からないけど、そりゃあそうよ!」エッヘン!

梓「えいっ」パリン

さわ子「あぁっ!?私のおしゃれメガネが割られた……」

   「私、癒されるんじゃなかったの!?」

梓「アアア心地いいなぁ」パリン パリン

さわ子「うっ、ううっ……」

梓「ふふっ」

 「さわ子先生のおかげで私、なんとかやっていけそうですよ?」

 「これから一年間、よろしくお願いしますね!」パリン

さわ子「きもちわるい」





─梓「さわ子先生のメガネを叩き割ったら泣いた」─






        ━おわり━