─第13話─


澪「いたたた……」

梓「それ、死にいたる病ですよ」

澪「冗談でも そんなこと言うなッ!!」

ゴチーンッ

梓「あぎゃああッ」

唯「あぁっ、あずにゃんがっ」

紬「それより どうしたの澪ちゃん」

澪「いや、大したことはないんだけど……」

 「昨日、遅くまで勉強してたからかなぁ? 指の付け根が痛くって……」モミモミ

律「澪は昔から 指の付け根が弱いよなー」

 「宿題が多かった翌日は、いつもそんな事言ってさー」

律「アタシなんて一度もそんなことないのに」

澪「私が弱いんじゃなくて、お前が勉強してないだけだろッ!!」

ゴチーンッ

律「ぱぎゃあああッ」

唯「わぁっ、りっちゃんがっ」

紬「澪ちゃん、殴り過ぎよ」

澪「そうかなぁ」

律「しばらく変なこと言うのはよそうぜ」

梓「そうですね」

唯「変な話じゃない話ってどんな話?」

澪「はは、その話題の振り方が すでに ちょっと変だけどな」

唯「ひぃいいッ」ビクン

紬「よしよし」ナデナデ


澪「ん、唯。どうしたんだ?」

紬「澪ちゃんに殴られると思ったんじゃないかしら」

澪「えっ」

紬「ね、そうよね?」

唯「う、うん……」プルプル

澪「私、そんなに殴るイメージあるかなぁ」

梓「意外なことに けいおん部で一番、暴力を行使しているのは澪先輩ですよ」

澪「おいおい、そんなハズないだろ」ハハハ

紬「でも、私が見る限り、りっちゃんの頭の陥没している箇所は

  澪ちゃんがいつも殴っている箇所よね」

梓「やっぱりアレそうなんですか!!」

唯「怖いなぁ」

澪「いや、あれは私とは関係ないって」

律「待ってくれ」


律「アタシの頭、陥没してるの?」

唯「ほら、そこ。もうちょっと下……」

律「あっ」ペコンペコン

澪「その話は もういいよ」

律「断じてよくねぇええーッ!!」

澪「うるさいッ」

ベコーンッ

律「あべしッ」

紬「ひょっとして、りっちゃんの頭が少しおかしいのは

  澪ちゃんが殴り続けたからなのかしら」

梓「あー」

澪「いや、アイツは元々おかしかったぞ」

律「待っれくれ」


律「アラシのあた、あおかいsじあおj」

唯「りっちゃん……」ウゥッ

澪「おい!! おいっ!! しっかりしろッ!!」

ゴチーンッ ゴチーンッ

律「あ;いおえrgjヴぃ:あえr」

ゴチーンッ ゴチーンッ

律「・;」

唯「やめてえええええッ」

紬「あ、愛します! 一生、どこへでもついていきます」

 「だ、だから……りっちゃんを殺さないで――っ!」

澪「ふははは、聞いたか律!!」

 「女の心変わりとは恐ろしいものよのぉ!?」

澪「私は何を言っているんだ」

唯「誰にも分からないよ」

梓「れ、練習しましょう」

唯「そうだね、練習していれば痛いことされないよね!」

澪「うずうず」

紬「はい、りっちゃん。スティックよ」

律「おwじぇろい」ジャーン ジャーン

ジャンジャカ♪ジャンジャカ♪

唯「キミにときめき恋かもねアワアワ♪」

 「ハングリー精神とめらんないクラクラ♪」

澪「誰でもいいから殴りたいぞグチャグチャ♪」

梓「えっ」

澪「違うんだよ」

梓「今日は もう帰りましょう」

紬「そうね!」

澪「え~」

ガチャ

さわ子「そんな微妙なタイミングで私、参上!!」

梓「チッ」

さわ子「私、あなた達以外にはスゴイ人気の先生なんだからねッ!?」

唯「私は さわちゃんの事、好きだよ~」

さわ子「でも大好きじゃないんでしょ?」

唯「そりゃシーチキンおにぎりには劣るけど」

澪「なんでシーチキンおにぎりに例えるんだよッ!?」

ゴチーンッ

唯「ぼぎゃあああっ」

梓「あぁっ、唯先輩が」

澪「ふぅ」

さわ子「それよりお茶にしましょうよー」

梓「目の前の暴力沙汰に興味をもってください。お願いです」

