フジテレビ

ヘキサゴン収録現場

紳助「梓ちゃん。今日もいい味出してたで」

梓「ありがとうございます」

紳助「さて。梓ちゃんはこれから2枚目のシングルのレコーディングやな」

梓「はい」

紳助「2枚目も売れるとええね」

梓「はい」

…どうせ自分の利益の事しか考えてないんでしょ

まあ、私をここまで利用してるという事は私が人気者だという証拠…

そろそろキャラを変えてテレビに出たほうがいいかな…。みんなに飽きられてくるころだし…



事務所

律「来週のスケジュールが決まったぞ!」

澪「来週はいくつだ?」

律「ふふ…なんと4つもあるぞ!」

紬「4つも!?」

唯「凄い!」

律「まあ…多分、唯が戻った効果だな」

唯「え?私?」

澪「唯はテレビに沢山出てたからさ…。まだ記憶に残ってる人は沢山いるんだよ」

律「知名度の効果だな」

唯「うーん…。それじゃあ、実力で仕事が増えたことにならないよう…」

律「ポジティブに考えるんだ!仕事が増えたということは色んな人に私達のライブを見てもらうという事だ!」

紬「少しの人にでも放課後ティータイムを知ってもらうって事ね!」

律「ああ!その通りだ!」


ガチャ

律「ん?」

マネージャー「皆さん。これから放課後ティータイムのマネージャーを務めさせてもらう○○です」

澪「わ、私達にマネージャー!?」

唯「あ!この人、私のマネージャーの人だ!」

マネージャー「これからは放課後ティータイム全体のマネージャーをやることになってね。まあ、少しは忙しいだろうから」

紬「ありがとうございます!」

マネージャー「…それで、上の人からの進めなんだが…これに出場してみないか?」

サッ

唯「なんのチラシ~?」

律「…!バンドの大会!?」

マネージャー「君達。人気者になりたいそうだね」

唯「はい!!」

マネージャー「この大会で優勝したら人気者になれるんじゃないか?結構な大手の大会だしな」

律「…!」

澪「そ、そうかもしれませんけど…この大会に出るとしたら練習が必要だし…」

紬「大会の日にちは今から1ヶ月後ね…」

マネージャー「この大会に出るというのなら…スケジュールは私がなんとかしよう!」

律「えっ!?」

マネージャー「君達の練習を優先させると言っているんだ」

澪「ど、どうする…?」

律「出るに決まってるだろ!!」

唯「うん!人気者になれる大チャンスだよ!自分達の実力で!」

澪「…でも、優勝出来なかったら…」

律「人生大きく見ないと人気者になんかなれない!」

唯「うん!思い切らないと!」

紬「…そうね。思い切りましょう!」

澪「…わかったよ。覚悟を決めよう」

マネージャー「じゃあ出るということでいいんだね」

律「はい!!!」

唯「お願いします!」

マネージャー「じゃあ…上の人に伝えておくよ」

ガチャバタン


律「よ、よし!早くも放課後ティータイムで人気になれるチャンスが来た!」

澪「優勝したら…な」

唯「優勝しようよ!私、頑張るから!!」

紬「こうなったからには、本気で練習しましょう!」



社長室

マネージャー「…という訳で、放課後ティータイムは出場するとの事です」

社長「そうか…。…なんとしても優勝してもらわないとな」

マネージャー「はい…」

社長「放課後ティータイムが優勝すれば間違えなく我が事務所の支え役となる!一か八かの賭けだ!」

マネージャー「実力は社長も前々から認めていましたしね」

社長「ああ。だからこそこの賭けに出たのだ…」



梓が乗ってる車

マネージャー「さて。次は日テレに移動だよ」

梓「はい」

マネージャー「梓ちゃん。2枚目のシングルも見頃初登場1位だよ」

梓「そうですか」

マネージャー「あれ?あんまり嬉しく無さそうだね…」

梓「3枚目で1位だったら喜びますよ」

マネージャー「あ、ああ…」

梓「私は常に先の事を考えてますからね」

マネージャー「頭脳派だな…梓ちゃんは…。…そういえば、放課後ティータイムの話は聞いたかい?」

梓「…別に」

マネージャー「大手の大会に参加するみたいなんだ」

梓「…そうですか。別にどうでもいい事ですね」

マネージャー「そ、そう…」

梓「…」

バンドの大会に出場って…

優勝でも狙ってるんですか…あの4人…

梓「…その大会」

マネージャー「ん?」

梓「その大会、いつ頃やるんですか?」

マネージャー「あ…今から1ヶ月後って聞いたよ」

梓「そうですか」

1ヶ月後か…

今頃、必死に練習してるのだろうか…

唯先輩も…



事務所

律「…ふう」

澪「今日の練習はこれくらいにするか?」

紬「そうね。今日は朝から夕方までずっとやってたし」

唯「疲れちゃったよ…」

律「おいおい。唯は一番頑張らないといけないんだぞ~」

唯「わかってるよ~」

澪「唯は頑張ってるだろ。今までよりはずっとな」

紬「唯ちゃんはやる気出してるわよ」

律「まあ…私も見ればわかるよ」

澪「なんだ…わかってるんじゃないか」

唯「みんなありがとう~。…あ!これ、憂からの差し入れだよ」

サッ

律「お!おにぎりか」

唯「憂がみんな頑張ってるからっておにぎり作ってくれたんだ~」

律「ありがたいな!」

澪「いただくか」

紬「いただきます」


モグモグ

紬「うん。美味しい」

律「…憂ちゃんも応援してくれてるんだな」

唯「憂だけじゃないよ!日本中の全員が応援してくれてるよ!」

澪「それはさすがに大げさじゃないか…?」

律「まあ、そう思った方がやる気は出るだろ」

唯「うん!」

澪「大会まで…もうすぐだな」

紬「あと一週間ね」



そして、大会当日

ジャカジャカジャーーーン


司会「以上、放課後ティータイムの皆さんでしたー」

唯「ありがとうございましたー!」

パチパチパチパチ

司会「では、続いてのグループは…」


唯「…私達、うまくできたよね?」

律「ああ!私はもう満足だ!優勝できたらもっと満足だ!」

澪「でもやっぱり優勝は難しいよ…」

紬「私、優勝できなくても悔いはないわ。こんなに頑張ったんだもの」

唯「うん…!そうだね!」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

司会「…えー。優勝者発表です!」

司会「優勝は…放課後ティータイムの皆さんです!」

ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

唯「…え?」

律「んなっ!!?」

紬「う、ウソ…」

澪「ウソじゃない!本当だ!」

唯「ゆ、優勝しちゃった!!」

律「や、やったぞ!まさか、本当に優勝するなんて!」

一同「やったああああああ!」

唯「これで人気者…いや、放課後ティータイムとして芸能界で生きていける!」






10