―――数日後


ヤムチャ「…じゃ、お願いします…」ペコリ

さわこ「…わかりました。考えてはおきますね…」

さわこ「(はぁ…困ったわねぇ)」

ベジータ「…おい」

さわこ「……」カリカリ

ベジータ「…おい!聞こえないのか!」

さわこ「…」カリカリリ

ベジータ「…っ!…聞こえてるだろう貴様!」

さわこ「…」カリカリ

ベジータ「…」プルプル

ベジータ「さわこ…先生…//」

さわこ「はいはーい♪ベジータ君どうしたの?」

ベジータ「(くそったれ…)」

ベジータ「書類だ…」サッ

さわこ「あら、ありがとうね」

ベジータ「ふん…」くるっ 

さわこ「ああー待ってベジータ君!」

ベジータ「何だ?」

さわこ「副顧問はどう?うまくやってる?」ニコッ

ベジータ「ちっ…ふざけやがって…貴様が来ないせいで俺様はズタボロだ…」

さわこ「楽しんでるみたいね♪良かった良かった」

さわこ「じゃ、今日も放課後よろしくね!」パシッ


ベジータ「…気分が滅入るぜ」

さわこ「(やっぱりヤムチャ君には申し訳ないけど…副顧問の話は無しってことで)」

ベジータ「(下品な女だ…あんなデカい声で…)」スタスタ

ヤムチャ「(ちくしょう…さわこ先生め…何で俺を認めてくれないんだ!!)」ムカムカ


ドンッ

ヤムチャ「いって…」

ベジータ「ちっ。気をつけろ」

ヤムチャ「!!(こいつは…!)」


ヤムチャ「君が…ベジータかい?」

ベジータ「」ピク

ベジータ「人の名を…随分気安く呼んでくれるじゃあないか…」スッ

ヤムチャ「まぁ待てベジータ君!実は…いい話がある…」

ベジータ「…何だ」

ヤムチャ「君は半強制的に軽音楽部の副顧問にさせられたんだろ?なら、俺の受けもってるバレーボール部と交代しないか?」

ベジータ「…交代?」

ヤムチャ「そうだよ交代だよ!君はやりたかった運動部が出来る!嫌な軽音楽部も止められる!一石二鳥だろ!?」

ベジータ「…そしたら貴様が…軽音楽部の副顧問になるのか?」

ヤムチャ「そうだよ!ちゃんとさわこ先生にも話をするからさ!」

ベジータ「……」

ヤムチャ「な?いいだろ?」

ヤムチャ「何迷ってるんだ!?いい話持ってきたのに…だいたい」


ベジータ「黙れ」

ヤムチャ「へ?」


ベジータ「男のくせにガタガタぬかしやがって!!もう二度と喋れないようにしてやるぞ!!」カッ

ヤムチャ「ひっ」ビク

ヤムチャ「…あ、ああ…嫌だったか。ごめんな、ベジータ君…はは…」

ベジータ「…とっとと消えるんだな」

ヤムチャ「(ちくしょう、いつになったら澪ちゃんと話せる日がくるんだよ…!!)」

生徒「見て!ヤムチャ先生とハゲータが話してる!」ヒソヒソ

生徒B「本当だ!でもえらい違いね!ヤムチャ先生はあんなにかっこいいのに、ハゲータって…」ヒソヒソ

ベジータ「ふん…くそったれ…」




―――放課後

ヤムチャ「…というわけなんだよ~」

律「あはは…そうなんだ…(どうでもいいけど何でここにいるんだよ)」

唯「(お菓子食べられないよ~)」

澪「……」

ヤムチャ「でね、その後なんていったと思う?」

紬「せ、先生!」

ヤムチャ「…ん?なんだいムギちゃん」

紬「あ…あの…練習…」

澪「(よく言った!ムギ!)」

ヤムチャ「練習~?いつもやってないから別にいいじゃん!それよりお喋りしようよ!」

律「…あはは」

澪「…(はぁ)」ガックシ


唯「あれ…?でもヤムチャ先生…なんでいつも練習してないこと知ってるの?」

ヤムチャ「え?」

律&澪「あ」


紬「……」

ヤムチャ「…い、いや~ちょっとさわこ先生から話聞いて…ね」ドキドキ

律「…そうなんだ~(絶対見てるよコイツ)」


ヤムチャ「まぁいいや。それでね…」

ベジータ「」ガチャ

律「ベジータ!!(遅い!)」バッ

唯「ベジータ様!?」くるっ

ヤムチャ「!!!」

ベジータ「ヤムチャ…貴様ぁ……」ゴゴゴ…

ヤムチャ「ひっ」ビク

ヤムチャ「ま、また今度ね!」ダッ

ベジータ「……っ」




――そして夕方

律「いや~今日は参った参った。ベジータが来なかったらどうしてたものか…」トボトボ

唯「やっぱりベジータ様は最高だよ!」フンッ

梓「(あんだけ言ったのに…)」

紬「そういえば澪ちゃんはどこですか?」キョロキョロ

律「あ、確かにいないな」 

唯「なんか先帰っててだって。澪ちゃんのクラスの出し物がどうとか…」

律「あ~学園祭かぁ…忘れてた…」

紬「楽しみですね。今年のライブ♪」

律「だな」



ヤムチャ「(そうだ…最初からこうすればよかったんだよ)」ハァハァ

ヤムチャ「(紳士的な振る舞いじゃないけどね)」

澪「あの…ここまでくれば大丈夫ですから…」テクテク

ヤムチャ「いや~ダメだよ!こんな遅くまで付き合わせてしまったんだからね!なんかあったら困るし!」テクテク

澪「でも……!」

ヤムチャ「あ、嫌なんだ…。俺に送ってもらうのがいやなんだ…」

澪「え?…いや、そういうんじゃなくて…!」

ヤムチャ「じゃ、澪ちゃんの家までついていくよ♪」ニコッ

澪「………」


澪「着きました…。わざわざありがとうございます」ペコリ

ヤムチャ「へ~ここが澪ちゃん家か~!大きい家だね~」ジロジロ

澪「あの…もう」

ヤムチャ「今日は何?電気ついてないけど…何?ご両親はまだいないの?」

澪「あ、はい…仕事で…」 

ヤムチャ「そっか」ニヤリ

澪「…?」



梓「(…やっぱり…おかしいと思った…)」

梓「(澪先輩がヤムチャ先生を好きなわけない…!)」

梓「(これはストーカーだ!!)」ギリギリ…



澪「え?何…言ってるんですか?」

ヤムチャ「だからさ、あの時ベジータ来たから全部話せなかったじゃん?話の続きしようよ、澪ちゃん家で!」


梓「…!」


澪「や…やです」オロオロ

ヤムチャ「……あの話…つまらなかった?」ショボーン

澪「え?…いや…そんな訳じゃ…」

ヤムチャ「じゃあ話しようよ♪ほら早く早く!」ガシッ

澪「ひっ…」


梓「…澪先輩!!」バッ


ガチャンッ

梓「閉まっちゃった…」




梓「どうしようどうしよう…!澪先輩が…」オロオロ

梓「警察に…!」

梓「……ダメだ。大事な時期なのにそんなことは出来ない…」

梓「どうしよう…澪先輩が…」シクシク

梓「………」グスッ

梓「……ベジータ…」

梓「いつもならこの時間……まだ学校に…いる!」


梓は走った!邪知暴虐なヤムチャの手から澪を守るために!



4