―――そして

ピヨ「(約束の時間まであと十分…)」ドクンドクン 

ピヨ「(ど…どうしようもうすぐだ…来てくれるかな澪ちゃん あっ 待てよこういう場合、男が先に来てると女の子的には気になるかもしれない…)」

ピヨ「(どっかに隠れてて澪ちゃんが来たら一分後くらいにちょうど着いたフリして出て行くのが…)」キョロキョロ

澪「清彦さん!」

ピヨ「!」くるっ

澪「こ…こんばんは早いですね。 もしかしてけっこう待ちました?」ドキドキ

ピヨ「……(ま…まぶしい)」

澪「あの…清彦さん?清彦さん!?」オドオド


…そして一分後

澪「だ…大丈夫ですか清彦さん?」

ピヨ「う…うん。ゴメンねもう全然大丈夫!」

澪「ホントですか?よかった~ビックリしました!」

ピヨ「うん!もうすっかり大丈夫だから!さ!行こう行こう」




――武道館みたいなトコ


澪「わぁ…凄いです!凄い広い!」

ピヨ「えーと…僕達は…Eの11と12か…」キョロキョロ

ピヨ「あ!あったあったここだよ」

澪「~(うぅ…幸せだよ―…)」

ピヨ「そういえばずっと前にさ、プレミアライブの抽選会があって…」ドキドキ

澪「くす。それ本当ですか?」ドキドキ

ピヨ「信じてないのか~?(僕にはサヤカちゃんがいるのに…)」アハハ

ピヨ「(本当の恋人みたいだ…)」


ハマー「……」



『言葉は~三角で♪心は~四角だな♪まあるい涙をそっと拭いてくれ♪』 ジャーンジャラン


ピヨ「……(凄いよずるりさん…)」

澪「……(心は四角…)」


ハマー「…」スッ


観客1「?なんか変な臭いしない?」

観客2「確かに…何だろ…」

ハマー「(最悪のライブにしてあげますYO皆さん!!)」ブヒヒ


ピヨ「うわっ!なんだコレ!」

澪「…ヒッ」ぞわぞわ


なんと!ピヨ彦の席の下にあったのは…フナムシでなくカメムシであった!それを置いたのがフナムシであり、臭いのがフナムシでもある!(※カメムシも臭いです)


澪「きゃあああぁ」バッ

ピヨ「澪ちゃん!大丈夫だから!落ち着いて!」  

ザワザワ…

警備員「何している!!」 

ザワザワ…




―――――――――――人気の少ないところにて 

澪「しっく…しっく…」


ピヨ「なんだか微妙なライブになっちゃったね…大丈夫?(何なんだよホントにもぅ…)」ハァ…

澪「!び、微妙なんかじゃないです!虫にはびっくりしましたけど…その…本当に楽しかったし…えーと……」

ピヨ「(澪ちゃん…)」

ピヨ「…今日は本当にありがとう」ニコ

澪「!!」ドキ

ピヨ「またさ…機会があったら違うライブにでも」

澪「…私…」ドキドキ



ハマー「」


ハマー「(ああヤダヤダ気持ち悪い!デートだからって浮かれてうつつを抜かしちゃって…)」

ハマー「(まさに腑抜け!男として最低レベルの有様だYO!)」プルプル

ハマー「(まだ痛みが足りないようだねピヨちゃん…)」



澪「…わ、私…」ドキドキ 

ピヨ「」ごくり

澪「………」カァー//

ピヨ「……」ドキドキ

澪「(言葉が出ない…)」しくしく

澪「(まあるい涙をそっと拭いて欲しいな…)」



変装ハマー「うわああぁ!!」ダダッ

ピヨ&澪「!!」

変装ハマーはなんと!二人に水風船を投げたのである!

