─第21話─


─部室─

梓「唯先輩のストッキングクッキング~♪」

紬「わ~」パチパチパチ

澪「うわぁあああ」

梓「まずストッキングを食べます」クチャクチャ

律「いきなり終了じゃねーか」

紬「唯ちゃんって子供の作り方とか知らなさそうだけど

  ストッキングは妙に官能的なの~」

澪「それってストッキングをビリビリに破くと興奮するとかっていうアレ?」

紬「ありえないわ」

梓「澪先輩、変人じゃないですか?」

澪「あれっ、変態と話を合わせるのは難しいなぁ」

梓「ストッキングって どうしてあんなにエロいんですかね?」

紬「人肌とは一味違う光沢、そして伸縮性のある素材で脚部を圧迫して

  ストッキング特有のレッグラインを再現できるから…」

紬「という理由が挙げられるわね」

律「なんだか ややこしいぞ」

澪「でもストッキング好きって結構いるらしいよな」

 「ストッキング履いている女の子を見るだけで

  ご飯3杯はいけるってネットに書いてあったよ」

梓「いや、そこまではちょっと」

紬「澪ちゃん、逮捕されればいいのに」

澪「あれっ、私は友達が少ない」

梓「律先輩はストッキングに興味ないんですか?」

律「特別な思い入れは無いね」

紬「じゃあ りっちゃんの人生には一体、何があるというの?」

律「キレイな足裏とかいいなぁと、ちょっと思うくらい」

梓「あ~!」

澪「足裏か!」

紬「……」

梓「どうしましたムギ先輩」

 「自分の足が醜い大根のようだから

  足裏も気持ち悪いものしか想像できませんか」

紬「私、梓ちゃんを苦しめるのが夢だったの」

梓「み、みんなも平等に苦しめてくださいよ!!」ドキドキ

紬「足の裏ってなんだか『臭い』というイメージがあって

  なんだかイヤな気分になっちゃうんだけど……」

澪「それはムギの足が臭いから そう思うんじゃないのか?」

紬「私、澪ちゃんを苦しめる事こそが真の夢だったの」

澪「み、みんなはどうなってもいいから私だけは助けてくれ!!」ウワァアア

紬「言っておくけど私の足は いいニオイよ?」ヌギ

ホワ~ン

梓「あっ、フローラルな お花の香り!!」

律「しゃぶるぞ、いいな?」チュパチュパ

紬「んっ、やめて……」ピクン

律「すまんすまん」

紬「りっちゃん……」トロ~ン

澪「……」

梓「おや、どうしたんですか澪先輩」

 「澪先輩もムギ先輩の足裏をしゃぶりたいんですか」

 「変態ですね」

 「死ねばいいのに」

 「死・ね・ばneber never never never never never. Let the love go. 」

 「I wanna Love Somebody tonight♪」

澪「この毒吐きマシンガン、ジャムって破裂すればいいのに」

澪「ネットに書いてあったんだけど、至高の足裏って

  靴下を脱いだ瞬間、むああぁっと汗で蒸れたニオイがムンムンの足裏のニオイを

  すううううぅぅぅっと肺いっぱいに吸い込んで全身と脳に浸透させて

  吐き気を感じながらも同時に興奮するという背徳感に支配されるレベルじゃないと

  しゃぶる価値も無いんじゃないかな」

梓「オェェッ」

律「何言ってんだコイツ」

紬「気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪いッ!!」

梓「ォェェッ」

澪「ネットに書いてあった事なンだよッ!!」

ガチャ

唯「ファミコンウォーズが出~たよ~♪」

澪「やぁ遅かったな、ストッキング」

梓「ストッキング先輩は臭い足裏を舐めたいって思ったことあります?」

唯「ねぇねぇ あずにゃんがすごく気持ち悪いこと言っているよ」

梓「私じゃありませんよ!! 言ったのは澪先輩です!!」

唯「それは澪ちゃんの魂が あずにゃんの肉体をのっとって

  無理矢理しゃべらせているってこと?」

律「いや、そういう複雑な話じゃないんだ」

唯「なんの話なの?」

律「なんの話だっけ」

澪「なんだっけ、梓が唯のスットキングを食べてたところまでは覚えているけど」

唯「えっ」

 「まぁ、もう慣れたよー」

梓「もうすぐ私の胃袋、小腸、大腸の内壁が

  ほとんど唯先輩のストッキングで覆われるとしたら?」

唯「うわぁあああ気分が悪いよぉおお!!?」

梓「ヒヒッwwww」

律「というか お前、それ大丈夫なの?」

