─第29話─


─部室─

梓「先輩たちがいなくなって寂しいよう」グスッ

憂「ホントだね、さびしいね……」グスッ

純「いきなり湿っぽい雰囲気だな~」

 「ほら、せっかく私が入部してあげたんだから

  元気出しなよっ!」ネ?

梓「でも、しょせん魏延には関羽や張飛の代わりは務まらないもん……」

純「魏延ってなんだい」

梓「いま気付いたんだけど、張飛って漢字は『ハルヒ』と呼べなくもないよね」

憂「あっ、ホントだー!」

 「涼宮張飛の憂鬱!!」キャッキャッ

梓「ある~晴れた日のこと~♪」

憂「知れたことよ。この家に火を付けてやらア!!」ウォァアアアアア

純「この二人の頭の中で一体、何が起こっているんだろう」

ガチャッ

さわ子「それが孔明の罠よ」

純「あっ、さわ子先生だ。おはようございます」ペコッ

憂「さわ子先生って、お姉ちゃんと同じで、目が2つあるからかわいいなぁ~」

純「そんなホメ方は初めて聞いたなぁ」

さわ子「えへっ、ありがと~!!」

純「そして喜んじゃった」

さわ子「さぁ今日のおやつはどうなっているの?」タンタン

梓「いつまでも唯先輩たちとの思い出に浸っているワケにはいかないので

  さわ子先生にはトンちゃんを食していただこうと思います」

トン「ェェェ.....」

さわ子「これが命の授業なのね」ナットク

純「それってどうなんだろう!?それってどうなんだろう!?」

憂「慌てふためく純ちゃん、かわいい!」キャッ

さわ子「憂ちゃんは、唯ちゃんにベッタリだったという話を聞いていたけれど

    今、家では一人で大丈夫なの?さびしくない?」

憂「今、お姉ちゃんの住んでいる寮までトンネルを掘っているので

  それだけが心の支えです」

純「トンネル?」

憂「うまくいけば、寮のお姉ちゃんの部屋と私の部屋がつながって

  いつでもお姉ちゃん粒子が私の肺に流れ込んでくるようになるから……」

梓「唯先輩粒子の吸い過ぎには気をつけてね」

憂「うん」

純「気をつけてというか、そんなモン掘ってる時点で

  私の友人は手遅れだった」

憂「純ちゃんヒドイよ~、どうしてそんな事言うの~?」

 「たたき殺してやるからな」

純「ご、ごめん!!」

梓「純はおっちょこちょいだな~」

さわ子「ふふっ、純ちゃんのうつけぶりを見ていると

    なんだか唯ちゃんを思い出すわね」

梓「はぁはぁ」クチュクチュ

憂「はぁはぁ」クチュクチュ


梓「こうなったら、純を唯先輩風にリフォームしよう」

純「へっ?」

憂「改造って事?」

梓「純のもつ微妙なあたたかさと、おっちょこちょいさをアレンジして

  唯先輩が醸し出していた雰囲気を再現しようよ」

さわ子「ようするに、もっと唯ちゃんっぽく振る舞えば憂ちゃんも喜ぶっってワケね!」

純「え~っと、うんたん、うんたん」

梓「バカかコイツ」

純「えっ」

憂「お姉ちゃんはそんな事言わない」

純「そ、そうかな~」

さわ子「唯ちゃんは家で普段、どんな事を言っていたのかしら」

憂「よく、アイスを食べたいって言ってました!」

純「う~んと……」

 「アイスが食べたいなぁ」

梓「なんか違うよね」

憂「そうだね、お姉ちゃんはもっとかわいかったもん」

純「うい~、アイス~アイス~」

憂「あっ、ちょっと近づいてきた!」

梓「そう言えば、家ではいつもゴロゴロしてるって唯先輩、言ってたような」

さわ子「どうせならもっと母親に甘える赤ちゃんのような感じで

    唯ちゃんの無垢ぶりを再現してはどうかしら」

純「あ、あいすぅぅ、あいすぅぅ~」ゴロゴロ 

梓「もっとヨダレを垂らして!」

さわ子「キチガイみたいなテンションで!」

純「あいしゅぅぅwwwwあいしゅぅぅうううwwwwWWW」ゴロゴロ ヒヒッwwww

梓「ゆ、唯先輩っ!!」

憂「この生物をぶち殺す事に賛成の人は挙手」

梓「ハイ」ノ

さわ子「ハイ」ノ

純「えっ、今の私が悪いの?!」

純「言われた通り、やっただけなのに……」ショボン

梓「言われた事を言われた通りにしか出来ないようじゃ

  社会には通用しないんだよ、クソがッ!!死んでしまえ!!」

さわ子「でも自分の殻を壊そうと努力してたわ」

