24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) :2011/05/26(木) 14:35:32.09 ID:Zfb4AVTRo


唯「アズえもん。ずっと窓の外みてるけど、一体どうしたの? もう寝ようよ」

梓「……」

唯「アズえもん……?」

梓「……ふ」

唯「?」

梓「月がうたっている……ヤツらとともにやってくる終焉の叙事詩を……」

梓「きこえるだろう唯? 終わりの始まりだ」

唯「今日はそういうキャラなんだねおやすみ」

梓「おやすみなさーい」



第十七話 おわり


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) :2011/05/26(木) 14:42:35.80 ID:Zfb4AVTRo


律「やーい唯! くやしかったらやりかえしてみろ!」

澪「そうだぞー!」

紬「唯ちゃん……」

唯「うぐ……ひどいよりっちゃん。私の漫画かえしてよ」

律「へへーんだ。お前のものは私の物! 私の物は私の物だ!!」

澪「さすが律!」

唯「うえーん」

梓「……」ヌッ

唯「うわっアズえもん!」

梓「その巻まだ途中までしか読んでないから返すです!」

律「なにぃ」

唯「……アズえもん……私のために」

律「こしゃくな!」

梓「早く返……ん? えっ? それ4巻? あ、じゃあいいです」

梓「あとそれ5巻と続けて読んだほうがおもしろいから貸してやるです」

律「ぉ、おう」

唯「……」

梓「おい8巻どこやったんです! おいいいい!!」ガシッ

唯「うぎ……くるし、やめてよぅ。本棚にちゃんとあるって、ちゃんと探しなよー……」

梓「そうですか! こうしちゃいられねぇです!」スタコラ


唯「……」

律「わり……なんか、その……返すわ、漫画」

唯「……うん、いいよ。かしてあげる……」

律「そっか……さんきゅ……」



第十八話 おわり




26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) :2011/05/26(木) 14:46:10.02 ID:Zfb4AVTRo

唯「海いきたい! 海海!」

梓「えっ……くらげが……」

唯「まだ7月だしでないよ!」

梓「えっ……でも、もしかしたら……気の早いくらげが……」

唯「大丈夫だって! ならアズえもんは浜辺で遊んでたらいいじゃん!」

梓「でも、もし波にのってくらげが……」

唯「……」

梓「くらげが……」

唯「……刺されたの?」

梓「はい」

唯「ふーん、ロボでも海いくんだ」

梓「たまに」



第十九話 おわり


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) :2011/05/26(木) 14:55:26.40 ID:Zfb4AVTRo


唯「ということで海にきました!」

紬「わー、とっても小汚い海岸ね!」

澪「おーいビーチバレーしよう!」

律「おーし、唯はそっち一人な!」

唯「え~~~、せめてアズえもんくらい一緒のチームにさせてよー」

律「でもよ……」

梓「……」

唯「なんでもうそっち側にいるの」

梓「長いものには巻かれる性質なんで」

唯「ひどい~~~1対4じゃ勝てっこないよ」

梓「勝ったらそれでいいんですか?」

唯「えっ」

梓「勝ったらそれでいいんですか!! って聞いてるんですよ!!!!」

唯「……あ、あの」

梓「唯先輩!! あなたは物事を結果でしか推し量れないからいつまでたってもグズなんです!!!!!!!」

唯「すいません……」

梓「わかったら全員分焼きそば買ってこいです!!」

唯「はい……」

梓「そのあと千本レシーブ。腐りきった根性たたき直してやるです」

律「お、おい、ちょっとボール割れちゃったから今日はなしってことで……あはは」

澪「ゆ、唯! 私も一緒にいくよ一人じゃ運べないだろ」

唯「ありがと……くすん」



第二十話 おわり

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) :2011/05/26(木) 15:01:38.84 ID:Zfb4AVTRo

唯「海で食べる焼きそばっておいしいね」

梓「ちゅるちゅるちゅる」

唯「おいしい?」

梓「そうですね。原価20円くらいの味がします。ちゅるちゅる」

唯「そっか」

梓「あーあー、早く大雨でも降って帰ることにならないかな」

唯「そんなこと言わないでアズえもん、一緒に泳ごうよ」

梓「……」

唯「ね? クラゲ怖くないよ? 私が追い払ってあげるから」

唯「きっときもちいよ?」

梓「わかりました」

唯「あっ、お口の周りに青のりついてる」ふきふき

梓「んむ」

唯「とれた。さ、早く食べよ。りっちゃんたちもう泳いでるよ」

梓「はいです、ちゅるちゅるちゅるちゅるちゅるちゅる」

唯「アズえもん可愛いっ♪」

梓「ちゅるちゅる!」



第二十一話 おわり