変装ハマー「ごめんでやんすYO 手元が狂ったでやんすYO」

ピヨ&澪「…」びしょびしょ

変装ハマー「許してでやんす―――!」ピュ~


ピヨ「な……」

澪「…こんな…」

ピヨ「ひどい…」

二人は何もわからないままびしょびしょになってしまった。 その頃ハマーはハァハァ言っていた


澪「くくく…」

ピヨ「!」

澪「なんか可笑しいですね」

ピヨ「え?」

澪「二人揃ってびしょびしょって…」

ピヨ「あはは…確かに。端から見たら変態カップルだね!」

澪「…え?」ドキ

ピヨ「あ!いや…ゴメン口が滑った!!そうじゃなくて…」 あわあわ

澪「くす…分かってますよ清彦さん」ニコ

ピヨ「…!」



そしてピヨ彦達は新しい服を買いに行った

ピヨ「えぇ!?その二枚しかないんですか!?」

店員「申し訳ございません。たった今品切れになっちゃったんですよ」

店員「ついさっき これをそれ以外全部欲しいというお客様がいらっしゃいまして…」

ピヨ「ぜ…全部!?そんなバカな…」

ピヨ「(困ったなぁ…女の子にこんなの着せられないし…だからといって上半身びしょびしょのまま家に帰るのは酷だし…)」



ハマー「(恥ずかしがり屋の澪ちゃんがそれを着ないのは計算済みYO! だからあえて残したんだけどね!)」ニヤニヤ

ハマー「(フフ…拙者こういう事には金を惜しまないタイプでござるからな…その辺のストーカーとは一味違うでござるYO!)」

ハマー「(ほんっと恋ってやつぁ 金がかかるぜ…!  …澪ちゃんに当たっちゃったけど結果オーライだなうん☆)」



ピヨ「ハァ…」ガビーン

澪「清彦さん…」

ピヨ「ん?」

澪「もしそれを買ったら…清彦さんは着ますか?」

ピヨ「ぼ…僕は大丈夫だけど、澪ちゃんは…」

澪「私…清彦さんが着るなら私も着ます」ドキドキ


ピヨ&ハマー「…え?」


ピヨ「ちょっと待って!『メス豚』って書かれてるTシャツだよ!?」

澪「でも…このままじゃ何ですし…」チラッ

ピヨ「澪ちゃん…」


ピヨ「結局…買っちゃったね」

澪「着てしまいましたね」ドキドキ

ピヨ「なんか…ペアルックみたい」

澪「! …こんな変な服のペアルックって…」くす

ピヨ「ぷっ」

ピヨ&澪「あはははは…!」 


ハマー「(なにぃいーーーー!?)」ガビーン


ピヨ「何なんだろうねホントこの状況!」

澪「ありえないですよね―あははは!」


ハマー「な…なに楽しそうにしてんだどちくしょう!!」ガサッ




――次の日くらい

澪「~♪」

律「(澪の機嫌に磨きがかかってる…!?)」ガビーン 

紬「澪ちゃん♪」

澪「おー。どうしたのムギ」

紬「日曜日はお疲れ様でした♪」

澪「本当に疲れた…」ハァ 

澪「(ってあれ?バレてる?)」ガビーン

紬「(うふふ♪)」

澪「ま…まさかムギ…」ドキドキ

紬「本人どうしがいいならいいんじゃないでしょうかっ」グッ

澪「(きゃあああ見られてたああああぁ!!)」ガガーン

律「何やってるんだ…お前たちは…」汗


ハマー「ヘイ!やってるか~い」ガラッ

紬「わざわざ来てくれてありがとう」ニコ

和「これも生徒会の仕事だから…。でも…本当に唯なんかでいいの?」

律「先週から放課後、さわこ先生の家で特訓してるからな!」

紬「多分、間に合うんじゃないかと…」

ハマー「……オホン」

ハマー「(メガネっ子…)」ハァハァ

ハマー「せっ、拙者も特訓してるYO!一応というか何かあった時、困るのは…」


ガラッ

さわこ「みんな!待たせたわね!!」

全員「!!」

さわこ「さぁ唯ちゃんっ!!」

唯「」コクッ

ギャイィンッ♪

澪「おおーーーっ!!ギター上達してる!!」

唯「ギミを見でるどいづもハートDOKIDOKI♪」ボエ~

全員「(えぇーー!?)」ガビーン

唯「声枯れぢゃった☆」

律「ダメじゃん!!」


紬「それじゃボーカルどうするの?」あわあわ

律「う~ん…」

ハマー「(えっ…?)」ドキン


ハマー「ゴホン(ま…待ってたYO!…いや…待ってたというか違うんだYO!これはさわこ先生からのプレゼント…。唯ちゃんより拙者を選んでくれたんだ…)」DOKIDOKI


律「やっぱり歌詞を作った澪が歌うしかないんじゃないか?」

澪「へ?」

ハマー「へ?」

さわこ「そうねぇ…それが一番いいわね」

ハマー「え?」

澪「(恥ずかしいけど…大丈夫。もう逃げてられない)」

澪「わ、わかった…。やってみるよ」カアァ

律「!(なにぃ!?)」

唯「澪ぢゃん頑張っで☆」グッ

紬「早速練習しましょう」ニコ


ハマー「……えっと」

さわこ「浜渡くん…」

ハマー「…え?…あ、はい!何ですか!?」ドキ


さわこ「ドア閉めてきて☆」




7