澪「ゆるやかに確実に死期が迫っているよ」

梓「よく考えたら気持ち悪くなってきた」ウゥッ

律「ストッキングの喰い過ぎには注意しろ」

 「健康を損なう恐れがあるからな」

梓「はい……」

澪「ムギは唯のストッキング食べないのか?」

紬「そんな当たり前のように聞かないで」

澪「ごめんな」

唯「じゃあ、ムギちゃんは そんなの食べてないんだよね? ね?」

紬「毎朝、食べてるけど」

唯「うん……」

紬「唯ちゃんのストッキングサラダ」

唯「うん……」

紬「おいしい」

唯「うん……」

紬「ひっひへへひひひひゃへひっひひwwww」

唯「うん……」

ガチャッ

さわ子「今日の おやつは なんじゃらホォイッ」ルン♪

梓「流れ的にストッキングです」

さわ子「どんな流れなの」

澪「えっと、順を追って説明すると……」

紬「まず梓ちゃんの気が狂って」

律「澪がトチ狂って」

唯「ムギちゃんは おいしーし」

梓「そんな感じです」

さわ子「くそっ」

さわ子「じゃあ職員室に戻るわよ。さよなら」

梓「別れ際に さよならなんて……悲しい事 言うなよッ!!」ガタン

さわ子「ぇあっ?!」ビクッ

澪「さわ子先生は おやつを食べることばっかり!」

 「たまには けいおん部の顧問らしい事もするべきです!!」

律「そうだそうだー」

さわ子「な、なんで私が怒られてるの?」

唯「それは……さわちゃん先生が ばかだから」

さわ子「お前にだけは言われたくねぇ」

梓「実際、唯先輩とさわ子って どっちが頭悪いんですかね」

さわ子「なかっ、おい中野」

律「そりゃさすがに、さわちゃんだろ~。大人なんだし」

紬「私は唯ちゃんの火事場のバカ力に賭けるわ。だってバカだから」

澪「確かに唯は腐っても現役受験生だもんな。すごいバカだけど」

唯「えへへ」

梓「では問題です、大化の改新が行われた年は いつでしょう」

さわ子「はいはい!ムシも殺さぬいい男、645年!」

梓「ババァー、じゃなくてブブゥ~」

さわ子「あ゙?」

澪「最近の教科書では、違ってきているんです。645年では無いんですよ」

さわ子「マジで!?そんなの聞いてないッ!!っていうかバカと関係ないしッ!!」

梓「では唯先輩、正解をどうぞ」

唯「はちねん」

澪「あ?」

唯「はちねんだよ」

律「何言ってんだコイツ」

唯「わたしにも わかんないよ」

梓「えーっと」

澪「じゃあ、この勝負は引き分けということで」

さわ子「いやいやいや、これは判定で私の勝ちじゃないの?」

唯「えへへ、じゃあ さわちゃんの勝ち~」

さわ子「やったあああああキャホホォォォオオオオオオオッ」ガタン

梓「じゃあバカ対決は お前の勝ちということで」

さわ子「なか、おい中野」

さわ子「教育委員会に訴えられない程度に

    うまく梓ちゃんに復讐する方法はないかしら」

紬「私が みんなにケーキを配るので

  さわ子先生が梓ちゃんのケーキを横取りしたらどうでしょうか」

さわ子「いいわね!」

梓「そ、そんな……」

紬「では、ケーキをどうぞ」コト

さわ子「やった♪」

梓「もーらい」パク

さわ子「」

さわ子「うっ……うぅっ」グスッ

唯「あずにゃん、ひどすぎるよ~」ナデナデ

さわ子「わぁあああああん;;」

梓「私はケーキを食べるのが好きじゃないんです」

 「人から奪ったケーキを食べるのが好きなんですよwwwwww」キキキッ

律「悪魔かコイツは」

梓「うるさいなぁ。ほら、さわ子先生、私のケーキをあげますよ、ほらほらっ」

さわ子「いらないっ」プィッ

澪「あ、怒ったぞ」

唯「あずにゃんが代わりのケーキをくれたんだから、食べようよー」

さわ子「あのケーキが良かったもんッ」プンプン

梓「ぴぴぴぴwwwwww」

唯「うぜぇ」イラッ

梓「えっ」

澪「えっ」

律「えっ」

紬「えっ」

さわ子「えっ」

唯「ダメだよ~、あずにゃん、ちゃんと謝らなきゃ!」

梓「は、はい」

 「さ、さわ子先生、本当にすいませんでした!!」ドキドキ

さわ子「う、うぅん、いいのよ」

   「私の方こそ、ケーキくらいで大人げなかったわ!」ドキドキ

澪「こ、これで一件落着だなー!」ドキドキ

律「おぉ~、よかったよかった」ドキドキ

紬「唯ちゃん……」ゾクゾク

唯「えへへ」


─第21話─

 お    り
   わ



13