憂「純ちゃん、ごめんね?」

 「純ちゃんはお姉ちゃんじゃないのに……」

純「あ、いいよいいよ~。ちょっとでも憂が元気になればと思ったけど

  私には唯先輩の魅力は再現できなかったよ」タハハ

さわ子「純ちゃんには純ちゃんの魅力があるわよ」

梓「そうだよ!」

憂「ありがとう純ちゃん!」

純「えへへ」

さわ子「唯ちゃんの代役より、必要とされるのはムギちゃんの代役よ」

憂「どういうことですか?」

梓「ケーキですよね」

さわ子「違うのよ」

梓「だけどケーキ以外にムギ先輩の意味なんて無いじゃないですかッ!!」

純「ひでぇ」

梓「さわ子先生ひどいよねぇ」

純「アンタだよ!」

さわ子「ケーキ!ケーキ!ケーキ!!」

梓「ケーキ先輩!!ケーキーパイ!?パパイパイア!!??!」

憂「二人ともしっかりして!」

梓「ムギ先輩のケーキっぷりを表現しただけだよ」

 「そして、それ以外にムギ先輩を表現することは不可能だよ」

純「そんなこと無いと思うけどなぁ」

 「ムギ先輩、キレイで優しそうで、ステキな先輩じゃん」

梓「そんなこと無いと思うけどなぁ」

憂「梓ちゃんは紬さんに怨みでもあるの?」

ガチャッ


紬「しゃらんら~♪」


梓「げぇええっ!?関羽!?」

憂「これで梓ちゃんの運命は終わりだね!」






メキメキ……



ゴキッ……



メシャッ




ァァァッ……


ボタッ


紬「大学生は時間の融通が聞くから、ちょっと部室に遊びに来てみたの~」

さわ子「いいわねぇ。私も大学時代に戻りたいわ」

憂「紬さん、お姉ちゃんは元気にしてますか?」

紬「えぇ、とっても」

 「あ、だけど……」

憂「なにかあったんですか!?」

紬「『憂の作ったご飯が食べたい~』

  って、いつも言っているのよ」ウフフ

憂「お姉ちゃん……」キュン


紬「なんてね。ウソよ」


憂「え、ウソなんですか!?」

紬「えぇ。唯ちゃんは、憂ちゃんの事など まったく忘れて

  毎日おいしそうに ご飯をムシャムシャ馬車馬のように食べているわ」

純「ど、どうしてそんなウソをついたんですか?」

紬「ふふっ、大人は平気で醜いウソをつく汚い生き物なのよ」

憂「だまされちゃった!」

さわ子「それよりケーキは持ってきたんでしょうね」ア?

純「これが汚い生き物か」

紬「ケーキは持ってきたけど、3つしか持ってきていません」

さわ子「ふ~ん」

紬「さぁ、ケーキは3つ!ここにいるのは4人!」

 「ケーキのために、あなた達は一体どんな醜い争いを繰り広げるのかしらっ!?」

さわ子「私が3つとも食べれば何も問題は起こらないんじゃないかしらっ!?」ムシャムシャミュアミュアムユマユマウユアマウヤ

紬「なんてキレイな目をしているのかしら?」

純「いえ、すごく汚い生き物ですよ?」

憂「純ちゃんはあんな生き物になっちゃダメだよ?」

純「うん……」

 (ケーキ食べたかったなぁ)

さわ子「冗談よ」ゲフッ ゲプッ ゲォオアアッ(※げっぷ)

純「本当に食べたのに冗談も何もないもんだ」

さわ子「でも考えてみて?」

   「いつも冗談ばかり言う この私が本当にケーキを食べちゃうというのは

    逆にこれ以上ない冗談とも言えるのではないかしら?」

憂「早く黙らないかなぁ、この人」

紬「それより今のは廃棄寸前の100円ケーキだったけど

  ここに高級スイーツがあるから3人で食べましょう?」

純「あっ、おいしそう!!いいんですか?」ワクワク♪

紬「えぇ、どうぞ♪」

さわ子「えっ、私のは!?」

紬「私、昔話的な、欲張りは身を滅ぼすシチェーションを作りだすのが

  夢だったの~♪」

さわ子「クソがっ!!」

紬「もう二度とケーキは持ってきません」

さわ子「ご、ごめんなさいっ!!」

紬「許してほしかったら、大人の汚いおっぱおを揉ませてくださいっ!!」

さわ子「ヱッ」

紬「もみもみ」モミモミ

さわ子「あぁっ……」

紬「これが大人……さすが大きい人……」モミモミモミモミ

さわ子「んくっ……」

紬「さぁ、スイーツをどうぞ」

さわ子「ん……甘い……」ペチョクチュ



純「梓の分はここに置いておくね」コト


─第29話─

 おわり



21