ハマー「気軽にハマちゃんって呼んで下さい☆」 

ざわざわ…

生徒1「…何アレ…」

生徒2「きもーい」

生徒3「フナムシかなんかの仲間じゃない?」

ハマー「(え…?)」

「…フナムシ」「…むしろブタフナムシ」「…ブタムシ」「ブタムシ!」「ブタムシ!」ざわざわ

ハマー「(え!?えええ~!?)」ガビーン



唯「…(か、かわいい)」




―――放課後

律「ごめん澪!呼び出しくらったから先行ってて!」

澪「もぉ…仕方ないなぁ…。学園祭まであと少しなんだから、早く来てね」 

澪「(オリジナル曲を作らないといけないのに…)」スタスタ


ハマー「(クラスでのニックネームが黒ブタムシ……)」トボトボ


澪「ぶつぶつ」スタスタ 


ハマー「!!」ドキーン 

ハマー「(カ…カワユス……ギザカワユスなあ。セゾカワ美シャスなぁ~)」ハァハァ


澪「」スタスタ


ハマー「(く…黒髪が素敵すぎるYO…ハァハァ)」

涎を垂らしながらブヒブヒ言っているハマーは無意識の内に澪をつけていた。




澪「おまたせ~」ガチャ 

紬「あ、澪ちゃん」

唯「澪ちゃんうぃーす」 

澪「むぎ、作曲はどう?順調?」

紬「えぇ、大体は出来たけど…」

澪「じゃあ律が来たら一度聞かせてよ!」

紬「いいんだけど…その前に…」

澪「ん?」

ハマー「(ハァハァ)」

紬「あの方はどなたでしょう?」

澪「え?」

唯「あ」

ハマー「はっ!」

澪「ひぃっ!…きゃああぁあああぁああ」


ハマー「(はっ!あの娘はクラスで3本の指に入るミラクルプリディハニー)」

唯「なんでハマー先生がここにいるのぉ?」


ハマー「…あ、えっと……拙者も音楽やってるんだYO…それでえーと…」

ハマー「……き、君たちみたいなの見てるとなんか昔の自分を思い出してほっとけないタチっていうか…いや本当はこんなこと一切しないっていうか音楽室から聞こえてくる綺麗な音色に導かれたのかな? いい音楽があるとついね…」


