─第15話─


─平沢邸─

唯「ただいま~」トタトタ

憂「あっ、お姉ちゃん、おかえりなさい」

唯「……?」

憂「どうしたの?」

唯「今日は裸で飛びかかってきたり、孫悟空みたいに陰毛をフゥッ、って やったりしないの?」

憂「お姉ちゃんは私をなんだと思ってるの?」

唯「かわいい いもう

憂「フゥッ」パラパラ

唯「わぁっ!?いんもう!?」パッパッ

憂「あははっ!!あははははっ!!!」ピョンピョン

 「アイス食べる?」

唯「うん」

唯「アイスアイス~♪」ペロペロ

憂「私のよだれで作ったアイスだよ」

唯「ブゥゥウウウッ」

憂「冗談だからね」

唯「ゲホッ……本当に絶対に?」

憂「フゥッ」パラパラ

唯「わぁっ!?きたないよー!?」パラパラ

憂「お姉ちゃんの部屋で採取した毛だから安心だね!」ピョンピョン

唯「そうかなぁ」

憂「そうだよ!」

唯「それでアイスの件はどうなったんだっけ?」

憂「うまくいったよ!」

唯「……?」

憂「お風呂に入る? それとも ご飯に入る?」

唯「えぇっと、入るとしたら お風呂」

憂「じゃあ私、張り切るね!」ククゥ~ッ

唯「張り切らなくていいよ、本当に、本当に、本当に」


カポ~ン

唯「うぃ~、あったかあったか♪きもちいい~♪」ポカポカ

憂「私の愛液を温めた膣お風呂だよ!」

唯「あいえきってなに?」

憂「お姉ちゃんには まだ早かったみたい」

唯「分からないけど、あまり良くないモノだという事は気配で察したよ」

憂「そんなことないもん! 良いモノだもん!」

唯「じゃあ明日、和ちゃんに聞いてみようっと」

憂「和ちゃんなら分かってくれるよ、きっと」

唯「やはり良くないモノなんだ」

憂「よくなくないよ!」

唯「とりあえず天井からのぞくの やめてくれないかなぁ」

和「わ、わかったわ……」スッ

唯「えっ」

憂「ご飯にする?それとも一緒に寝る?」

唯「ご飯を一人でゆっくり食べたいなぁ」

憂「じゃあ、お夕飯はテーブルの上に用意しておいたよ!」

グツグツ

唯「あっ、すき焼きだ~!!おいしそ!」ウンタン♪ウンタン♪

 「……でも、また何か変なものが入っているんじゃ」

憂「用心深いなぁ~」

唯「そりゃあ、私だって進化するもん」

憂「お姉ちゃん、すごいよ~!もうすぐダーウィンに発見されるね!」

唯「えへへ」

憂「でも、残念ながら この すき焼きには私は使われていないよ」

唯「当たり前のことが こんなに嬉しいだなんて」

唯「今、思ったんだけど」

憂「うん」

唯「確かにテーブルの上には、すき焼きがあるよ」グツグツ

憂「おいしそうだよね」

唯「でも椅子が見当たらない気がする」

憂「見当たらないね~」

唯「そして憂は どうしてテーブルの前で空気椅子をしているのかなぁ?」

憂「やった、お姉ちゃんは椅子を発見しました!」チャッチャラー♪

唯「ごめんね、私、頭が悪いから憂の考えていることが分からないよ」

憂「妹を椅子にすると体にイイんだって」

唯「でもゲームとかに出てくる魔王だって、肉親を椅子にしたりはしないよ」

憂「お姉ちゃんの存在は魔王なんか超越してるもん」

 「さぁ、ほら、座って、私に」グイ

唯「お父さん お父さん! 魔王に連れて行かれるよ!」

 「魔王が私をひっぱっていくよ!」デデデデデデデデ♪ ダリラリラリダッタッタ~♪

