―――夕方

律「じゃ鍵よろしくなー♪」

紬「ベジータ先生さようなら」ニコッ

澪「さ、さようなら…」ボソッ

唯「ベジータ様また明日ね♪」

ガララ…


ベジータ「…ふん」

ベジータ「……」

ベジータ「…」スチャッ

ベジータ「うん…たん…うん…たん…」カチャカチャ


梓「何やってるんですか?」ヒョコッ

ベジータ「なっ…どこから入ってきた貴様ーーーー!!!/////////」


梓「さっきからいましたけど…?」

ベジータ「この俺が気づかないだと…?」

梓「何言ってるんですか?さぁ早く」ガラガラ…

ベジータ「何故窓を開ける!!」

梓「早く隣町までお願いします!」

ベジータ「ふざけるなぁ!言っただろう!貴様は…」

梓「カスタネット…皆さんに言ったら喜ぶだろうなぁ…」

ベジータ「え」

梓「え」

梓「嫌ならいいんですけど…」

ベジータ「くそっったれええぇぇぇ!!!」



ベジータ「男だったら抹殺しているところだぞ貴様!!」

梓「よっ」ヒョイッ

ベジータ「勝手に…!人の背中に乗るな―――!!」

梓「にゃー!(GOー!)」

ベジータ「く…」

ベジータ「ちくしょーー!!」ドヒュン


パリィーン

梓「何で違う窓から…」ドクドク…




梓「(風が気持ちいいなぁ…)」

ベジータ「この俺を…ここまでコケにした女は…貴様が初めてだ!!」

梓「あ、そこ降りて下さい!」

ベジータ「…っ」ドヒュン

スタッ


梓「ふぅ…」

ベジータ「…俺はもう帰るぞ」

梓「…あ!待って下さいよ!帰りどうするんですか!置いていくんですか?」ガシッ

ベジータ「し、知るか!離しやがれ!!」

梓「少しだけ付き合って下さい」

ベジータ「く…」

梓「…」シュン

ベジータ「す、少しだけだぞ!」




――――――――――

梓「えへへ♪いっぱい買っちゃった…」ドッサリ

ベジータ「…」

梓「ベジータ先生も良かったじゃないですか☆」

梓「タンバリンなんか買っちゃって。うふふ♪」ニコニコ~

ベジータ「ち…違う!そういうのじゃない!!」

梓「タンバリン入門教則本なんてのも買ってるし…」

ベジータ「俺のじゃない!!」カアァ

梓「まぁいいじゃないですか」




―――街中

律「全くぅ…何で澪なんかの買い物に付き合わなきゃならんのだ?ヤレヤレだな」テクテク

澪「お前の買い物にも付き合っただろ!!」

唯「あぁ~スティック事件ね~」テクテク

澪「そうそう。なんかムギがベジータ先生見つけてな…」くるっ

紬「…」ポー

澪「む…ムギ?」

唯「どうしたのムギちゃん?」

紬「前の人…ベジータ先生じゃ?」

3人「えぇぇーー!?」


澪「何でベジータ先生が…!?」コソコソ

律「しかも梓までいるぞ!!」ガビーン

紬「楽しくお喋りしてますね♪」ニコッ

唯「………」イライラ

律「?あ、おい!唯!!」 

唯「(ベジータ様とあずにゃんなんて…許せない!!)」タッタッタ

紬「展開がドキドキですね♪」ハァハァ

律「ハァハァすな!!」ポカン


唯「あずにゃ―ーーん!!!!」タックル!

