――その次の日くらい。部室にて


ハマー「君を見てると~いつもハートドキドキ♪YO♪YO♪」


ガチャ 

澪「…何一人で歌ってんですか」

ハマー「え…?(み、みおちゅわわぁあ~~ん!)」 

澪「勝手に…HIPHOP調にしないで下さい」

ハマー「はは…メンゴメンゴ♪ でもなんつーか、君だってやってしまうだろう?」

澪「何をですか?(君って言われた…)」

ハマー「自分のポリシーに変えてしまうことさ」

キりっ

澪「(キモッ)」ぞくぞく


ハマー「仕方ないんだYO…俺は本能に忠実だからさ…」たはっ


ガチャ

律「おーす澪!」

澪「律、遅いぞ」

律「いやぁ~昨日掃除サボったから一人でやらされてさ~」

律「あれっ?唯とムギいないじゃん?」

澪「ムギは委員会。唯は先生の家で特訓だろ?」

律「あぁ~そうだった…。どうする?リズム隊だけってのもなぁ…ムギはまだいないし…」

ハマー「拙者が見てあげるYO!」キリッ

律「えぇーフナムシがー?」

ハマー「いやいやいや…拙者こう見えても昔バンドやってたんだYO?先輩として見てあげるって」

律「澪どうする?」

澪「別に私はいいけど…」


律「じゃあ仕方ない…やるかぁ」

澪「……」スッ

律「いくよー。…1、2、3、4、1」

ハマー「あ、どうせなら澪殿歌ってみてYO!」

律「(こ、こいつ…真性か?)」 

澪「嫌だよ!な、何で私が…!」かぁぁ

澪「ボーカルは唯だって…」

ハマー「いやいやいやいいバンドってツインボーカルが多いんだYO。それに唯殿は性格からして本番に忘れやすいかもしれないし…」

律「確かにフナムシの言うことに一理あるな」

律「澪、歌ってみてよ!」

澪「えぇ…律まで…」

律「一生のお願い!」バッ 

澪「それ小学校の時から何回も聞いてる」

律「そ、そうだっけ~。てへっ」

澪「…(でも、初めての唯ばっかりに迷惑かけてられない!)」

律「じゃあさわちゃんが録音してくれたのかけるね」



――――――――――

澪「ふわふわタイム♪ふわふわタイム♪」

ハマー「(こっちはムラムラタイムだYO!)」ハァハァ

ジャン♪



澪「」かぁぁ

律「…それにしても澪」

澪「な、なに!?」ビクッ 

律「初めてにしては上手すぎないか…?」

澪「え?そ、そうかな?」 

律「家でこっそり練習したとか…?」ニヤ

澪「ち、違う!してないっ!」

律「声が甘くなってるのも…恋しちゃったとか?」

ハマー「(えっ…?)」ドキン

澪「してない!!してないってば!」バタバタ

律「あーわかったわかった。ごめんな澪(この反応はしてるってことだな)」

律「まぁ…その相手は…フナムシだったりぃー!?」ビシッ

ハマー「え!?」トクン


澪「いや、それはない」


律「(ば…バッサリだ―!)」

律「そ、そうだよなぁハハハ…ちょっと冗談がすぎたか…」


紬「こんにちはー」

律「おぅムギ♪ さっ、ムギもきたことだし早速合わせようぜ!」

澪「お。何か今日はやる気あるな」

律「私はいつだってやる気ありマスぅー」

澪「だけどギターがいないぞ」

律「あ」

律「せっかくやる気アリマスなのに…」ガビーン

紬「フナムシ先生に頼んでみてはいかがですか?」

ハマー「えっ…!」

律「なるほど~ムギナイスアイディア♪」


律「というわけで先生お願い!一生のお願い!」

ハマー「いやーでもポリシーが…」

紬「先生私達のバンドとポリシー、どっちが大切なんですか!?」ぐぃ

ハマー「(い…いい匂い…)」くんくんハァハァ

ハマー「…そりゃぁ勿論君たちだYO」

澪「嘘!じゃ弾いてくれるの!?」バッ

ハマー「(…ハッ!しまった…いい匂いにつられて…)」


ハマー「(もう…なんだYOコレ…陰謀だYO…色気で惑わす魔女だYO…)」プルプル

律「よし!じゃあギターあるからはいっ!」

澪「(何であるんだろ)」


ハマー「いや…や、やっぱり止めとくわマジで」


紬「は?」ニコ

ハマー「いや…違くて、自分が入ったら技術的な面でも精神的な面でもバラバラになると思うんだYO CHEMISTRYって大事でしょ? 俺は…」

澪「フナムシ先生本当はギター弾けないんじゃないの?」


律「なるほど」

ハマー「ハイハイハイハイ!??弾けるYO!拙者普通に弾けるYO!?バンドやってるって言ったじゃん…。ホントマジでそういうのさぁ…有り得ないっしょ?これ普通にヤバいYO!結構ヤバいYO!?」ハマーはこんらんしている!

