――その日の夜

澪「(…清彦さんにメールしようかな…)」

澪「(でも…)」

澪「(あの女の人が言うように迷惑かもしれない…)」ズキン

澪「………ハァ」



ズン…バン!ズンズンバン!

澪「な…何の音?」

ズン…バン!YO!ズンズンバン!ヘイ!

澪「こんな深夜に…!非常識すぎる…!」ガラッ


澪「…あっ!」


澪は目を疑った。二階の窓から見た音の正体がアレだったからである…



 な ん か の さ な ぎ と か じゃ な ぁ ~ い ! ? 


ハマー「こないだ最悪だったよー♪ 焼鳥屋で雑炊頼んだらレバーばっかり入ってんだよ♪ 俺レバー嫌いなんだYO~♪」


(それなんかのさなぎだったんじゃない?)


澪「なっ…何でフナムシが…」


ふるえるハート!燃えつきるほどヒート!刻む血液のビード!ハマーの歌声は悲しみに染まった澪の心を溶かしていった! 


ハマー「青春ていつだったのか全然わからないぜ♪」

わからない

わからないのさ~


ハマー「はち巻き先生ぇ~!!」




澪「…!」ドキドキ

ハマー「…」ハァハァ

ハマー「澪ちゃん…!」ハァハァ

澪「え!?(話しかけてきたー!)」

ハマー「みんな…まってるYO」グッ

澪「…!!」

ハマー「…」ハァハァ




警官「あ!いたぞ!変質者だ!」ダッ

警官2「発砲許可お願いします!!」バッ

ハマー「ひ…ひいぃ…!に、逃げYO!」ダッ

警官「待て~!」




澪「……」

澪「フナムシのくせに…」ボソッ





そして次の日

唯「くるかなぁ…」

律「一応朝練するってメールしたけどなぁ…」

紬「……」

唯「澪ちゃんはくるよ!絶対!」

律「そ、そうだな!」


カラカラ…

三人「!!」


澪「…あ…あの」モジモジ

律「…澪…」

澪「迷惑かけて、本当にごめん!」バッ

三人「!」


唯「…澪ちゃん!学園祭頑張ろうね!」

律「理由(ワケ)は聞かないぜ!親友!」

紬「練習しましょ♪それしかないわ」

澪「み…みんな…」パアァ 

律「よぉーしやるか!」


三人「おー!」


その日の練習は、4人が揃って以来 一番充実した練習だったという…




―――そして次の日くらい

律「じゃ、これ体育館に運んで」

ハマー「え!これも!?」ゼーハー

律「運べないの?ハマー先生ともあろう男が…。もしかしてひ弱なんですか?」

ハマー「ああ~…ん?いや、勿論それは運べるYO?拙者こう見えても力あるし…。でもこの仕事を一般人の感覚でやらせると、って場合だYO。自分は勿論運べるんだけど、他の人がそれを運ぶとなるとそれは…」

律「わかった。じゃ運んどいて」

ハマー「……う、うん」




―――そして本番

わあぁぁぁあああっ


澪「だ…だめだっ…!!」ガクガクブルブル

唯「澪ちゃんっ!!」

澪「!」

唯「私、澪ちゃんが頑張って練習してたの知ってるから!」

唯「絶対大丈夫だよ!がんばろう!」

澪「…唯」

澪「」コクリ

紬「」コクリ

律「」コクリ


ハマー「(メイド服…ハァハァ……)」ブヒブヒ


律「1・2・3・4!!」カッカッ




――そして学園祭の後


澪「フナムシ先生は見てないですよね!?」


ハマー「はは…大丈夫見てないYO(パンツ…澪ちゃんのパンツ…)」ドキドキ


律「でもフナムシその後さわちゃんが撮ってたビデオ何回も視てたぞ。ハァハァ言いながら」

紬「まぁ」

澪「~~」かあぁ

澪「くたばれ変態!」バキッ

ハマー「おんぎゃあぁぁ!!」ゾクゾク

律「本当に…最初から最後まで屑だな…」


澪「でも…あれは…少し助かりました…」

ハマー「…え?」ぽっ

澪「……まぁ少しですけど」ボソッ

唯「あれってなぁに?澪ちゃんっ」ヒョコッ

澪「な!何でもない!なんでも…!」//

ハマー「(も…もしかして澪ちゃん…拙者のこと…)」

ハマー「(いや…絶対そうだYO!!顔赤くなってるし…さっき殴ったのも拙者のことを異性として見てるから…!)」ドキドキ 

ハマー「(よし!!)」バッ



ハマー「澪殿っ!」

全員「!」

ハマー「拙者とけっ…いや!お付き合いして下さい!!お願いします!!」ババッ

澪「…」

唯「わぉ」

律「え」

紬「まぁ」ポッ

澪「……」

ハマー「…(か…考えてる…のか?)」

澪「イヤだよキモイ!お前洗ってないイヌの匂いがすんだよ!」

ハマー「!」ズギュ~ン


律「(辛辣だー!)」ガビーン



澪「調子に乗らないで下さい…全く」ぷいっ

唯「澪ちゃーん!待って~」タッタッ

律&紬「…」

律「ま…なんていうか…次があるぞブタムシ!!」

紬「帰りましょうか」

律「だな」


スタスタスタ…

律「(でもフナムシが来てから澪の恥ずかしがり屋が薄れてきたな…)」

律「面白い三週間だったな!」

紬「…!」

紬「えぇ…本当に」クス



~終わり




―そして

澪「ハァ…疲れた…」てくてく


『言葉は♪三角で~♪心は四角だな♪』ジャラーン♪ 

澪「え?」

ピヨ「まあるい涙をそっと♪拭いてくれ」

澪の家の前に、ピヨがアコギを抱えて歌っていたのだ。澪は忘れられた思い出がこみ上げてきた(何週間もないが)


澪「…き…清彦さん…」ドキドキ

ピヨ「やぁ」

澪「…どうしてここに…」 

ピヨ「今日学園祭だったんだね」

澪「あ…」

ピヨ「ごめん行けなくて」 

澪「すみません私が言ってなかったから!」バッ

ピヨ「いや…謝るのはこっちだよ」

澪「!!」

ピヨ「ジャガーさんから聞いたんだ。本当に誤解させて悪かった…」

ピヨ「あれは笛をやっている音大の友達なんだ」


澪「嘘…」

ピヨ「それで澪ちゃんを傷つけたなら、本当に済まないと思う!」

ピヨ「この通り!」ガバッ 

澪「ちょ…土下座なんて…止めて下さい」オロオロ


ピヨ「僕は…澪ちゃんのことが好きだ!だから…」

澪「…!!」かあぁ///


ピヨ「…」

澪「…私も…その曲好きなですよね」ポロリ

ピヨ「…?」

澪「もう一度歌ってくれませんか?私の部屋で」ドキドキ

ピヨ「!!!」


エンダー♪


澪「一応ベースで練習しました☆」ブイッ

ピヨ「お!じゃあ合わせてみよっか」

澪「はい!」ニコ




ハマー「本当になんなのピヨちゃん…調子こいてるYOね絶対あれ…」フシュゥ…

ハマー「あーもうダメだ。友達として分からせてやらないと…」

ビューティ田村「次はあの女ね…やっぱりピヨ彦くんに群がるハエは潰しとくべきだったわ…」フシュゥ


ハマー&田村「ん?」