さわ子「ごめんね。ちょっと頭が痛くて、厄介な問題と向き合いたくないのよ」

紬「頭が痛いんですか?」

さわ子「頭痛もちなの、昔っから」

唯「さわちゃん、昔から頭が弱いの?」

梓「そりゃなにせデスデビル(笑)ですからね」

さわ子「うるさいわねぇッ、アンタ達のふわふわ時間やら ふでペンなんたらも

    30過ぎれば完全なる黒歴史になるっつーの!!放課後ティータイムwww」

唯「部活を全否定したよ!?」

紬「しかもバンド名はさわ子先生が命名したのに」

さわ子「早くババァになれッ!!バーカ!!女子高生氏ねッ」

梓「澪先輩、あんなヤツこそゴチーンですよ!!」

澪「あいにく私は、自分より立場が上の人間に振るう拳を持ちあわせていないものでね」

唯「あんまりかっこよくないですね」

さわ子「澪ちゃん、あんまり乱暴していると嫌われるわよ?」

澪「えっ、私は嫌われてませんよ」

 「なっ? なっ?」

唯「これはヒントだけど

  私は部活に入った あの日から100回は殴られたよ」

梓「私は唯先輩より一年遅く入部したのに1000回は殴られました」

さわ子「マジメな梓ちゃんが なぜそんなに殴られるの?」

澪「愛情表現です」

梓「厄介だなぁ」

澪「でもムギは一回しか殴ってません」

さわ子「えぇっ!? お金持ちのムギちゃんを殴ったの!?」

唯「驚くポイントがおかしいよ」

澪「でもそれはムギが『どうぞぜひ私を殴ってください』と言ってきたので」

さわ子「そんな事、あるハズないじゃない!!」

   「テレビの見過ぎよ」

梓「ホントのことですよ」

律「じゃゆあdk」

澪「ハハッ、なに言ってるか全然分からないよ」

ゴチーンッ

律「ピピッww」

唯「それくらいで殴っちゃダメだよぉぉ!!」

律「そうだそうだー!!」

梓「あっ、治った」

さわ子「じゃあケーキケーキ!!」

紬「はぁい」

 「今日はパウンドケーキでーす」

さわ子「こんなのケーキと違う!!」ガシャァアン

紬「なんで さわ子先生は黒タイツを履かないんですか!?」ドガシャァァアアン

さわ子「な、なんで私が怒られているの?」ビクッ

梓「まぁ、さわ子先生が怒ったのも謎ですけどね」

律「唯のストッキングをさわちゃんに貸してやったら

  ムギもハッピーになれるんじゃないのか?」

梓「わぁ、賢くなった」

唯「それくらい お安い御用だよ!」ヌギヌギ

さわ子「これを履けば、クリームとイチゴが乗ったケーキが出てくるのね!」ハキハキ


さわ子「どう?」スラ~リ

澪「あっ、なかなか艶めかしいぞ!」

梓「見てくれだけはいいですからね!見てくれだけは!!」

紬「キャマシタワァアァ……大人なさわ子先生の

  キレイな脚線美黒タイツなのにニオイは唯ちゃん唯ちゃん唯ちゃんちゃん!!」クンクンハァハァ

 「ふしぎッ!!」ダッ

ガッシャアアアアッァアァァン タタタッ

唯「ムギちゃんが窓から飛び降りて走り去っていった」

澪「おいっ!!どうするんだ律ッ!!」ゴチーンゴチーン

律「ぶげらッ」

澪「お前が余計なこと言うからだぞッ!!」ゴチーンゴチーンッ

律「くぁwせdrftgyふじこlp;@」ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ

梓「ハァハァ、唯先輩のギター!!唯先輩のギター!!」クッチュクッチュ

唯「わぁあああん、やめてよぉおお;;」

さわ子「……」


さわ子「逃げよう」タタッ


─第13話─

 おわり



─第14話─


梓「もうすぐバレンタインですね!」

唯「あずにゃんは今年はシーチキンのお風呂に入るの?」

梓「入りません」

律「バレンタインってあれだろ?」

 「す、すごいよな!!」ハァハァ

梓「そうだな」     