唯「でも、料理はおいしいので私はゴキゲンになったよ~♪」モグモグムシャムシャ

憂「すき焼きおいしい?よかった~」グググ

唯「あとは椅子が妹じゃなかったら、最高だったのに」

憂「私の椅子が気にいらないんだ……ごめんね……」グスッ

唯「わぁああ、そういうのじゃなくって、憂に悪いなぁ~と思うとごはんに集中できないというか」

憂「べろっ」

唯「わっ!?」ゾクリ

 「今どうして耳を舐めたの!?」

憂「だって、お姉ちゃんの耳は甘いんだもん」

唯「あ、甘くても舐めちゃダメだよ~」ドキドキ

憂「かじかじ」

唯「あんっ……!」ゾク

憂「セックス」

憂「お姉ちゃん、なんだか楽しくなってきちゃったね!!」ピョンピョンス-3

唯「うん、おやすみ」

憂「お、おかしいですよカテジナさんッ!?」ワァアアア

 「ガンダムよッ、天に昇れッ!!」ウォオオオオッ

唯「なにが?」

憂「楽しくなってきたのに寝ちゃうの!?」

唯「だってお腹いっぱいで眠たくなってきちゃったんだもん……」ウトウト

憂「あっ、じゃあ久しぶりに一緒に寝ていいかなぁ」

唯「それなら いいよ~。憂は あまえんぼさんだねぇ」ヨシヨシ ナデナデ

憂「えへへ。お姉ちゃん、パンツ脱いでいい?」

唯「だめだよ」

憂「えっ」

唯「えっ、じゃないよ」

憂「どうして そういうこと言うの!?」

 「そんなのお姉ちゃんらしくないよ~」

唯「だって私は今からカエルさんだもん」

憂「ダ、ダメ!!お姉ちゃん、カエルさんになっちゃ だめっ!!」

唯「ゲコゲコ」ピョーンピョーン

憂「あぁっ、お姉ちゃんが どっかトンでっちゃった!!」(精神が)

 「わぁあああん」

唯「二度と戻れない場所にいくところだったよ~」

憂「危ないところだったんだから」ホッ

 「だめだよ?現実から逃げちゃ」

唯「よく気をつけなきゃね」

憂「ふふっ、そろそろ一緒に寝よっか!」

唯「うん、もうなんでもいいよ」

憂「じゃあ、お布団に入ろうね~♪」

パサッ

唯「あっ」

梓「しまった、バレた」

憂「どうして梓ちゃんがお姉ちゃんのお布団の中に……」

梓「布団の中の中野梓」

唯「あっ、ジブリ映画みたいだね」

唯「まっくろくろすけ出ておいで~!!」

和「チッ」ゴソゴソ

紬「おじゃましました~」ゴソゴソ

唯「今、私のクローゼットから不思議が飛び出してきたよ?」

和「身近なところにも不思議はいっぱいあるのね」

紬「私、不思議な事件に巻き込まれるのが夢だったの~♪」

唯「ストッキング返して」

紬「あっ、違うのよ。落ちてたから……」

梓「まったく油断もスキもないですよね」シャコシャコ

唯「歯ブラシ返して」

梓「どうぞ!」ネバ~

唯「やっぱり捨てて」

梓「じゃあ、あとで私が処分しておきますね」

唯「やっぱり捨てて」

ガッシャァァン

憂「あっ、梓ちゃんが窓から飛び降りた」

唯「あれっ、五万円落ちてる……」

和「きっと割ったガラス代を置いていったのよ」

唯「和ちゃんはクローゼットで何をしていたの?」

和「唯の夏服から少しずつ元気を分けてもらっていたの」

紬「唯ちゃんダマされないで。友達の事を悪く言いたくないけど

  唯ちゃんのストッキングで紅茶を淹れたいわ」

唯「ゲコゲコ」ピョーンピョーン

憂「お姉ちゃん、行かないでっ!!」



お姉ちゃんは3日間、帰ってきませんでした。



─第15話─

 おわり



9