翌日

事務所の部屋

律「さて。今日は練習だな」

澪「今度のミニライブで何をやるか考えるか」

紬「やっぱり…3人だけだと少しキツいわね…」

澪「まあな…」

律「唯も梓もきっと帰ってくる…。それを信じて私達は待っていようぜ」

澪「ああ…」


ガチャ

唯「み、みんなー…」

律「唯!!」

唯「げ、元気にやってるかな…?」

澪「ああ…私達は元気だぞ」

律「唯…お前最近テレビで全然見なくなったなあ」

澪「おい律!」

唯「うう…」

紬「唯ちゃん…どうしてまたここに?」

律「…」

唯「…放課後ティータイム。3人じゃ厳しいよね…」

紬「まあ…3人だけだと」

律「3人でも別に大丈夫だぞ」

澪「律!」

律「ドラムとキーボードとギターで1人ずついるしな。別に仕事はちゃんと出来てる」

唯「そ、そうなんだ…」

律「で、唯は何しに来たんだ?」

唯「…わ、私。放課後ティータイムに戻ってあげてもいいかなーって…」

律「…」

澪「唯…」

紬「唯ちゃん…」


律「澪、ムギ。練習するぞ」

澪「え!?でも唯が…」

律「うるせえ!ほっとけ!練習だ!」

澪「…ああ」

紬「…わかったわ」

唯「え、え…?」

律「さて、まずは何の曲をやるかだな」

唯「わ、私!戻ってあげてもいいって言ってるんだよ!放課後ティータイムに!」

律「…」

唯「また…りっちゃん達と一緒に活動してもいいって思ってるんだよ!!」

律「さて。澪とムギはどの曲がいいか?」

澪「え?そ、そうだな…」

紬「えーと…」

唯「な、何!りっちゃん達は私がいなくてもいいんだ!」

唯「せっかく戻ってあげるって言ってるのに!」

律「…」

澪「…」

紬「…」

唯「そ、そんなに私に戻って来なくていいって思ってるんなら…」

唯「私一人で…」グスッ


唯「ごめんなさああああああああい!!!」

律「…!!」


唯「私…調子に乗ってて…りっちゃん達を…」ポロポロ

紬「唯ちゃん…」

唯「わ、私!また…放課後ティータイムに戻りたいよぉ!りっちゃん達と一緒にバンドやりたいよぉ!!」ポロポロ

唯「また放課後ティータイムの一員になったら…ダメかなあ…」グスッ

律「ダメなわけあるか…」

唯「…!」

律「さっさと泣き止め!唯!お前は放課後ティータイムの一員だろ!!!」

澪「律…!」

紬「りっちゃん!」

唯「うう…りっちゃあああああああああああん!!!」

ガバッ

律「うう…よく戻って来てくれたな。唯!」

唯「ごめええええん!ごめんなさあああああいい~!!!」

紬「これで、4人になったわね」

澪「ああ…!」



数日後

マネージャー「梓ちゃんお疲れ様!」

梓「ふう。疲れたです」

マネージャー「今日の仕事はこれで終わりだからゆっくり休むといいよ」

梓「明日は番組5本ですよね」

マネージャー「うん」

梓「忙しいねー」

ま、それが私が人気者になったという何よりの証拠だけど

梓「あ。そうだ。事務所に寄ってくれませんか?」

マネージャー「え?何か用事でもあるの?」

梓「ちょっとね…」

マネージャー「まあ、わかった。事務所まで車送って行くよ」

梓「ありがとうございます」

この時間なら多分まだ事務所に唯先輩がいるはず

唯先輩を見下していい気分になってから帰りますか



事務所

梓「…」

唯先輩は…どこにいるかな


唯「~♪」

スタスタ


梓「…!」

いた!唯先輩…こんな状況なのに鼻歌なんか…調子に乗りやがって

梓「唯先輩~!」

唯「…!あ、あずにゃん!」

梓「元気ですか~?」

唯「う、うん…」

梓「ふん。落ちぶれたから絶望してると思いましたよ」

唯「…あ、あずにゃんは元気?」

梓「ええ。元気ですよ。…でも、唯先輩が浮かれてる姿を見るとムカつきますね」

唯「え、ええ…」

梓「私…まだ唯先輩を許してはいませんよ」

唯「あ、あずにゃん…ご、ごめんなさい!」

バシン!

唯「うっ…」

梓「謝って済むと思ってるんですか?」

唯「い、痛いよ…あずにゃん…」グスッ

梓「また泣きますか」

唯「うう…」ポロポロ

梓「そういうのがムカつくんだよ!!!」

ドカッ!

唯「がはっ!!」

梓「蹴り殺してあげましょうか?唯先輩!!!」

バキッ!

唯「や、やめてえええ…あずにゃん…」

梓「黙れです!!!」


「やめろ梓!!!」

梓「…!!?」


梓「え!?…り、律先輩!?」

唯「り、りっちゃん…」

律「…」

紬「梓ちゃん…」

澪「梓…お前…」

梓「澪先輩とムギ先輩も…」

律「…」

スタスタ

ガシッ!

