━第5話━


━部室━


澪「そういうことだったのか」

律「ごめんな?」

澪「いや、仕方無いさ」

 「私が普段 怖い怖いって言いすぎてたのがいけないんだし」

澪「それに、みんなに嫌われたワケじゃないと分かっただけで

  すごくホッとしたよ」

唯「私が澪ちゃんを嫌いになるハズないよ~」ギュ

澪「わっ、だ、抱きつかなくてもいい!!」

律「ひひ、嬉しいくせに」

 「それー」ギュ

紬「私も~」ムギュ

澪「うわ、離せ~」アハハ

唯「あははは」

律「あははは」

澪「あははは」

紬「うふふふ」

梓「あははは」

 「私はなぜ誘ってもらえなかったんですか?」

律「ん?」

梓「私はなぜ誘ってもらえなかったんですか?」

唯「だって、あずにゃんは学年が違うから……」

梓「あはははッ」

律「ひょっとして梓も映画に誘ってほしかったのか」

梓「はい!」

紬「ごめんね?」

  「あの時 梓ちゃんに声をかけるっていう選択肢が

  完全に頭に無かったわ」

律「アタシもだ」

梓「くそっ」

唯「大丈夫だよ!」

 「私はちゃんと あずにゃんのこと覚えてたけど

  あえて誘わなかったんだよ~」

梓「それはそれでショックですよ!!」

律「わがままだなぁ」

唯「でも、あずにゃんだって

  家族でお寿司を食べに行くとき

  トンちゃんを連れてかないでしょ?」

梓「そ、そりゃそうですけど」

唯「トンちゃんだって、おいしい お魚が食べたかったハズだよ?」

梓「確かに……」

唯「あずにゃんは自分だけ お寿司を食べて

  トンちゃんに悪いと思わないのかな」

梓「う……」

  「……」

  「ごめんなさい、私が間違ってました!!」

梓「トンちゃん、今度 お寿司屋さんに行く時は

  必ず連れて行ってあげるからね!!」

㌧「」コポコポ

澪「ふふ。よかったな、トンちゃん」

唯「やさしい あずにゃんで良かったね!」

梓「えへへ、私は そんな話がしたかったかのかなぁ」



━第5話━

 おわり



━第6話━


和「天和」

唯「どうしたの、和ちゃん」

和「ちょっと言ってみただけよ」

唯「ちょっと言ってみただけなんだ!!」

  「和ちゃんスゴイね~!!」ゥフーッ ゥフーッ

和「ふふっ。からかわないで」

姫子「ちょっと待ってちょっと待って」

唯「どうしたの姫子ちゃん」

姫子「色々と、意味が分からなくて」

和「天和とは、親の配牌の時点で既に和了の形が完成している状態の役満」

  「英語では、天より来たりし神の御手『Heavenly Hand』と言うらしいわ」

唯「すごいね!!和ちゃんが何いってるか全然分からなイーッ!!」ゥフーッ ゥフーッ

和「ふふっ、唯ったら」

姫子「とりあえず、唯のゥフーゥフーは何を意味しているの?」

唯「興奮しているんだよ」

姫子「そうなんだ」

和「私、せいとか

姫子「言わせねーよ!?」

和「くっ、やるわね」

姫子「あっ、ゴ、ゴメン」

和「さすがに桜高の特攻姫と言われるだけあって

  突っ込みには自信があるようね」

姫子「突っ込みはともかく、特攻姫とか誰がそんなこと言ってるの?」

和「みんなよ」

姫子「私、やっぱり そんな目で見られているんだ……」シュン

唯「違うよ!!姫子ちゃんは見た目がアレなだけで

  本当は優しい子だって、スッポンモドキもザリガニも知ってるよ!?」

姫子「唯、ありがとう……」

  「色々 突っ込みたいけど」

姫子「すごく、いろんなことに突っ込みたいけど」

和「ほうら、やはりアナタは桜吹雪のツッコミ姫なのよ」

姫子「さっきと通り名が微妙に変わってるけど」

