─第25話─


─外─

律「卒業したし、花見に行こっぜー!!」

唯「やったー!!」

澪「卒業とお花見、全然 関係ないけどな」

律「おーし、じゃあ澪は来るなよ」

澪「行くよ、絶対に行くよ」

紬「絶対にイクのね?」

 「では間をとって澪ちゃんのお花を視る花視(はなみ)にしましょう」

唯「い、いんびだね!!」ヒャ~

澪「だめだよ、そんなの絶対にだめだよ!!」

律「もしもし佐藤さん?今から憧れの澪センパイの花見が見れるよ是非おいでww」

澪「だ、誰に電話したんだ?」

律「わ、わからんwwww」ヒヘッ

澪「なに笑ってんだコイツ」

紬「まぁまあ、とにかくお花視の準備をしましょう」

 「澪ちゃんはパンツを脱いで」

澪「うん……」スル

─30分後─

純「よく分かんないけど呼ばれてきました」

律「ア、アタシなんか自分が誰だか よく分かんないんだぜwwww」

唯「あっ、純ちゃんだ!!純ちゃんアレやってアレ!!」

純「ぶたっ!」チョキッ

唯「ぶた!ぶたっ!!」キャッキャッ

紬「あらあら、唯ちゃんは純ちゃんと仲良しなのね」

澪「ほら、唯!ぶたっ!」チョキッ

唯「あっ、澪ちゃんもぶた!ぶた!」キャッキャ

紬「唯ちゃん、ぶたっ!」ウフフ

唯「ムギちゃんがやるとシャレにならないよ」

紬「唯ちゃんがイヌやネコみたいに

  しゃべらない生き物だったら良かったのに」

唯「私はまた余計なこと言っちゃったんだね……」シュン……

澪「でも、ムダの中にこそ、大切なものがあるものだぞ」

唯「やっぱり!」

純「さすが澪先輩、いい感じのことを言いますね!」

紬「純ちゃんは澪ちゃんの肉体を舐めまわしたいのよね?」

純「い、いきなりナニ言ってるんですか!?」

紬「純ちゃんの心理を代弁したのよ」

律「大便戦隊wwwwwwションベンジャーwwwwwwww」

紬「りっちゃん 少しだけ黙っててくれる?」

律「はい」

唯「純ちゃんのことを純にゃんって言いたいけど

  じゅんにゃんってちょっと言いにくい」

純「はい!はい!ムリに呼ばなくてもいいと思いまーす!!」

澪「ジャズ研なんだから『ジャズにゃん』なんてどうかなぁ?」

紬「!」

唯「いい!それいいよ!!ね、ジャズにゃん?」

純「み、澪先輩がつけてくれたあだ名なら、いいかな~」エヘヘ

律「さすが澪だな」

紬「うん、さすが澪ちゃんね!」

澪「えへへ」

唯「すごいよ澪ちゃん!さすがイカレポエマーだよ!!」

澪「それを言うならイカレポンチだろッ!?」

律「お前、イカレポンチだったのか」

澪「違うんだ」

紬「ウィンガーディアムレビオーサ」

紬「これから澪ちゃんのことをイカちゃんと呼びましょう」

律「そうしましょう」

澪「やめろ!!」

純「澪先輩をイカちゃんと呼ぶくらいなら

  私をそう呼んでください!!」⇒かばう

唯「で、でもジャズイカにゃん……」

律「もはや それはなんの生命体なんだ」

紬「憧れの先輩をかばうなんていやらしい!!いやらしい!!」

律「そしてムギの目には何が映っているんだ」

紬「されど心の目はひらいておる」

澪「そうか」

純「ところで私は何故 ここに呼ばれたんですか?」

唯「どうしてだろうね」

紬「澪ちゃんの花びらびらを澪ちゃんに肉欲を抱く純ちゃんに見せたいという

  澪ちゃんにしか見えない妖精りっちゃんのイキな計らいじゃないかしら」

純「え?」

澪「え?」

紬「澪ちゃんの花びらびらを澪ちゃんに肉欲を抱く純ちゃんに見せたいという

  澪ちゃんにしか見えない妖精りっちゃんのイキな計らいじゃないかしら」

澪「律は私にしか見えない妖精だったのか」

唯「うん」

紬「私達は澪ちゃんに話を合わせていただけで、りっちゃんという人間は

  最初から存在していなかった」

唯「子供のころ、友達が欲しいと願った澪ちゃんが生み出した幻覚なんだよ~」

澪「じゃあ放課後ティータイムのドラムは誰が担当していたんだ!?」

唯「幻聴だよ」

澪「そんな……」

律「あ~、うんこしてぇ~。そうだ!!しよう!!」ブリブリ

紬「あんな人間が実在すると思う?」

澪「ふむ」

 「いや、でもムギにも見えているじゃないか」

唯「ムギちゃん、もうムリだよ」

紬「そうね、お茶にしましょうか」

澪「えっ、結局 律は存在するのかしないのかどっちなんだ」

紬「本当に存在しないのは私と唯ちゃんの方よ」

唯「りっちゃんと二人きりのけいおん部に耐えられなくて

  マボロシのけいおん部員の私達を澪ちゃんは生み出したんだよ~」

澪「そうだったのか……」

純「澪先輩、ダマされないでくださいよ!!私にも見えていますから」

澪「そうだよな!!みんな、本当はいるんだよな?」

唯「ちなみにジャズにゃんも 澪ちゃんが生み出した都合のいいマボロシなんだよ」

紬「大体、澪ちゃん 自分にファンクラブがいるなんて

  話が出来過ぎているとは思わない?」

澪「た、確かに……しがない高校生の私に

  あんなにファンがいるなんて変だと思ってたんだ!!」ウワァアアアッ

純「お2人の目的はなんなんですか」

紬「ジェンガよ」

純「ジェンガってなんでしたっけ」

唯「木片を少しずつ抜き取って、グラグラとあやういバランス感覚で

  立たせるスリルタワーゲームだよ~」

紬「完全に崩壊させた方が負け」

純「おそろしい遊びだ」

唯「純ちゃんもやろうよ!!」

紬「さぁ、澪ちゃんの精神を構成する木片を抜き取るのよ」

純「だ、だけど」

律「少年老い易く学成り難し」

唯「り、りっちゃんがカッコイイ事を言った!?」

紬「そんなバカな!?おかしいわ!!」ウワァアアッ

澪「ひひひっひ」ワクワク

純「しっかりしてくださいしっかりしてください!!」

唯「あ~、おしっこしたいなぁ、そうだ!!しよう!!」ジョォオオオ

紬「私はそのオシッコを水筒に入れて、点滴に使うわ」ゴポゴポ

純「やめてくださいやめてください!!」

紬「ほら、黄色い液体が私の胎内に入っていくでしょ?」ピチョン ピチョン

純「わぁあああああああ!?」

澪「おい、純ちゃんが崩れたぞ」

唯「私の勝ちだね」

律「待てよ、私の『少年老い易く』が引き金だったんだから

  私にもポイントが入るはずだぞ」

澪「憧れの存在の私が『ひひひっひ』と崩壊したことも

  結構、ショックを与えたハズだぞ」

紬「じゃあ みんな仲良く3ポイントずつにしよう?」

唯「なかよしだね!」


唯「ところで あずにゃんは?」

澪「はは、唯のヤツ また『あずにゃん』か」

紬「よっぽど後輩が欲しかったのね」

律「大学では後輩が出来るといいなぁ」

唯「あずにゃ~ん、どこ~?」

─第25話─

 おわり



17