 「澪先輩はバレンタインにチョコを送ったりしないんですか?」

澪「今までナイショにしてたけど、男の人ってパパとおじいちゃん以外、

  みんな死ねばいいと思っているんだ。だって野獣だから」

梓「でも、そのパパとおじいちゃんも澪先輩を輪姦したくて仕方がないって

  スーパーで話してましたよ」

澪「う、うそだ……」

梓「ちょっとガールズトークがしたかっただけなのに変な方向性になっちゃったなぁ」

紬「梓ちゃんは誰かにチョコを贈る予定があるの?」

梓「ヒミツですっ!」

紬「喋らないと梓ちゃんのギターをダイナマイトで粉々に破壊するわ」

梓「な、なんでですか!?」

唯「ふふ、それだけムギちゃんは あずにゃんの事が気になるってことなんだよね?」

梓「!!」

紬「ち、違うわ違うわ! そんなのじゃ……!!」

唯「あ~、ムギちゃん 顔が真っ赤だ~」

紬「むぎゅぅ……///」

梓「えへへ……ムギ先輩……///」

律「見ろよ、たちまちのうちにガールズトークだぜ」

澪「さすがは私たちだよな」


ガチャッ


さわ子「あなた達は間違っているわっ!!」

梓「なんですかデスデビル」

さわ子「私が間違っていたわ」

澪「さわ子先生の能力は決して高くないが

  自らの過ちを素直に認める潔さは見習いたいものだ」

さわ子「そうでしょ?」エッヘン

唯「さわちゃんの青春時代は まちがいだったの?」

 「そのときに出会ったデスデビルの仲間たちは一生の宝モノじゃないの?」

さわ子「ゆ、唯ちゃん……」

   「だけど私、この間、ヤツらに落とし穴に落とされたのよ?」

律「何やってんだアンタら」

紬「ある意味、幸せな人たちだわ」

梓「さわ子先生は若かりし頃、バレンタインチョコを送ったりしなかったんですか?」

さわ子「今でも若いわよッ」

梓「ハッチュチュww」

唯「えっ」

澪「今の『ハッチュチュ』ってなんだ?」

律「わ、分からん」

紬「流れから推察するに、笑った……のではないかしら」

さわ子「まるで悪魔超人みたいね」

唯「恐ろしいよ、あずにゃん」

梓「くっ、ちょっと笑い方を失敗しただけじゃないですか!!」

澪「し、しかしだな……」

さわ子「そういえば憧れの人にあげたわね~、バレンタインチョコ」

澪「あげて どうなったんですか?」

さわ子「正確には あげる直前に落とし穴に落ちた」

梓「またデスデビルの仕業ですか」

さわ子「本当に恐ろしい悪魔たちよ」

唯「さわちゃんの青春時代は間違っていたんだね」

紬「でも、目の前で女の子が穴に落ちて

  その男の人は助けたり心配してくれなかったんですか?」

澪「あっ、介抱されるうちに親密になるというパターンか」

さわ子「私が穴に落ちた瞬間、穴の外に金塊が出現したみたいでね」

   「彼は金塊に目を奪われ、私に気づかなかったのよ」

梓「なぜ金塊が……?」

紬(チャンピオンシップ ロードランナーだわ!!と私は思った)

澪「またデスデビルの仕業か」

唯「澪ちゃんなんあなんあななななんあななんあ

澪「ど、どうした?」

唯「あずにゃんがチョコの話をするからチョコレートが食べたくなったって

  澪ちゃんに一生懸命伝えようと思ったんだよ」

澪「どういうことなんだ……」

紬「今日は澪ちゃん、疲れているのね」

澪「いや、疲れているのは唯の方だろ!!今のは!!」

唯「わたし疲れてないもん」

澪「はぁはぁ……た、確かに私の方が疲れているな……」

 「じゃあ私が間違っていたっていうのか……」

梓「きっとそうに違いありませんよ」

澪「うん……」

律「ほら、ベースだぞ」

澪「おぉ……エリザベース、好き……」

梓「ははは」

──────────────

澪「という夢を見ちゃったんだけど、どう思う?」

和「興味ないわ」


─第14話─

 おわり



8