唯「あっ、また突っ込んだ!!」

和「ハハッ、あぁ怖い」

姫子「くっ、生徒会長の思うツボ!?」

和「アハハハハ八八ノヽノヽノヽノ\/\!!」

さわ子「そこ、うるさい!!」

和「全部、立花さんが悪いんです」

さわ子「やっぱりね」

姫子「えぇ~~~~っ」


ガタン

律「先生!! 姫子は見た目はアレだけど

  授業中、周りに迷惑かけるようなヤツじゃないぜ!!」

ガタン

エリ「そうだよ!見た目はアレだけど!!」

姫子「み、みんな……」


姫子「見た目は どう見えているの?」

エリ「ひぃいいいいい!?」

  「ご、ごめんなkclsんぃ」」ガtガタ

律「おい、姫子!!かばってくれたエリを脅すなんて最低なヤツだな!!」

 「やっぱり見た目通りの最低なクズ女だぜ!!」

姫子「えぇ~~~~~~っ」

和「やめなさい、律!!」

 「人を見かけで判断するなんて、とても愚かな行為よ」

和「このデコポンが」

律「えぇ~~~~~っ」

姫子「ちょっと待ってちょっと待ってちょっと待って」

和「どうしたの?」

姫子「どこから突っ込んでほしい?」

和「今の発言のどこに突っ込む要素が?」

さわ子「ちょっと!!他の教科ならいいけど

     私の授業中にケンカはやめなさい!!」

紬「さわ子先生が また自分のことだけを考えているわ」

澪「正直な大人だ」


唯「さわちゃんさわちゃん!!」

さわ子「な、なによ唯ちゃん……じゃなくって平沢さん」

しずか「あれっ、今 なんで 呼び方を変えたんだろ」

いちご「きっと 2人は 禁じられた関係」

紬「その話に興味があります」

さわ子「これが学級崩壊か」


さわ子「で、どうしたの?」

唯「うん。思ったんだけど、音楽の授業って

  受験の役に立たないから、ティータイムにならないかなって」

さわ子「」

律「確かにモータルトが昭和何年に生まれたか知ったところで

  ケツ拭く紙ほども役に立たないな」

いちご「確かに」

和「一理あるわね」

唯「一理どころか真理しかないよ!!」

澪「あっ、唯が賢そうなことを」

姫子「そもそも昭和生まれのモータルトってなんなの」

紬「じゃあ私、お茶 淹れてくるねッ」

信代「じゃあアタシ、酒 持ってくるねッ」

さわ子「イヤッッホォォォオオォオウ!」ガタン



和「まったく、どうしようもないクラスね」


━第6話━ 

 おわり



━第7話━


ジャンジャン♪ジャンジャカ♪ジャーン

律「ようっし!!練習終わりいいいっ!!」

唯「や、やったーっ!!」

澪「まだ5秒しか練習してないぞ」

梓「正確には4,2秒です」

唯「細かいなぁ~」

梓「いや、今さら0,8秒くらいどうでもいいですけどね」

  「なんせ今週はトータルで5分も練習してないんですから」

律「くそっ、5日間で5分も練習しちまうとは……」

唯「来週こそ記録更新だよ!!」

澪「一体、何を目指しているんだ」

澪「しかし まぁアレだな」

唯「なぁに?」

澪「いや、唯は 仕方ないとも思うんだ」

 「私達が無理矢理 けいおん部に誘ったフシもあるワケだし」

唯「うんうん、そうだよ。なんだか分らないけど」

澪「解せないのは お前だよ田井中律」

律「あん?」

澪「自分から けいおん部の部長になりたい、目指せ武道館ライブとまで言っておきながら

  何故、そこまで練習しないのか」

律「だって、めんどう、くさいから」

唯「あっ、俳句」

梓「えっ」

梓「今、全然 五七五じゃ無かったですよね」

唯「五七五だったもん。絶対、五七五だったもん」