梓「ううっ!り、律先輩!なんで私の胸ぐら掴むんですか…!?」

律「梓…お前…今唯に何をしてた!!?」

梓「…!!」

梓「調子に乗った唯先輩をおしおきしてあげてただけですよ…」

律「何だと!?」

唯「うう…」グスッ

紬「大丈夫?唯ちゃん…」

唯「あ、ありがとう…」

澪「梓。唯をこうやっていじめる事がおしおきなのか?」

梓「…なんですか?律先輩も澪先輩もムギ先輩も唯先輩の味方ですか?」

律「味方とかそういうのじゃないだろうが!!」

梓「…いい加減放してくださいよ!」

バッ!

律「あっ!」

唯「ひっく…」グスッ

紬「大丈夫よ…大丈夫だから唯ちゃん…」

澪「私達がいるからな…」

梓「…なんですか?この状況。まるで私が悪者みたいじゃないですか」

律「その通りだろ」

梓「…律先輩達はもう唯先輩を許したっていうんですか!?」

律「ああ。もう許した」

梓「なっ…!?」


梓「…わかりました!よくわかりました!!」

律「何がだよ」

梓「律先輩達3人も唯先輩と同じって事がですよ!」

澪「どういう意味だ!?」

梓「話しかけるな!…4人とも…4人とも絶対に許しませんから」

紬「え…?」

梓「唯先輩みたいなクズに味方する3人もクズってことですよ!」

律「…てめえ!!」

バッ

梓「ひっ…!」

唯「止めてりっちゃん!!」

ピタ

律「唯…」

唯「暴力は…よくないよ」

律「…そうだな」

梓「ふん。こんな時だけ被害者面ですか。キャラ作っててそんなに楽しいですか?」

唯「うう…」

紬「梓ちゃん!唯ちゃんを責めるのは止めて!」

澪「そうだ!唯はな…私達に謝ったんだぞ」

梓「謝った?謝れば許すんですか?…先輩達、みんな落ちぶれましたね」

律「落ちぶれたのはお前だろ」

梓「くっ!もういいです!放課後ティータイムには二度と戻りません!!!」

スタタタ


澪「梓!」

唯「あずにゃん…」

律「はあ…あいつはほっとこうぜ」

澪「でも…!」

律「今の梓を止めるのは無駄だ」

澪「う…」

紬「…そうね。梓ちゃんは何を言っても無理ね…」

唯「うう…」グスッ

律「泣くなよ唯…」

唯「だって…あずにゃんがあんなになったの…私の責任なんだよ…」グスッ

澪「そんなこと無いさ…!」

唯「あるよ…。私が人気者になった時に調子乗ったから…。私が前にりっちゃんに殴られた時、あずにゃんは怒ってたし…。あの時、私が部屋から出た後にあずにゃんは何か言ってた…?」

律「それは…」

紬「えーと…」

唯「何か…言ってたんだね…」

澪「…梓は唯みたいに人気者になりたいって言ってた」

唯「…」

律「唯の事が悔しかったみたいだったな…」

唯「…やっぱり…私の責任だ~!」グスッ

紬「唯ちゃん落ち着いて!唯ちゃんは何も悪くないわ!」

律「いや…唯にも悪い所はある」

澪「律!」

律「本当の事だろ。梓があんな風になったのは唯にも原因がある!」

唯「うう…」ポロポロ

澪「律!また泣かしてどうするんだよ!」

律「だからな!唯!」

唯「…ん?」ポロポロ

律「…梓に戻って来てほしいか?」

唯「…うん」グスッ

律「だったらまずは私達4人で頑張ろう。放課後ティータイムとしてだ!」

紬「4人で…」

澪「梓はやっぱりほっとくのか…」

律「ああ。梓は芸能界で好きにさせてやる」

澪「まあ、今はその方がいいか…」

律「唯…お前が一番頑張れよ」

唯「え…」


律「いいか!これから私達は放課後ティータイムとして頑張って頑張って自分達の力で人気者になるんだ!」

唯「放課後ティータイムとして…」

律「ああ!それで、梓の奴を見返してやるんだ!」

澪「見返すって…」

律「梓の奴に放課後ティータイムに戻りたいって思わせるんだよ!」

唯「あずにゃんに…」

律「そうだ!…私はまた5人でバンドやりたいからさ…」

紬「それは私もよ!」

澪「私もだ!」

唯「…うん。わかった!あずにゃんを取り戻すために頑張ろう!私が頑張らなきゃ!」

律「そうだ!その意気だ!」

澪「じゃあしばらくは4人での活動だな」

紬「梓ちゃんに戻って来てもらう為にね…!」

唯「よし!放課後ティータイムとして頑張るぞー!」

律「おお!!!」



9