唯「へぇーそうなんだ」

紬&澪「……」


唯「でもここ防音だし、かなりボリューム下げてたけどね☆」

ハマー「え!?防音?…も…勿論拙者知ってるYO!?でも何でかなぁ…何か………こ…ころ…そうだYO!!君タチの音楽が心に届いたんだYO!奇跡なんだYO!」


唯「へぇーハマー先生すごいね!」

澪「…で、でも先生は音楽何やってるんですか?」 

ハマー「え?拙者は…HI…(まてYO…HIPHOPってなんかおかしくない? 確かに拙者HIPHOPはプロ並だけど、もっとかっこいいことを…!)」

ハマー「ギ、ギターを少し…ね」

唯「あー私と一緒だー!」

紬「上手いんですか?」 

ハマー「まぁ…よく人には褒められるカナ?」ポッ

唯「先生弾いてみてよー」サッ

ハマー「え!?…いや、拙者は…」

澪「どうしたんですか?」

ハマー「…なんか拙者ポリシーがあってサ、自分のギターは弾かないんだYO。そう…自分を裏切ることになるからね…」

澪「そう…ですか」

ハマー「(…なんか信用されてないYO…こんな事ならピヨちゃんに教えて貰えばよかったYO…。どうする?思いきってあの大ヒット曲歌っちゃおうかな…)」そわそわ

澪「…?」

ハマー「WOW WOW~ WOW WOW WOW WO~~♪ メレンゲってなぁ~に? メレンゲってな…」

律「おーす! 遅くなって悪いわ…」ガラッ

全員「…」


律「へ、変質者ー!!」バキッ

ハマー「きゃぅん!?」


律「みんな早く逃げろー!!せいっ!せいっ!」ビシッビシッ

ハマー「ぶへごべぇー!!」ゾクゾク

唯「り、律ちゃん!目は駄目だよ目は…」

紬「この方は唯ちゃんのクラスの実習生なのですよ」

律「…そうなのか?(このゴキブリみたいのが…?)」

澪「律、とりあえず謝っとけ…」

律「そ、そうだな」


さわ子「みんな~やってる~?」ガラッ

ハマー「うぅ…」

さわ子「あら…浜渡君じゃない…どうしたの?」 

紬「実は…かくかくじかじか」


さわ子「なるほどねぇ。律ちゃんも血の気が多いわね」

律「えへへ…それほどでも…」

澪「そういえばムギ、オリジナル曲は?」

唯「そうだよ!ムギちゃん凄いんだよ~」

さわこ「じゃぁ聞こうかしら」

ハマー「(む…無視…?)」

しかし先生含めた5人の名前が知れて良かったなぁとかブヒブヒ考えてたハマーであった




――――――――――― 

澪「先生!副顧問ってどういうことですか!」

律「そうだぞさわちゃん!意味が分からないぞ!」

ハマー「…」

さわ子「まぁまぁ。私も忙しくてケーキを食べにしかこれないし、誰かに見て貰った方がいいじゃない」

澪「うぅ…(でもこんな人やだよぉ…)」

さわ子「じゃ、私はこれで」しゅたっ

律「あ!…逃げた」

4人「……」


ハマー「(ち…ちくしょ~~なんだよこの空気…最悪だYO! 大体なんかのさなぎが分からないとかとんだゆとりだYO!)」ぶつぶつ

唯「…ハマー先生?」

ハマー「ん?」

唯「短い間だけどよろしくね☆」にこっ


ハマー「え」ズキューン


紬「そうですね。何か至らないところがあれば何でも言って下さい」

ハマー「あ…ああ…そうするYO…(あ…あれえ? えっ…ウソ!?なんだいコレ)」ドキドキ

ハマー「(ち…ちょっとなんだいこのコ…!?まさか拙者のこと…。 ア…アグレッシブすぎるよ唯ちゃん…)」


ハマー「」そわそわ


澪「(えっ何!?なんかソワソワしだしたよぉ何なのこの人ー!?)」

律「…まぁ、じゃあ練習しようぜ!」

ハマー&唯「おぉーーーー!」

唯と紬の一言で元気を取り戻したハマーだったが、一時間後あることに気が付いた。

律「一度合わせてみようぜ!」

紬「いいですねぇ、やりましょうか」

ハマー「(することねぇ…)」

ハマー「(何コレ…。拙者の存在価値って何? 大体澪ちゃんとまだ一回も喋ってないんですけど)」


ジャジャーン♪

律「まぁこんなもんか!」

澪「ふぅ…」

唯「先生どうですかー?」

ハマー「(え…?俺の出番? 唯ちゃんが俺に意見を求めてる?)」ドキッ

ハマー「そ…そうだな…少し…」


さわ子「そうねぇ…いろいろ気になる事はあるけど…まず」 

さわ子「ボーカルはいないの?」


ハマー「!」ガビーン

律「えぇ!?いつからいたのさわちゃん!」

さわ子「さっきからよ」


澪「でも確かにボーカルを考えてなかった…」

さわ子「オリジナルってことは歌詞も作らないといけないんじゃないの?」 

ハマー「り…歌詞なら拙者…!(ここで評価あげるぜ!)」

澪「あ…歌詞なら作ってみました」おず… 

唯「わー見せて見せて!」

わーわー見せてよ~でも…いいから~…

さわ子「どれどれ」ヒョイ

キミを見てると…(ry

律「うおお…体が…かゆっ…!!」

澪「」ガーン

澪「やっぱり駄目かなぁ…」うる…

さわ子「ダメっていうかその…ねぇ?」あせっ

律「ほら唯からも何か言ってよ!」

唯「すごくいい…」

律「(マジでー!?)」

律「え…だってこれだよ?」

唯「うんっ!!あ…」

律「どうした…唯?」

唯「さっきチラっとハマー先生が自分も歌詞作れるって言ってたよ!」

ハマー「!(唯ちゃん…)」ドキッ

さわ子「へぇ~じゃ浜渡君のも聞かせてよ!」

律「そうだな(多少不本意だが仕方ない!ふわふわタイムだけは…)」

紬「わぁ~~」パチパチ


ハマー「じゃ…じゃあお言葉に甘えて…」ごほん 

ハマー「YO!セクCなハニー はにかむぜバニー お父さんダニー お兄さん兄(アニー)……」

ハマー「…とまあこんな感じデス」ふぅっ

全員「……」


ハマー「(な…何何?みんな驚いてるの!?ちょっと本気出したらコレか~参っちゃうよ~)」たはっ☆

律「えっと…じゃ…」

律「澪のでいいか」

ハマー「(えぇえ~!?)」ガビーン

唯「よかったね澪ちゃん」わーい


律「それじゃ澪がボーカルってことで…」

澪「えっ!?わ 私は無理だよっ!」びくっ

わいわいがやがや唯やってみるでも私がやがや……

ハマー「(…まったく女ってやつは何なの?ホント全然わかってない!)」プルプル


ハマー「ちょ!ちょっと!」

全員「?」

ハマー「さっきのは確かにおかしいよね。わかるYO。でも本来の力はこんなんじゃないわけ。わかる?だからさっきは挨拶みたいなもんだから、もう一回やらせてYO。本当のリリック見せてやるYO!」

律「いや、いい」汗

ハマー「いやいやいやいいとかじゃなくて、プロのリリックが聞けるんだよ?いやいや普段だったら絶対ありえないんだYO!?頼まれたってやらないんだから。…第一」

さわ子「うるせぇー!!」

ハマー「ヒッ」びく

さわ子「さっきからグチグチうるせぇんだよこの黒豚野郎ォー!!」バァーン

ハマー「く…黒豚野郎ー!?」ゾワ~ッ

さわ子に罵られてしまったハマー… でも逆にそれはハマーにとって気持ちのいい言葉だった! そして学園祭はどうなるのか!



2