梓「『だってめんどうくさいから』のどこが五七五なんですか」


①澪「そんなのどうだっていいだろ、それより練習だ!!」


②紬「『だってめんどう』が七だから

   その前に五文字 入れれば成立するんじゃないかしら?」


律「②の選択肢の方がおもしろそうだなぁ」


律「ゴマ油、だってめんどう、くさいから」

唯「あっ、今度こそ五七五だよ!」ピンピロリロリン♪

紬「ゴマ油もなんだか季語っぽいわ!」ピンピロリロリン♪

 「何月なのか まったく伝わってこないけど」

梓「季節どころか日本語の文章として、まったく意味不明ですけどね」デロロロン……

律「おっと、唯とムギの好感度は上がったが

  梓の好感度が下がってしまった」

澪「なんの話だよ!!」ドギュゥゥン

唯「あっ、ものすごい勢いで澪ちゃんの好感度が下がってるよ!」ピンピロリロリン♪

律「まぁ ぶっちゃけ、武道館なんてムリじゃん」

梓「毎日、お茶してるだけの野球部が甲子園行って優勝するようなもんですからね」

紬「それで夏の大会前にだけ本気出して、生まれ変わったような気になるのね」

 「子供のころから努力し続けたエリートを何故か敵視しながら」

唯「恐ろしいことだよ」

澪「あ、甲子園と言えば、もしドラって読んだ?」

律「もしドラってなんだ?」

唯「えっ、りっちゃん知らないの!?バカだ~」

紬「唯ちゃん、無知とバカは違うわ」

唯「そっか、ごめんね?」

律「なぁに、いいってことよ」ヘヘッ

澪「それにしても唯がベストセラー小説に興味があるなんて意外だな~」

律「で、なんなの?」

唯「もしもドラえもんが野球部のマネージャーだったら」

澪「誰も努力しなくなっちゃうよ!!」

梓「私は半分、予測してましたよ」

ガチャッ

さわ子「話は聞かせてもらったわ」

澪「来た……」

さわ子「なによ、来たって」

澪「あぁ いや……キタ──って言おうとしたらテンションを間違えて」

さわ子「よくあることよね」

律「で、どしたの?」

さわ子「実は私も もしドラ読んだのよ」

澪「おおっ」

梓「それじゃ、先生も あのマネージャーのように

  私達を武道館に導いてくれるとか、そういう流れですか!?」

さわ子「正確には もしドラをアマゾンで注文しようとしたら

    売れ筋ランキング一位の『もしドラ』より

    二位の『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』に

    目がいって、そっちを注文して読んだのよ」

梓「バカかコイツ」

紬「梓ちゃん、エロとバカは違うわ」

さわ子「女子校生がエロい格好して、そこそこ演奏が上手ければ注目度抜群」

    「あとは何らかのプロデューサーを本当に気持ちのいいセックスで

     メロメロにすれば、ノリで武道館に立たせてくれるわ」

律「なんだよ、その何らかのプロデューサーって」

さわ子「なんかそういう話、よく聞くじゃない」

梓「この人、ドラッカーをヤク中とカン違いしているんじゃないですか」

紬「初歩的なミスね」

澪「初歩で軌道修正できれば問題ないが

  カン違いしたまま歩き続けた人生がここにある」

唯「恐ろしいことだよ」


澪「さぁみんな、こうなりたくなかったら

  武道館には行けないまでもマジメに練習しよう」

律「そうだな」

唯「さすがの私も、こんなのを見せられちゃ、やらざるをえないなぁ」

紬「じゃあ やりましょう!」

梓「やってやるです!」

カン カン

律「ワンツー♪スリーフォー♪」

ジャンジャカ♪ジャンジャン♪


さわ子「くそっ」


━第7話━

 おわり



4