ハマーからのつづき




ベジータ「べ、ベジータ様と呼べ!」ドキドキ

ざわざわ…

生徒1「…何アレ…」

生徒2「私より小さくない?」

生徒3「チビ?」

生徒4「Mハゲだし…」

生徒5「Mハゲチビータ?」 

「Mチビータ!」「むしろハゲータ!」「チビハゲータ!」ざわざわ…

ベジータ「く…くそったれえぇぇ!!」バンッ




憂「そう!…でね、いきなり机叩いて壊したんだよ?」

唯「ふぅ~ん…ベジータ先生かぁ…(外人かな?)」

憂「梓ちゃんなんか口開けたまま止まっちゃって…」クスクス

唯「そっかぁ(あずにゃん…可愛い)」

憂「そういえばもう少しで学園祭だね!」

唯「うん!ギー太も凄い喜んでるよ☆」ニコッ

憂「そ、そうなんだ…(彼氏とかかな?)」ションボリ




―――職員室

ベジータ「なんだとっ…この俺が軽音部の副顧問に…?」

さわこ「先生忙しくて困っちゃうの」

ベジータ「ふ…ふざけやがって!俺は王子だぞ!!あんなふざけた部活…!」ガタッ

さわこ「まぁまぁ。実習生の間、経験出来ることはした方がいいじゃない」

ベジータ「…こ、断る(俺は楽器が出来ない!)」ボソッ

さわこ「……」


ヤムチャ「さわこ先生~」 

さわこ「は~い。今行きま~す」

さわこ「じゃ軽音部は上の階の準備室にあるからよろしくね!」ビシッ

ベジータ「なっ…!お、おい!まちやがれ!!」




律「そっか~もうそんな季節か~!」

梓「去年も実習生っていたんですか?」

律「そりゃ…もう。澪は大活躍だったもんな~?」ニヤニヤ

澪「や…やめろ馬鹿!!」カアァ

梓「…?」

紬「去年はおかしい人が来ましたね」ニコッ

律「そうそう!フナムシみたいなやつで…」

梓「フナムシって…」


ベジータ「邪魔するぞ!」ガラッ

みんな「…」

唯「(ドッキュ~ン!)」

梓「…」

ベジータ「……」

ベジータ「(きっ…気まずいだと!?)」


律「…えっと…」

ベジータ「なんだ!」

律「誰?」

ベジータ「…おれはベジータだ!山中先生から頼まれたんだ!!ベジータ様と呼べ!」

律「…へ?」


澪「律!不審者かもよ!先生に早く言いにいこうよ!」ヒソヒソ

ベジータ「!!」

ベジータ「ふざけるな!!俺は不審者なんかじゃない!!」ギロッ

澪「ご、ごめんなさい!」ビクビク

ベジータ「…く…くそったれ…」

唯「(ベジータ様…)」ドキドキ

梓「律先輩!この人がそうです…」

律「え?そうですって…何が?」

梓「…実習生の方です」

律「なにぃ!?」ガビーン


紬「(今年も楽しくなりそね♪)」ニコッ




ベジータ「俺は貴様らの顧問に頼まれてきたんだ!」

澪「ひっ」ビクッ

唯「ベジータ様…素敵」ウットリ

律「あ~なんか状況読み込めてきた。どうせ去年みたいに監督を実習生に任せたんだろ?」

紬「なるほど。有り得ますね」

梓「(ウチの顧問って一体…)」ガーン

唯「じゃあベジータ様が軽音部の副顧問なんですね!」

律&梓「(べ…ベジータ様!?)」

ベジータ「ふんっ」照

律「(なんか去年のフナムシといい、ウチの学校は何なんだ?)」




――次の日あたり

梓「こんにちは~」ガラッ 

キャイキャイ 

梓「…?」

紬「ベジータ先生は英語担当なんですね」

唯「すごぉーい!さすがベジータ様だよ!」キラキラ

ベジータ「ふん!」

律「びっくりするくらい意外だ…」

ベジータ「なんだとっ…!」くるっ

唯「あははは」

梓「(唯先輩…私が来たのに抱きついたりしてこない…)」

梓「…」

キャイキャイワイワイ

梓「あ…あの!!」ガタ

みんな「!」くるっ

梓「あの…もう学園祭まで近いですし、練習した方がいいと思います!」

律「…え…ああ」

梓「そうですよね澪先輩!」

澪「え?…まぁ梓の言うとおりだな。練習しようよ」

律「…はぁーい」

唯「(ベジータ様にいいところ見せるチャンス!!)」

紬「先生見ていて下さいね♪」ニコッ

ベジータ「…まぁいいだろう(何を見ればいいんだ…クソッ)」ソワソワ


紬「…ここはこんな感じかしら?…」 

ベジータ「…」

澪「律!走り過ぎだぞ!…」

律「この曲はこれくらいが丁度いいんだって!」 

ベジータ「…」

梓「何でそこがそうなるんですか!?」ウガー

唯「ひいぃ!(何故かいつもより怖いよぉ)」

ベジータ「……」


ベジータ「(や…やることがないだとォ!!?)」



律「そうだ!ならベジータに聞こうぜ!」

澪「え?あ…うん。わかった」

ベジータ「(なっ!俺に聞くな!)」ドキドキ

律「ベジータ!これってさ…」

ベジータ「き、貴様らの好きなようにやれ!」ドーン

澪「…」

律「…いやそうじゃなくてさ…これ…」

ベジータ「俺に聞くなぁ!」

律「……。ははーん…さてはベジータ…音楽に疎いんだな?」

ベジータ「…ち、違う!断じて!!」

律「…ほほう。じゃこれは何?」サッ

ベジータ「く……」

律「正解はドラムステッキでした☆」ニコッ

ベジータ「そうだ!ドラムステッキだ!知ってたんだぞ俺は…!」

律「あ、間違えた!ステッキじゃなくてスティックだった!」

ベジータ「…ふ、ふざけやがって!インチキだぞ!!」ポッ//

梓「(英語の先生じゃないの…?)」


律「やっぱなんも出来ないんだ~?」ニヤニヤ

ベジータ「か、貸せ!」バッ

律「お」

ベジータ「貴様らよく見とけ!!」

ベジータ「俺は…!俺は超ベジータだ!」

律「お~い、無理すんなよ~」

唯「(ベジータ様頑張って…)」グッ

澪「……」

ベジータ「1、2、3、4…!」カッカッカッカッ


バキッ

ベジータ「あ…」

律「え?」

紬「最初のリズム取りで…」

澪「壊した!?」


唯「(凄いよ…凄いよベジータ様!)」ハァハァ

梓「……(唯先輩の馬鹿…)」

律「あぁ~~私のスティックが!」

ベジータ「……」

律「ベジータ!」キッ 

ベジータ「…ち…違う……それは…最初から…」タジッ


律「…」

澪「…律…」

ベジータ「く…くそったれえぇぇぇ!!」パリーン

5人「!!!!!!」

澪「4階の窓から飛び降りた!」


律「おいおい嘘だろ!?」バッ

紬「いや…みんな!あれを見て!!」

唯「飛んでる…(素敵すぎるよぉぉ)」キラキラ


ベジータは恥ずかしさやら何やらで耐えきれなくなり 窓ガラスを割って何処かへ飛んでいった……夕日に輝くベジータに明日はあるのか!!



2