梓「うぐっ」ポキッ

ベジータ「唯…!?何故貴様が…」

唯「抜け駆けなんてヒドいよあずにゃん!!見損なったよ!!」グググ…

梓「ち…違い…ます…これは…(殺される―)」

唯「いつから!?ベジータ様とはいつからなの!?」シクシク


律「落ち着け」ゴンッ

梓「…!ハァ…ハァ…」

澪「大丈夫か梓!」バッ

ベジータ「貴様ら…何故…」

律「いやーたまたま会っちゃってな―」

紬「本当にたまたまですよ♪」


梓「危うく誤解で殺されるところだった…」ハァ

律「それにしても生徒を毒牙にかけるとは…」

ベジータ「違う!不可抗力だ!!」

唯「ベジータ様を殺して私も死ぬー!!」アウアウ…

紬「よしよし♪」


ざわざわ…やーね最近のこは…あらやだまーお宅も?いやねぇ…ざわざわ…

澪「なんか…場所移動しないか?凄い…恥ずかしい…」オドオド

律「そうだな―…」



律「…というわけでカラオケに来ちゃいました☆☆」ドーン

澪「来ちゃいました☆☆じゃないだろ!」ゴンッ

律「あぅ…」

紬「私カラオケはじめてなの♪」ドキドキ

ベジータ「……」

唯「」ズズ…

唯「あずにゃんさっきはゴメンねー!」←誤解が解けた

梓「や、やめて下さい!」


律「よーし!じゃあ歌うぞ!!」

唯「シィングアソォ~ング♪」



~羞恥心~

律&唯「羞恥心~羞恥心~泣かないで~♪」

梓「2人はもう少し羞恥心つけた方が…」

澪「だな」



~アメイジンググレイス~

紬「~~♪」


澪「う、うまい…」

律「少なくとも…唯よりは…」

唯「」ポカーン


唯「ショック…」ズズ…

ベジータ「…おい!」

唯「ん?…え、あ、はいぃ!!」ドキドキ

ベジータ「そのオレンジジュースは買ったのか?」

唯「え?ああ…これはドリンクバーですよ♪」

ベジータ「…ドリンクバー?」 

唯「何杯飲んでも無料なんです☆」

ベジータ「無料だとぉぉぉ!?」

唯「はい♪」

ベジータ「まるで…オレンジジュースのバーゲンセールだな…」

梓「何ですかその例え」ガビーン


律「はい!次は澪の番ね!!」ぐいっ

澪「い、嫌だよ~ムギの後なんて絶対嫌だよ~!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ…」

律「そんなこと言っていつも歌うんだけどね!」


~言葉はさんかく 心はしかく~

律「(クラスできた時もそれだったような…)」

澪「~♪」ドキドキ

唯「わあぁ♪」パチパチ

紬「うまいですね☆」


律「さて…残るは…」くるっ

梓&ベジータ「ん?」ズズ…


ベジータ「…おい!」ヒソッ

梓「はい?」ズズ…

ベジータ「俺は苦手なんだ…」ボソッ

梓「?何がですか?」

ベジータ「歌うのがだ!」ヒソッ

梓「じゃあ歌わなきゃいいじゃないですか」ジュジュ~

ベジータ「また馬鹿にされるだろう!!///」

梓「…!」ズ…ジュジュ…

ベジータ「くそったれ…何故こうなった…!」ガタガタ

梓「すみませんオレンジジュース一つ」プルル…

ベジータ「ちっ…無視しやがって…!」

梓「別に無理しなくていいですよ」ヒョイッ

ベジータ「…」ギリ


梓「じゃあ私入れますね♪」ポチッ

律「お―梓いくか―!」ピーピー


~Revolution~

澪「ビートルズか…」

梓「You say want a revolution~♪」

律「ビートルズなのに…」ゴクリ

唯「か、可愛い」ポッ


ベジータ「(無理をしなくていいだと…?)」

ベジータ「ふざけやがって!サイヤ人は戦闘種族だ!!舐めるなよー!」ゴゴゴ…


澪「!!」ブフッ

律「げっ!」

唯「わ…」

紬「あら」


みんなが見たもの…それは イスの上に乗ってタンバリンを叩いているベジータであった

ベジータ「(うん!たん!うん!たん!)」シャンッシャンッ♪

梓「~♪(やっぱり来ましたか…足手まといにならないで下さいね)」チラッ

ベジータ「…♪(貴様がな…!)」ウンタン♪


ベジータ「(これからが本当の地獄だ…)」シャンッシャンッ♪


梓「But when you talk about destruction~♪♪」

ベジータ「(俺は…超ベジータだ!!)」シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ♪♪♪

澪「凄い…」

唯「悔しいけど…」

律「息ぴったりだ…」

紬「このツーショットもなかなか…」ハウン…

ジャ~ン♪♪

律「凄いな2人とも!」

ベジータ「はぁはぁ…」

梓「いや~…そうですか?」照


そして…結局彼らは三時間も歌い続けた!(ベジータはタンバリンのみ)



6