紬「…律さん」

律「あーわかったよ。わかったからもう黙っててフナムシ」

律「じゃ…いくよー。1、2、3、4、1」

ハマー「わかった!仕方ないやるYO!」

律「(……コイツ)」


澪「やってくれるの?」

ハマー「ここまで言われちゃ仕方ないYO」

紬「わあぁ…流石です♪」 

律「ホントにやってくれるのね?(さっきCHEMISTRYがどうとか言ってたクセに…)」

ハマー「うん。だから拙者ボーカルやるYO!」


三人「(ハアアァァァアァア!?)」




キーンコーンカーンコーン

律「うぅ…結局あの生臭い歌声を二時間聴いてしまった…」

澪「頭が痛い…」

紬「唯ちゃんが戻ってくるまで自主練にしましょうか」

律「そうだなー…そうするか」トボトボ


ハマー「(学園祭のステージに立つかもしれないから練習しよーかな…)」




―――その夜。ベットの上にて

澪「この前教えて貰った清彦さんのアドレス…」 

澪「」ピッピッピ

澪「送信っと」

澪「………」パタン

澪「さ、さて…勉強でもするかな」スクッ


澪「」カリカリ

澪「…」チラッ

澪「(変な文章だったかな…)」オドオド

澪「(ダメ!集中だ集中!!)」

澪「」カリカリ

携帯「SOMEBODY TO LOVE~♪」チャラリ~

澪「!!」カパッ


澪「な…何だ律か…」

澪「何何…魚の目が出来た…?」

澪「あ…写メ…」

澪「!! ヒィイイイイ!」ぞくぞく



――――――――

澪「(もう絶対許さないあの馬鹿)」ハーハー


携帯「SOMEBODY TO LOVE~♪」

澪「ま…また律か?」

『こちらこそどうもです。唯ちゃんはどう?ギター頑張っている?』

澪「(き、きたぁ!)」パァ

澪「もうすぐ学園祭で唯はボーカル&ギターをやるため、顧問の先生の家で毎日特訓を受けています('-^*)/…っと」

澪「送信!!」ドキドキ 


―5分後

澪「(か、顔文字嫌だったかな…)」ズ~ン

携帯「SOMEBODY…♪」

澪「!!」

『そうなんだ唯ちゃん凄いね!オリジナル曲作っているんでしょ?もしかして唯ちゃんが作っているとか…』

澪「なんか唯のことばかりだな…」ハァ

澪「いえ、キーボードの友達が曲を作ってます。それで一応歌詞は私が…と」ピコピコ

澪「…」ピッ

澪「ふぅ………」

携帯「SOMEBODY…♪」

澪「は、早い!!」ドキドキ

『そうなんだ凄い!ちょっと澪ちゃんの作った歌詞が見てみたいなぁ…なんて駄目かな?』

澪「(ええぇー!?)」

澪「ど…どうしよう…。あんな恥ずかしい歌詞、送れないよぉ」

澪「どうしよぅ…」


澪「……い、井上陽水のCD…」ガサガサ


そして十五分後

澪「ごめんなさい恥ずかしいです('A`)…っと」ピコピッ

澪「最初からこうすれば良かった…馬鹿だ私」


それから何度かメール続いていたらしい。二人はずるりのライブの話で盛り上がっていた!ピヨ彦はずるりが大好きなのだ(一巻参照)


澪「どうしよう…これ送っちゃおうかな…」

澪「で、でも軽薄な女だって思われたら…」そわそわ

澪「(…えーい、送れ!!)」ポチ



―――――――――
 ガリの穴にて

ピロリロリ~ン♪

ピヨ「!!」

『―……今週の日曜日ですよね?チケットまだあったら一緒に行きませんか?』

ピヨ「(これは…なんか凄いぞ)」ドキドキ

ピヨ「(でも僕にはサヤカちゃんが…)」




ジャガー「……」そわそわ




ピヨ「(これは既成事実だ!)」

ピヨ「(僕なんかと一緒でいいの?…と送信)」ピヨ 

『清彦さんだから誘ったんです…駄目ですか?』 

ピヨ「!!(か…かわいい…)」ドキドキ


こうしてピヨ彦は日曜日にずるりのライブを行くことになった。澪と二人で


 その頃少し上のフナムシは…

ハマー「(澪ちゃん…)」

ハマー「恋は切ないぜ」ボソッ




5